iPad Air 4 ノートPC活用の使用レビューやデメリット等

iPad use
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air や iPad Pro を購入した場合では、Smart Connectorに対応しているキーボードケースも購入しているのではないでしょうか?

何故か?と言うと、iPadと利用すると便利に使えるのかも知れない!という感じで買ってしまうパターンが多いような気がします。

本来であれば、便利に使えると断言できるから購入なんですけど、そうではなく期待の部分を考慮して購入するパターンになっている感じに見受けられます。

iPadをノートPCのように利用できれば便利に感じますから、これも仕方のない選択なのかも知れません。

今回の記事は『iPad Air 4 ノートPC活用の使用レビューやデメリット等』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadはキーボード等のPC周辺機器を利用できる

ここでは、iPadシリーズではキーボードやマウスといったPC周辺機器も利用できるについての内容になります。

Bluetooth接続に対応している周辺機器

iPadシリーズではBluetooth接続に対応しているPC周辺機器を利用できます。例えば、キーボードやマウス、Bluetoothスピーカーといった周辺機器が該当します。

iPad Air や iPad Pro、iPad mini では、USB Type-C を搭載しているので、USB周辺機器の方が利用しやすいですが、USBポートは1つしか利用できないため、別途USB Type-Cハブが必要になります。

でも、Bluetooth接続であれば、USBポートを使わないで利用できるため、意外と重宝する接続方法だったりします。

 

Smart Connectorに対応しているキーボードケース

iPad Air、iPad Pro には、Smart Connector が搭載されています。このポートが搭載している場合では、Smart Connectorに対応しているキーボードケースを利用できます。

キーボードを利用する場合では、Bluetooth接続やUSB接続も利用できますが、これに加えてSmart Connectorも使えると選択肢の幅が広がるため、拡張性も良くなります。

iPadを色々な用途に活用するのであれば、拡張性も考慮した方が良いため、このポートが有った方が便利かも知れません。

 

USB周辺機器

USB Type-Cを搭載しているiPadでは、ドッキングステーションタイプのUSB Type-Cハブも利用できます。

このUSBハブを利用すると、USBポートを拡張したり、SDカードなどのメディアカードも利用できるようになるため、活用の幅も広がります。

特にUSBメモリを利用しながら、他のUSB機器も使えるといった感じになるため、iPadが便利に使えるようになります。

 

スポンサーリンク

iPadノートPC活用のメリット

ここでは、iPad Air 4 をノートPC活用した場合のメリットについての内容になります。

キーボードケースを利用できる

iPadシリーズで、キーボードケースを利用する場合では、Apple純正品を利用する方法と、市販品を利用する方法があります。

純正品の場合ではSmart Connectorに対応しているキーボードケースが購入できるようになっています。Smart Keyboard や Magic Keyboard が該当します。

これ以外にも、Apple Storeで購入できるロジクールFolio Touch や Combo Touch キーボードケースもSmart Connectorに対応しています。

Smart Connectorに対応していないiPadの場合ではBluetooth接続で利用できる市販のキーボードケースを利用する事になります。

 

ノートPCのように利用できる

iPadにキーボードケースを利用した場合では、どのようなメリットが有るのか?と言えば、ノートパソコンのようにタイピング入力が行えるようになるメリットがあります。

主に文書作成の用途では、特別なアプリは必要としないため、テキストエディタがあれば対応できます。そのため、ノートパソコンよりも気軽に持ち歩けるiPadで、この用途を利用できるのは助かる場合があります。

とはいえ、実際に仕事などの用途で活用するのではあれば、iPadにキーボードケースをドッキングすると重たくなりますから、この部分は考慮した方が良いと思います。

 

iPadノートPC活用のデメリット

ここでは、iPad Air 4 をノートPC活用した場合のデメリットについての内容になります。

キーボードケースをドッキングすると重たい

iPad Air、iPad Pro にSmart Connector対応キーボードケースをドッキング装着した場合では、それなりに重たくなってしまいます。

11インチサイズのノートパソコンと比較した場合では、どっこいどっこいの重量になってしまう場合が多いため、利便性を考慮すると、最適な選択とは言い難いです。

重たいが故にメリットではなく、デメリットになってしまうのではないか?と個人的に考えます。

トラックパッドを搭載していないSmart Keyboardを選択するという方法もありますが、これは現実的にどうなんだろうか?と思います。

その理由としては、トラックパッドが有った方が便利に使えるため、これがないと不便に感じるのではないか?と考えます。

 

ノートPC活用してもPC代用できない

iPadにキーボードケースをドッキング装着した上で、ノートPC活用を行った場合のデメリットは、ズバリ!ノートPC代用として使えない事に尽きます。

これが実現できれば良いのですが、現実はそんなに甘くはなく、ノートPC活用してもiPadに過ぎないという現実が待ち受けています。

せっかく環境を整えても対応するアプリが伴っていないので、うまく活用できない場合が多いです。

それなのにノートPC化を目指す理由としては、たぶん専用キーボードが有るので皆さん期待してしまうんだと思います。

期待で買ってしまうと、活用できないですから、キーボードを活用できるアプリの有無が運命の分かれ道になります。

 

iPadノートPC活用の使用レビュー

ここでは、iPad Air 4 にロジクールFolio Touch トラックパッド付キーボードケースをドッキング装着してノートPC活用した場合の使用レビューについての紹介になります。

iPadノートPC活用は諦めた!

iPad Air 4 にロジクールFolio TouchキーボードケースをドッキングしてノートPC活用した感想としては、この選択は正解ではないと感じた事に尽きます。

というのも、ドッキングすると約1.1Kgの重量になるので普通に重たいです。それでいて、メインで利用している13.3インチWindowsノートパソコンと良い勝負の重量になってしまうのである。

これでは何の為にiPad Air 4 をノートPC化したのか?全くもって意味がない状態になります。出張の持参する用途でこの活用方法を利用しようとしましたが、素直に諦めています。

出張でもWindowsノートパソコンを持参した方が良い!という結論に至っております。

 

iPadノートPC活用では日本語IMEも考慮

キーボード入力する場合では、日本語変換も考慮が必要になります。いつも使っているパソコンではMicrosoftやGoogleの日本語IMEを使っている場合が多いと思います。

でも、iPadの場合ではユーザー辞書を整備していたとしても、同じようには変換されませんから、使い勝手にも影響が出ると思います。

 

使用レビュー

もう既に結論が出てしまっているのですが、iPadノートPC活用するのであれば、重たいという部分は良くないと思います。

どうしても外出先に持参して活用したいのであれば、キーボードケースを利用する選択ではなく、普通に携帯性抜群なキーボードを接続した方が良いです。

Bluetooth接続で利用できる iClever IC-BK08 折りたたみ式タッチパッド付キーボードも有りますから、この選択を検討しても良いのではないか?と個人的に考えます。

Bluetooth 折りたたみタッチパッド付キーボードのレビュー(iClever IC-BK08)
皆さん こんにちは! スマートフォンやタブレット端末で文字入力する場合では、基本的にOS搭載のキーボードで入力となりますが、物理キーボードも利用したい場合があります。 実際に入力する場合では、タイピング入力した方が便利に...