iPadで利用できるUSB Type-Cハブは買わなくて良い

iPad use
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 を所持していますが、USB Type-Cハブを利用する機会にも恵まれます。この場合に利用するのはiPad専用で利用できるタイプではなく、メインで利用しているWindowsノートパソコンで使っているタイプになります。

どうしてなのか?と言えば、ただ単純に利用できるのであれば何でも使えば良いのではないか?という考え方なので、別にiPad専用で利用できるUSB Type-Cハブを必要としていないからです。

とはいえ、実際の利便性を考慮すると、必ずしも最適な選択ではないのですが、機能面は特に問題ありませんから、それはそれ!という事で割り切っていたりします。

何でも買えば便利に使えますが、買っても実際の利用頻度はどうなのか?も考慮した方が良いです。

今回の記事は『iPadで利用できるUSB Type-Cハブは買わなくて良い』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air / iPad Pro は USB Type-Cハブが使える

ここでは、iPad Air / Pro で利用できるUSB-Cハブについての内容になります。

USB Type-C搭載

iPad Air / Pro にはUSB Type-C搭載を搭載していますが、これは素直に便利に感じます。というのも、USBハブを利用しない場合でも、便利に使えるからです。

写真などのデータをパソコンに移し替える用途の場合では、直挿し込みできるUSB Type-Cメモリを利用すれば良いので、とても便利に感じます。

ただ、USBメモリの場合では細長いタイプが多いですから、イマイチに感じる場合もありますが、ミニタイプも有るため、必要に応じて購入すれば良いと思います。

実際に購入するのであれば、USB Type-A にも変更できるスイング式が良いです。

 

機能を拡張できる

iPadでUSB Type-Cハブを利用する場合では、機能を拡張できるという側面があります。機能が拡張できれば、活用の幅も広がるため、結果的にiPadをうまく活用できるようになる場合があります。

iPadを買ったは良いけど、うまく活用できなくて悩んでしまう場合も意外とありまうが、機能を拡張する事によって、新たなiPadの楽しみ方が発見される場合もあるので、この観点から考慮すると、自分にとってプラスに働く可能性があります。

とはいえ、同時に、マイナスに働く可能性も否定できないので、実際の用途はとても重要になります。用途に見合った使い方を行わないと、何の為に購入したのかな?といった感じになったりします。

 

スポンサーリンク

iPadでUSBハブを利用するメリット・デメリット

ここでは、iPadシリーズでUSBハブを利用するデメリットについての内容になります。

メリット

iPadでUSBハブを利用するメリットとしては、貧弱なUSBポートを拡張できる部分に尽きます。USB Type-Cを搭載しているiPadでも、1ポートしか搭載していませんから、とても貧弱です。

この貧弱に感じるUSBポートを便利に使うのであれば、必然的にUSB Type-Cハブが必要となります。特に色々なタイプがあるので、どれを選択すれば自分にとって最適なのか?はよく検討した方が良いです。

というのも、あまり利用しない機能が詰まっているUSBハブでは継続的に利用しませんから、次から次へと新しい物を購入する展開に発展する事になります。

そのため、実際に購入する場合は継続性も考慮が必要になります。

 

デメリット

iPadでUSB Type-C ハブを利用するデメリットとしては、無いんじゃないのかな?と思いがちになりますが、実はあります。それは、iPad専用で利用できるタイプの場合では、そんなに用途がない場合が多いです。

一時的には確かに用途が有るのですが、継続して利用するのか?と言えば、実はそんなに用途は無かったりするものです。この部分は未来なので、あまり考えていない場合が多いです。

継続的に利用するのか?という部分も考慮した上で、周辺機器を購入した方が良いです。そもそも、必要としている時に有れば便利に感じますが、別に無くてもそんなに影響はないと思うのが周辺機器だと思います。

 

iPadで利用する目的でUSB Type-Cハブは買わなくて良い

ここでは、iPad Air / Pro でUSBハブを買わなくて良い理由についての内容になります。

iPad専用で買わなくて良い理由

iPad専用で利用する目的で、USBハブを購入しなくて良い理由としては、パソコンで利用できるUSBハブがiPadでも使えるからです。

特に最近のパソコンのUSBポートには、USB Type-Cも搭載されていますから、USB Type-Cハブも所持している可能性があります。

例え、所持していなくても、iPad専用で利用できるタイプではなく、ノートパソコンで利用すると便利に感じるタイプのUSBハブを購入した方が良いと考えます。

その理由としては、拡張できるUSBハブが1つしか搭載されていなかったりするので大した拡張には繋がらない可能性が高いからです。それならば、ノートパソコンでも使える汎用タイプでも良いのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

買うのであれば汎用で利用できるタイプ

だからといって、iPad Air / iPad Pro でUSB Type-C を利用してはいけないのか?と言えば、そうではないです。別に自分さえ良ければ購入しても何ら問題ありません。

但し、買うのであれば、iPad専用ではなく、あくまでもノートPCでも利用できる汎用タイプがオススメとなります。というのも、ハッキリ言って、iPadでUSBハブを使う用途はどれほど有るのでしょうか?

この部分を全く考慮しないで購入するのは良くないと思います。1ヶ月単位で何回利用するのかな?今月はよく使うけど、来月移行も継続的に利用するのかな?も考慮した方が良いと思います。

iPad専用ではなくPC兼用で利用できるタイプの方が利便性が高いので、そっちのタイプを購入したくなるのでは?

 

iPadでUSBハブを利用する用途 及び 運用で解決できる

ここでは、実際にiPad Air / Pro でUSBハブを利用する用途には何があるのか?についての内容になります。

USBハブが欲しい場面

iPad Air / Pro でUSBハブを利用したいと強く感じる場面が有るとすれば、メディアカードリーダー・ライターを利用する場合や、イヤフォンジャックを利用したい場なのではないでしょうか?

両方とも、USBハブがないと対応できないですから、1つぐらい所持していても良いのではないか?と思ってしまいますが、必ずしも1つで対応できるという訳ではない事を注意した方が良いです。

その理由としては、USBハブでも色々なタイプが有るからです。カードリーダーを搭載しているタイプもあれば、イヤフォンジャックを搭載しているタイプもある!といった感じ。

仮にカードリーダーとイヤフォンジャックの両方を得る場合では、もしかすると1つでは対応できない可能性があります。この場合では2種類のUSBハブを購入する羽目になってしまう可能性も否定できません。

 

実際の用途を考慮した上で運用面で対応を

USB Type-Cポートを搭載しているiPadでは、USBハブを利用できるメリットがありますが、このメリットは活用しなくても良いと考えます。

というのも、活用すれば新たに購入する事に繋がるからです。でも、ここで考えて欲しいののは、果たして本当に自分はUSBハブを必要としているのでしょうか?という部分。

確かに一時的には欲しいと感じているのですが、たぶん購入して使ってみると、その時点で満足すると思います。それ以後はそんなに用途は無いのではないか?と個人的に考えます。

それならば、ファイル転送アプリやiPhoneを活用して運用面を変更すれば良いのでは?と思います。