iPad Air 4、折りたたみタッチパッド付キーボードの使用レビュー

iPad use
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを購入した場合では、一緒に利用すると便利に感じるApple純正品のキーボードケースやSmart Folioなどの専用アクセサリーも購入するのではないでしょうか?

キーボードケースを購入した場合では、iPadをノートパソコンのように活用したいと考えると思います。というのも、iPadはPC周辺機器とも連携活用できますから、ノートPC活用も選択肢の1つに入って来るのである。

でも、キーボードケースを利用しなくても、普通に外付で利用できるキーボードを活用しても良いと思います。もし、パソコンで使っているキーボードがあれば試してみるのも1つの方法になります。

というのも、Apple純正品のキーボードケースが欲しくても実際にキーボード利用してどうなのか?確認してから購入しても良いと思います。

今回の記事は『iPad Air 4、折りたたみタッチパッド付キーボードの使用レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadノートPC活用は諦めたが、キーボード利用の機会あり

iPad Air 4 にロジクールFolio TouchをドッキングしてノートPC活用を実際に行った事がありますが、現在では完全にiPadノートPC化は行っていません。

iPad Air 4 ノートPC活用は諦めた

iPad Air 4とロジクールFolio Touch トラックパッド付キーボードケースとをドッキング装着すると、合計重量が約1.1Kgになります。

それに対して、筆者がメインで利用している13.3インチWindowsノートPCの場合では、1180gなので、単純に軽量さの観点から比較しても全くメリットがない状態になります。

どっちを外出先に持参した方が便利に使えるのか?と言えば、メインで利用しているノートパソコンですから、iPad Air 4 をノートPC化する必要がないのである。

この事実に気が付いてからは、このキーボードケースはあまり使っていません。稀にドッキングする機会がある程度で、入力作業は全くやっていません。

 

キーボードを利用する機会は恵まれる

正確に言えば、iPad Air 4 に、折りたたみ式Bluetoothキーボードを接続しては利用する機会は実際にあります。

これ以外の方法(ロジクールFolio Touch トラックパッド付キーボードケース)でのノートPC活用は完全に諦めています。その理由は、普通に重たいからです。

でも、iClever IC-BK08 折りたたみキーボードの組み合わせであれば、iPad Air 4 と合計しても約680gなので、選択肢の1つとして、利用する場合も実際にあります。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 + Bluetoothキーボードの方法も有る

ここでは、iPad Air 4 と Bluetoothキーボードの組み合わせでキーボード入力する方法も検討した方が良いについての内容になります。

持ち運びでは軽量さは重要

iPadノートPC活用では持ち運び性についても考慮が必要になるのが実情になります。これを避けて通る事は現実的には難しいため、何か別の良い方法を模索する必要があります。

この場合では、折りたたみ式Bluetoothキーボードを利用する方法を検討しても良いのではないか?と考えます。その理由としては、折りたたみ式なので軽量に設計されているからです。

キーボード本体が軽くてコンパクトであれば十分に持ち運びできますから検討の余地は残されていると思います。これは同時にメリットにも該当するので、このメリットを活用しても良いと思います。

 

便利なのか?

折りたたみ式キーボードの場合では、軽いのが特徴の1つですが、それだけで選択してはいけない事情も見え隠れしてきます。

キーボードの場合では入力するのがメインですから、入力のし易さも考慮が必要になります。

コンパクトに利用できるキーボードの場合では、それに比例して1つ1つのキーサイズも小さくなってしまうため、キーボードを見ながら入力になってしまうと思います。

見ながら入力では効率性が悪いですから、これでも問題ないのか?は重要な要素になります。

 

デメリット

BluetoothキーボードをiPadで利用する場合ではデメリットもあります。それは、充電が必要になるという部分になります。

Smart Connector対応キーボードケースの場合では、iPad Air / iPad Pro から給電できるので充電する必要はありません。

それに対して、Bluetoothキーボードの場合では、先に充電して利用できる状態になってないと利用できないですし、バッテリー切れの心配もしないといけないので煩わしさを感じます。

また、充電方法も魅力的ではないMicroUSBケーブルにて充電する場合が多いです。

 

iPad キーボードケースではない選択も現実的な方法

ここでは、iPad Air 4 でノートPC活用ではなく、キーボード利用する場合では、キーボードケースを利用しない選択も1つの方法についての内容になります。

キーボードケースのデメリットを克服できる

Smart Connector 経由で利用できるiPad周辺機器は、Apple純正品のMagic Keyboardなどのキーボードケースになってしまうのですが、この場合では iPad Air や iPad Pro とドッキングすると重量も多くなってしまうのが実情になります。

この状態で外出先に持ち歩く殊もできるのですが、現実的にその選択はやりたくないと言っても過言ではありません。そのぐらいに重量も増して増えてしまうので、この選択は良くないと思います。

でも、キーボードケースではなく、携帯性に優れているBluetoothキーボードを利用すれば、iPad Air 4 と合計しても重量は1kg未満に抑制できるため、この選択であれば十分に外出先に持参しても問題ないレベルになります。

そのため、この選択も検討しても良いのではないか?と個人的に考えます。

 

タッチパッド付キーボードも利用できる

携帯性抜群なBluetoothキーボードも多くありますが、キーボードケースのようにタッチパッドも搭載しているタイプも実際にあるため、このようなキーボードを利用すれば、うまく活用できる可能性があります。

特にキーボードの場合では、キーボードケースとは異なり、他のOSでも利用できますから、活用できる機会も増えるため、購入っしたは良いけど、使い道が少なくて自宅で眠ってしまう展開には繋がらない可能性が高いのも魅力的に感じます。

予備のキーボードの用途でも重宝するので、キーボードケースよりも使い勝手は良さそうに感じるのではないでしょうか?

 

iPad Air 4 折りたたみキーボード使用レビュー

ここでは、iPad Air 4 と iClever IC-BK08 折りたたみタッチパッド付キーボードの組み合わせによるキーボード使用のレビュー紹介になります。

実際の使い勝手はどうなのか?

Smart Folio や ESR iPad Air ケースをスタンド代わりに利用して、 iClever IC-BK08 折りたたみタッチパッド付キーボードを使うと、目線の位置がちょっと悪いような気がします。

入力作業は行えるのですが、角度が合っていない感じなので逆に目が疲れてしまうといった感じ。とてもじゃないですけど、1時間単位で利用したくないと感じます。

外出先に持参するのであれば携帯できるタブレットスタンドは持参した方が良いと感じます。

 

タブレットスタンドが必要

iClever IC-BK08 折りたたみタッチパッド付キーボードを利用する場合では、別途タブレットスタンドが必要になります。

Smart Folioを利用していれば簡易スタンドになるので問題ないのでは?と思うかも知れませんが、この選択は良くないと感じます。

予め角度調節が決まってしまうので逆に使い勝手が悪く感じます。

自分にとって最適に感じる角度じゃないと実際のタイピング入力にも少なからず影響が出るので、角度調節という部分は重要です。

iPad Pro 12.9インチ対応タブレットスタンドのレビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 と Smart FolioやESR iPad Air ケースを所持していますが、これらのカバーケースには簡易スタンド機能が搭載されているので便利に利用できます。 でも、必ずしも...

 

使用レビュー

iPad Air 4 をBluetoothでiClever IC-BK08と接続して入力作業を行うと、ハッキリ言って便利ではないです。

その理由としては、いつもパソコンで利用しているキーサイズよりも小さいからです。

さらにはタッチパッドのサイズも小さいですから、オマケ程度に利用すれば良いかな?といった感じ。

でも携帯できる折りたたみキーボードという部分を考慮すると、仕方がないかな?と割り切っているので、多少不満でも利用しているといった感じになります。

Bluetooth 折りたたみタッチパッド付キーボードのレビュー(iClever IC-BK08)
皆さん こんにちは! スマートフォンやタブレット端末で文字入力する場合では、基本的にOS搭載のキーボードで入力となりますが、物理キーボードも利用したい場合があります。 実際に入力する場合では、タイピング入力した方が便利に...