iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー!使い道や活用方法も紹介

ガジェット

 

皆さん こんにちは!

仕事や出張 及び 旅行に持参する機会のある iPad mini 5 と Smart Cover のレビューについての紹介になります。

実際に使ってみてどうだったのか?についても紹介したいと思います。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad mini 5 と Smart Cover について

仕事に利用する初めてのiPadシリーズとして、iPad mini 5 及び Smart Cover を購入したので、その紹介になります。

画面サイズ7.9インチの iPad mini 5 購入

購入したのは iPad mini 5 のWi-Fiモデル64GBになります。ストレージ容量が64GBと少ないですが、スマホでも64GBも使った事がないので問題ないだろうと思って購入しました。

主な用途は仕事に使う目的になります。仕事用途の場合では、iPad mini よりも iPad Pro の方が最適になりますが、高性能なiPadは使いこなせないのではないか?と考えたのです。

それに初めてのiPadシリーズなので、勉強も兼ねて持ち運びし易い iPad mini 5を選びました。

 

Smart Cover 購入

Smart Coverを購入した理由は、オートスリープに対応&スタンド機能も兼ねるのが魅力的に感じたからです。

角度調整は出来ないのがデメリットになりますが、画面保護に役立つので結果的にプラスに働くのではないか?と考えました。

それに狭い場所で折りたたみキーボードを利用する場合に、スタンドを使わなくても良いのは便利に感じます。

 

Wi-Fiモデルを購入

仕事用途で使う場合ではセルラーモデルを購入した方が良いと言われていますが、筆者の場合はWi-Fiモデルを購入しました。

その理由としては、Wi-Fiを利用できれば特に問題ないと考えているからです。自宅や会社、取引先ではWi-Fiが利用できるので、セルラーモデルを選ぶ必要がないのである。

 

スポンサーリンク

iPad mini 5 と Smart Cover 購入レビュー

主に仕事や出張の用途で使う為に購入した iPad mini 5 及び Smart Cover の購入レビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

画面について

7.9インチサイズの画面は小さいです。特に上下のベゼル幅が太いので、もうちょっと広ければ良いのにな〜と感じる事も多いです。

でも、ブラウザでPCで見ているページを閲覧する事が出来るため、このサイズでも見やすいのは便利に感じます。これも iPad OS のお陰だと思います。

 

片手で持てる魅力

7.9インチサイズなので小さい感じですが、片手で持ってもそんなに重たく感じないところが重宝します。

重量が300gのため、スマホよりも100gちょっと重たい感じなのが良いです。片手で持って重たいと感じる場合では、両手で持つ必要があるため、気軽に携帯できません。

外出時に持ち歩く場合では、とにかく軽量が望ましいため、持ち歩く用途で使う場合に最適なのが、iPad mini だと個人的に考えます。

 

Smart Coverのレビュー

① スタンド
Smart Coverは裏側に折りたたんで三角形を作るとスタンドになります。磁石が装備してあるため、三角形が崩れる心配がありません。

 

② イマイチに感じる部分
確かにスタンドになるのは便利なのですが、角度調整が出来ないのが残念です。。必ずしも角度が自分にとって最適なポジションではない場合があるため、スマホのスタンドを利用してベストポジションにする必要があると思います。

 

③ オートスリープに対応
カバーを閉じると自動的にiPad mini 5 をスリープ状態にし、カバーを開くとスリープ状態から使用モードに瞬時に変更できるのは便利です。オートスリープ機能は便利です。

 

iPad mini 5 使用レビュー

筆者の場合は純粋に仕事や出張の用途で使う事を前提に iPad mini 5 を購入しています。他の用途では基本的に使っていません。

テレワークに使える

iPad mini 5 をテレワークWEB会議に利用する場合では、小さい画面がデメリットになります。この部分がデメリットになりますが、筆者の場合は特に問題なかったです。

但し、タッチパッド付Bluetoothキーボードのカーソルが挙動不審の動き方をしていたので、ちょっとやりにくかったです。

やっぱり、テレワークでは素直にノートPCを利用するのが最適だと思います。

 

仕事で使う場合は画面が大きい方が良い

iPad mini を仕事に使う場合では、持ち運びが便利な反面、小さい画面が意外と使いづらい事に気が付きます。

確かに片手で持てるので便利なのですが、取引先担当者に見てもらう場合では、画面が小さくて申し訳ないです。といった感じになります。

出張の用途では mini でも良さそうに感じますが、仕事を優先するのであれば 10インチ以上のiPadシリーズを持参するのが賢明の選択だと考えます。

 

ストレージ選び

ストレージは64GBを購入したのですが、筆者の用途では、ハッキリ言って足らなかったです。Androidスマホでも64GBも使った事がないので問題ないだろう~と考えて購入したのですが見事に大ハズレになります。

実際には仕事用途でも使っているため、カメラ代わりに写真撮影も多く利用していた事も少なからず関係していると思います。

写真撮影や動画撮影で使うのであれば64GBではなく、128GBを購入すべきです。写真や動画以外の用途の場合では64GBでも問題ないと思います。

 

 

iPad mini 5 の使い道&活用方法

ストレージがパンクしてしまった事により、仕事の用途では利用できなくなるという、まさかの展開に陥ってしまったため、別の用途での使い道 及び 活用方法についての紹介になります。

iPad mini の活用について

仕事や出張の用途で使う事を前提としていたので、まさかの展開では非常に焦りました。というのも、購入してから1年も経過しない内にストレージ容量がパンクするなんて全くの想定外だったからです。

iPad mini で管理している画像データはPCに移行したので、普通通りに使えるのですが、またパンクするのも嫌なので、仕事で使うのは止めて、他の用途に活用する事にしました。

 

Gameに活用するのが最適

中国語の言語交換でも試してみたのですが、スマホLineが便利だったので、この用途で使うのを止めてしまいました。

結局のところ、何が最適に感じたのか?というと、Game用途が最適に感じました。

Gameは今までノートPCにAndroidエミュレータをインストールしてスマホゲームをプレイしていたのですが、ゲームは全て、iPad mini に移行してしまったのである。

特に絶妙なサイズ感が魅力に感じます。スマホよりも大画面でかつ、片手で持てるのが絶妙に感じます。それでいて、画面遷移もスムーズなので違和感を感じません。

 

Game活用した場合のデメリット

iPad mini 5をGame用途に活用した場合ではデメリットも発生します。それは、バッテリーが持たないのである。1日に最低1~2回は充電が必要になります。

まだ50%あるから問題ないだろう?と思っていると、次に気が付くと20%を切る寸前というパターンも意外と多いです。