iPad Air 4 購入&使用レビュー!デメリットや感想など

iPhone iPad Review
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadシリーズを購入する場合では、どれにしようかな?といった感じで悩みに悩んでしまう場合も多いのではないでしょうか?その理由としては、どれも魅力的に感じるからです。

それに、自分では欲しいと思っている状態なので、この機種さえ購入できれば何も問題ない!と頭の中がそうなってしまっていると、購入後に検討の甘さが露呈する事が多いです。

この場合では、純粋に自業自得になるため、諦めるしかないのですが、このような結果にならないように、欲しくて欲しくて仕方ない場合でも、一度立ち止まって本当に購入しても良いのかな?をよく考えた方が賢明の選択になります。

果たして、このような事ができるのか?が運命の分かれ道になる可能性があります。

今回の記事は『iPad Air 4 購入&使用レビュー!デメリットや感想など』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air(第4世代)について

ここでは、iPad Air 4 の製品情報についての内容になります。どのような製品なのか?も気になるところです。

iPad Air 4 (Wi-Fiモデル)製品仕様

サイズ : 247.6mm 178.5mm 6.1mm

重量等 : 458g

チップ : A14 Bionicチップ(64ビットアーキテクチャ搭載)

容量等 : 256GB ストレージ

通信等 : Wi-Fi、Bluetooth

装備等 : 12MP広角カメラ、USB Type-C、ステレオスピーカーなど

備考等 : Apple Pencil 2 充電ポート、Touch ID(指紋認証)

 

主な特徴

① ステレオスピーカー
iPad Air 4 を縦向きでは上下、横向きで利用した場合ではスピーカーが左右に配置されるように設計されているため、ステレオスピーカーをどの向きでも利用できます。

 

② USB Type-C
USB Type-C 端子を搭載しているため、パソコンで利用しているドッキングステーションタイプの USB Type-C ハブも iPad Air 4 で活用できるようになります。

 

③ Touch ID付電源ボタン
iPad Air 4 の電源ボタンにはTouch ID(指紋認証)が搭載されています。

 

Apple Pencil 2 との連携

iPad Air 4 には、Apple Pencil 2 のワイヤレス充電ポートが搭載されています。Apple Pencil 2 をマグネット吸着した上で、ワイヤレス充電できるのでケーブルレスで充電できて便利に感じます。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 イマイチやデメリットに感じる部分

ここでは、iPad Air 4 のデメリットに感じる部分やイマイチに感じる部分の紹介になります。

10.9インチサイズ

10.9インチというサイズ感はちょっと微妙に感じます。

というのも、ベゼル幅が太くもなく狭くもないといった感じなので、もうちょっとディスプレイサイズは大きくできたのではないか?と率直に感じます。

素直に11.0インチでも良かったのではないか?と思うのは気のせいでしょうか?なんかちょっとイマイチに感じます。

 

本体重量は意外と重たい

iPad Air 4 の本体重量は、Wi-Fiモデルで458gあります。この重量を軽いと見るのか?重たいと見るのか?は個人差があるため、一概には何とも言えないのが実情になります。

その上で、あえて言わせて頂ければ、正直のところ、普通に重たいと感じます。両手で持つ分にはあまり重たいとは感じませんが、片手で持ってみると、ズッシリ感を感じる事ができます。

とても片手で持ち歩きたくない感じになるのが実情になります。

さらには、Smart Folio や 類似品のカバーケースもドッキングしている場合が多いですから、実際の重量はこれよりも重たくなります。

 

ストレージ容量

iPad Air 4 では2つのモデルがあります。1つはストレージ容量が64GB。もう1つはストレージ容量が256GB。この分け方は良くないと感じます。

その理由としては、明らかに64GBでは少なく感じますし、逆に256GBでは多く感じるからです。

このパターンだと、大は小を兼ねるといった感じで、256GBモデルを選択する流れになってしまうと思います。

これが狙いなんだと思いますけどね・・・

 

iPad Air 4 購入レビューや感想

ここでは、iPad Air 4 の購入レビューや購入後の感想についての紹介になります。

購入目的は仕事に活用する事

iPad Air 4 を購入した目的は、スバリ!仕事に活用するのを目的にしています。でも、実際には仕事には活用していないため、何の目的で購入したのだろうか?といった感じです。

その理由としては、購入前の検討の甘さが全てなのではないかな?というのが率直な感想になります。iPad Air 4 について、もっと深く掘り下げて検討していなかった事が災いしています。

購入する前は欲しくて欲しくて仕方ない!という感じになっているため、自分にとって都合の良い部分しか見えない状態になります。自分にとって不都合に感じている部分にはあまり考えたくない感じなのが実情です。

これだと深く掘り下げて検討はできないですから、購入後にまさか!の展開も訪れます。

 

USB Type-C は便利

iPad Air 4 には、USB-Type-Cが搭載されているのですが、これは素直に便利に使えます。特にパソコンで利用しているドッキングステーションタイプのUSB Type-C ハブも接続して活用できるので便利です。

さらにはAndroidスマートフォンやノートパソコンともUSB Type-C ケーブルで接続できるので相互のデータのやりとりにも便利に使えるのである。

この端子(機能)が搭載されていた方が連携活用も行いやすいので購入して良かったな~と素直に感じます。

 

購入レビューや感想

iPad Air 4 256GB を購入したのですが、実際には256GBも必要なかったな!というのが実際の感想になります。それならば、どうして64GBを購入しなかったのか?というと、流石に64GBでは少ないと感じたからです。

本当ならば、128GBがあれば良かったのですが、このモデルがないので仕方なく、大は小を兼ねると言いますから、256GBモデルを購入したのですが、購入してから1年経過しても64GBも使っていないという事実に気が付きます。

たぶん、筆者の使い方であれば、64GBモデルでも十分だった!と今更になって感じている次第です。というのも、写真や画像などのデータはパソコンで管理しているため、iPadに保存しておく必要がないからです。

 

iPad Air 4 実際の使用レビュー

ここでは、iPad Air 4 は実際にはどのような用途に利用しているのか?の使用レビューについての紹介になります。

デジタルノートで活用

基本的には、デジタルノートの用途で活用しています。というのも、何だかんだ言っても、この用途であれば仕事にもプライベートにも柔軟に利用できるので、活用の幅が広いと感じています。

iPadで利用できるデジタルノートのアプリは色々とありますから、自分にとって最適に感じるアプリを選択する事もできるのである。

その結果、筆者の場合は、Microsoft OneNote for iPad が自分には合っているのではないか?と感じている事もあり、好んで利用しています。

とはいえ、全てにおいて最適という訳でもないため、用途に応じて使い分けるといった活用方法となります。

 

17ライブ視聴の用途

iPad Air 4 は純粋にデジタルノートの用途に特化している訳ではないです。娯楽として、17ライプのアプリをいんすートールして利用しています。

このアプリは基本的にはスマホで利用するアプリなのですが、スマホだと画面サイズが小さいので、ライバーの顔もよく見れないという事も関係して、iPad Air 4 の大画面を活用しています。

横向き表示では、スマホの画面と大して変わらないのですが、縦向き表示で利用すると、10.9インチの大画面で表示されるので便利に感じます。

それに、このアプリは、スマホのバッテリー消費が早いので、iPadで利用した方が良いと感じます。

17ライブ 使い方!無課金で楽しむには毎日ログインしてライブ視聴
皆さん こんにちは! ライブ配信サービスの17ライブをAndroidスマートフォン、iPad、パソコンで利用しています。 この17ライブは基本的にはスマートフォンで利用するようになっているのですが、利用する目的がそもそも...