Apple Pencil 2(iPad アクセサリー)レビュー

Gadget

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 を購入する時に同時購入したアクセサリーの中には、Apple Pencil 2 もあります。何に使うのか?という程度で購入したのですが、使ってみると、意外と便利に利用できる事もあり、愛用しています。

確かに愛用はしているのですが、実際に使ってみると、「うーん」と思う部分もあるため、正確に言えば、一長一短かも知れないといった感じかも知れません。

特に、充電方法はまさに一長一短という言葉が似合っていると言っても過言ではないですし、充電方法以外でもそのように感じる部分があるので、実際に使ってみると、色々とと気が付く事も多いのではないでしょうか?

また、Apple Pencil 2 は持ってみると、なんかちょっと細いように感じるのですが、これをどうにか?できる便利グッズもあるため、それを利用するのも1つの方法になります。

今回の記事は『Apple Pencil 2(iPad アクセサリー)レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

iPad Air 4 で使う Apple Pencil 2(アクセサリー)

ここでは、Apple Pencil 2 の仕様 及び 消耗品のペン先や外観についての内容になります。

Apple Pencil 第2世代

サイズ : 165mm × 10mm × 10mm

重量  : 18g

充電等 : マグネット吸着によるワイヤレス充電

接続等 : ワイヤレス接続、自動ペアリング

その他 : ダブルタップでツールの切り替え

消耗品 : ペン先

 

ペン先は消耗品なので注意

Apple Pencil 2 を購入してペン先が摩耗している事に気が付いて、初めて、ペン先は消耗品なのか?という感じになります。

購入する前は、まさかペン先が消耗品とは思っていませんから、ペン先が摩耗しているとビックリします。

そんでもって、ネット通販で安価で購入できるペン先を買って交換すると、直ぐに摩耗してしまうので、結局のところ、ペン先に限って言えば、純正品が全てにおいて一番良い事に気が付きます。

因みに、純正品のペン先は「Apple Pencilチップ – 4個入り」という名称になります。はっきり言って価格もそれなりに高いです。なるべく摩耗しないように心掛けるしかないといった感じ。

 

若干細いと感じる

Apple Pencil 2 を持ってみると、あれ?なんかちょっと細いような気がすると思います。このように感じる場合では、実際にの使い勝手にも影響が出るため、。便利グッズを利用してみるのが良いのではないか?と考えます。

便利グッズと言っても色々ありますが、シリコンカバーケースが良いと思います。とはいえ、これをApple Pencil に装着する時はそれなりに苦労しますが、基本的に外す必要がないので良いと感じます。

ワイヤレス充電にも対応している場合が多いですから、検討してみるのも1つの方法になります。

 

iPad Apple Pencil 2 機能や特徴など

ここでは、iPad Air 4 で利用する Apple Pencil 2 の機能や特徴についての内容になります。

ダブルタップでインクの切り替えできる

デジタルノートアプリを利用する場合では、ペンや消しゴムといった機能を利用する場合もありますが、この時にApple Pencil 2 が有ると簡単にインクを切り替える事ができます。

切り替え方法は至って簡単で、「ペンと消しゴム」又は「前のインク。今利用しているインク」をダブルタップで切り替える事ができます。

どこをダブルタップはディスプレイ上ではなく、Apple Pencil 2 の充電ポート面の平べったい部分になります。持ちながら、人差し指で軽く叩くだけですから、とても簡単でかつ、スムーズに切り替えできます。

 

ワイヤレス充電、マグネット吸着

充電方法はワイヤレス充電のみとなります。USBケーブルでの充電が利用できないため、バッテリー切れを発生させると、そのままデメリットに直結する事になるため、注意が必要です。

うまく利用するコツは、いかにバッテリー切れを起こさないように利用するのか?という部分に尽きるため、これがうまく機能するのであれば、Apple Pencil 2本持ちという選択を行わなくて良いです。

とはいえ、USBケーブルで充電するよりもワイヤレス充電の方が何か?と邪魔に感じるケーブル不用で充電できますから便利に感じます。しかもiPad Air / Pro の充電ポートに近付けるだけで、ピタッ!とマグネット吸着するのでとても便利に感じます。

 

マグネット吸着で自動ペアリングできる

iPad Air / Pro のApple Pencil 充電ポートにマグネット吸着(ドッキング)させると自動的にペアリングされるので、何かと煩わしいと感じるペアリング設定をしないで簡単に設定完了になる部分が素晴らしいと感じます。

因みに、Apple Pencil 2 のバッテリーが切れてしまうとペアリングも解除されてしまうため、利用する場合はまた充電してから行う事になります。

 

Apple Pencil 2 充電方法 及び メリット・デメリット

ここでは、iPad Air 4 で利用するApple Pencil 2 の充電方法 及び メリット・デメリットなどの紹介になります。

一長一短に感じる充電方法

Apple Pencil 2 のデメリットは何があるのかな?と言えば充電方法が該当します。ワイヤレス充電できるのでメリットに感じる場合が多いですが、実はデメリットになります。

どうしてなのか?と言うと、充電方法がワイヤレス充電に1択になるため、使っている時にバッテリーが切れてしまった場合では利用できないからです。USBケーブルで充電が行えないですから、1本しか所持していない場合では不便に感じます。

よく利用するのであれば、少なくとも2本は所持しておいた方が無難です。とはいえ、2本も購入するのは大変に感じる場合もあるため、類似品のスタイラスペンを利用するという方法も有りです。

でも、この場合では、ペン先の交換がイマイチですから、可能ならば2本目もApple Pencil 2 が良いのでは?というのが個人的な見解になります。

 

ペン先の摩耗対策で使うペン先カバーも解決方法の1つ

Apple Pencil 2 のペン先は消耗品になるため、頻繁に使っていると、どこかのタイミングでペン先が摩耗している事に気が付きます。

摩耗している状態で放置していると、中から芯が出てきて、iPadのディスプレイを傷付けてしまうので注意が必要になります。

この場合にペン先カバーを装着していると、ペン先の摩耗対策に繋がりますが、その反面、滑り心地があまり良くないというデメリットがあります。

こればっかりは実際に使ってみないと分からない部分に該当するため、興味が有る場合は試してみるのも1つの方法になります。

 

スクリーンショットできるメリットあり

iPadでスクリーンショットする場合では、ハードボタンや仮想ホームボタンであるAssistive Touchで行う事ができますが、これに加えて、Apple Pencil 2 でも撮影できるようになっています。

どのように操作すれば撮影できるのか?と言うと、下記のように行うと、スクリーンショットできます。

Apple pencil 2でスクリーンショットをする場合では、左下の角 又は 右下の角から画面中央に向けて素早くシュッ!と移動させると撮影できます。

但し、右利きの場合では、左下の角から操作した方が上手くスクリーンショットできる感じです。

というのも、右下の角から画面中央に向けてやるとあまり成功した事がありません。

 

Dockが表示できないデメリット 及び 解決方法

便利に使える Apple Pencil 2 だったとしても万能ではなく、利用できない事もあります。その1つの例として、Dock表示になります。

特にマルチタスクで利用できるアプリをDockに配置しておくと何かと便利に使えますが、残念ながらApple Pencilに対応していません。

でも、解決方法が用意されているため、その方法を利用すれば、簡単にDockを表示できるようになっています。

その方法は、仮想ホームボタンであるAssistive Touchのカスタムアクションをカスタマイズするだけなので、誰でも簡単に行えます。

但し、カスタムアクションをカスタマイズできるのは3つの動作に限定されているので、どこに割り当てれば最適なのか?で悩む展開も珍しくありません。

 

iPad Apple Pencil 2(アクセサリー)評価レビュー

ここでは、iPad Air 4 で利用するApple Pencil 2 の評価レビューについての紹介になります。

「形状」や「持ちやすさ」のレビューや感想

① 形状
iPad Air / iPad Pro と接続してワイヤレス充電する面は平べったいのですが、それ以外の部分は丸みを帯びているため、何かの拍子で落下した場合は転がります。

 

② 持ち易さ
Apple Pencil 2 を持った時に真っ先に感じるのは若干細いな!と感じます。

細いと違和感を感じる場合があるため、この状態では満足して利用できない事もあり、便利グッズのApple pencil 2 で利用できるカバーを別途購入して装着して使っています。

シリコンカバーなので、ピッタリフィットできる反面、装着する場合に非常に苦労した感があります。とはいえ、一度装着すれば基本的には取り外す必要がないため、この程度の苦労は特に問題ありません。

シリコンカバーケースを装着した場合ではどうなのか?と言うと、バッチグーといった感じの丁度よいベストな状態で手書き入力できます。

実際に細いな~と感じた場合では、便利グッズを利用するのも1つの方法になります。

 

使い勝手についてのレビュー

Apple Pencil 2 の使い勝手に関して言えば、デジタルノートアプリを利用する場合に使っていますが、特に不満はないです。あえて言えば、バッテリー切れになった時に作業を一度中断する事になるため、この辺が1本だけで運用するデメリットに感じます。

とはいえ、2本も購入する選択は行わずに類似品であるスタイラスペンを2本購入していますが、ペン先が消耗品の事を考慮すると、純正品の方が良いのかな?と感じます。

でも、類似品もパームリジェクションに対応していますから便利に使えるのも事実です。

 

総合評価・レビュー

個人的には、iPad Air 4 をデジタルノートの用途に活用している事もあり、よくApple Pencilを利用しているため、高評価に感じますが、一長一短に感じる部分もあるため、一長一短という表現の方が正解なのではないか?と考えます。

その理由として、「ペン先」や「充電方法」が挙げられます。まさか?ペン先が消耗品なのか?というのが超ビックリといった感じだったので、そこの部分はガックリな感じだったのを記憶しています。

そのまま使い続けていると、芯が出て来るので、確実にディスプレイを傷付けてしまいますから、交換必須なのですが安価で購入できる市販品を利用すると直ぐに摩耗してしまう悪循環に陥ります。

何だかんだ言っても最終的には純正品のペン先を購入する必要に迫られるといったパターンになるため、ペン先も考慮して購入するのが良いです。

iPad Air 4 レビュー(使用感・メリット・デメリット)
皆さん こんにちは! iPad mini 5を所持していますが、iPad mini ではちょっと画面サイズが小さい事もあり、もう一回りサイズが大きいiPad Air 4 を購入しています。 この時に、Apple Penc...