iPad OneNote活用!USBメモリの画像を挿入&使う方法

iPhone iPad 活用
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadをデジタルノートの用途で活用する場合では、自分にとって最適に感じるアプリを見つけてインストールして利用する事になります。

Microsoft OneNote for iPadを利用する選択を行った場合ではApple Pencilで手書き入力ではなく、キーボード入力がメインとなるので手書き入力したい場合では物足りなさを感じる事になります。

でも、活用という観点から考慮すると、機能限定版でありながら、それでも色々な事ができるので満足できる可能性があります。

今回の記事は『iPad OneNote活用!USBメモリの画像を挿入&使う方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 画像やファイルを挿入できる

ここでは、Microsoft OneNote for iPadで画像やPDF、ファイルを挿入する事もできる!についての内容になります。

PDFやファイルも挿入できる

OneNoteに挿入できるのはiPad内にある画像やインターネット上にある画像だけではありません。PDFやOfficeファイルなども挿入できるようになっています。

この場合では、挿入したい場所をタップした上で挿入メニューにある「PDF」や「ファイル」をタップすると、最近使った項目が開くので、その中に表示されているPDFやファイルを選択すると挿入できます。

 

ファイルを挿入した場合

ページにファイルを挿入した場合では、ファイルのアイコンが表示されます。中身を確認する場合では、アイコンをタップして「プレビュー」を選択する 又は アイコンをダブルタップします。

そうするとOneNoteの上にOfficeアプリなどのファイルが開いている状態になります。編集する事はできないたあめ、あくまでも表示するだけの用途で使う事になります。

プレビューを終了する場合は右上にある「完了」をタップします。

 

オーディオファイルも挿入できる

OneNoteでは画像やPDF、Officeファイルなども挿入できますが、オーディオファイルも挿入できるようになっています。

この場合では、iPadの設定でOneNoteでマイクを使えるようにしておく必要があります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 画像挿入は2つの方法がある

ここでは、Microsoft OneNote for iPadで画像を挿入する場合では2つの挿入方法を利用できるについての内容になります。

iPad内のメディアから選択する方法

OneNoteに画像を挿入する場合では、iPad内にある画像を選択することができます。

先ず最初にページの任意の場所をタップします。挿入メニューがオンになるため、挿入タブの下に表示されている「画像」をタップすると「メディア」フォルダが開きます。

iPad内にある画像の一覧が表示されるので、挿入したい画像を選択した上で、画面の右下に表示される矢印アイコンをタップします。

そうすると、真ん中に大きく画像が表示されるので右下にある「完了 >」をタップすると挿入できます。

 

インターネットの画像を挿入する方法

iPad内にOneNoteで利用したい画像が用意されていない場合では、インターネット内にある画像を検索して挿入できるようになっています。

この場合では、任意の場所をタップした上で挿入メニューのオンライン画像をタップします。そうすると、画面の右端にオンライン画像の表示枠が出現します。

ちょうど真ん中付近に検索ボックスが有るため、ここをタップするとキーボードが表示されます。

何の画像が欲しいのか?キーワード入力した上で、🔍をタップすると、ピンポイントで目的とするオンライン画像が表示されます。

表示された画像一覧の中から挿入したい画像をタップすると、任意の場所に画像が挿入されます。

 

OneNote for iPad USBメモリ内の画像も挿入できる

ここでは、Microsoft OneNote for iPadで画像を挿入する時にUSBメモリも利用できるについての内容になります。

USBメモリ内の画像も挿入できる

OneNoteに画像を挿入する場合では、基本的にiPad内の画像とオンライン画像の2種類の方法があります。iPadでUSBメモリを利用した事がある場合では或る事に気が付くと思います。

iPad内という事は、iPadにUSBメモリを接続しても画像を挿入できるのではないか?とね。実際には素直に挿入できないのですが、それでもOneNoteの新しいページに画像を挿入する事ができます。

 

iPadで利用できるUSBメモリを接続

iPadで利用しているOneNoteにUSBメモリ内にある画像を挿入する場合では、別途、USB Type-C対応USBメモリ 又は USB Type-C対応USBハブや変換アダプタを利用する必要があります。

既存のUSBメモリを利用する場合ではUSB Type-C対応USBハブが必要になりますが、だからといってiPad専用で購入する必要はありません。その理由としては、iPadでUSBハブを利用する用途はそんなに無いからです。

この場合では、Type-AとType-Cに両対応しているUSBメモリを購入する 又は 安価で購入できるUSB Type-C変換アダプタを買う選択が良いと思います。

USBメモリ(USB Type-C A)スイングタイプ Team 64GBレビュー
皆さん こんにちは! パソコンやタブレット端末、スマートフォンでUSBメモリを使う機会にも恵まれると思います。通常であれば、USB Type-Aが多いと思いますが、USB Type-Cを搭載しているデバイスもあります。 ...

 

OneNoteのどこに挿入するのか?確認

USBメモリ内にある画像をOneNote for iPadに挿入する場合では、OneNoteのどのセクションに挿入するのか?を選択する必要があるため、一度OneNoteを開いて確認した方が良いです。

ページは移動できるので、ノートブックを間違えてしまっても変更できるのですが、これだと二度手間になってしまいますから、効率的な作業とは言えません。

仕事でOneNoteを利用する場合では作業の効率化も必要になるため、一発で目的の場所に挿入した方が賢明の選択です。

 

iPad OneNote活用!USBメモリの画像を挿入&使う方法

ここでは、Microsoft OneNote for iPadで画像を挿入する時にUSBメモリにある画像を挿入する方法についての内容になります。

USBメモリ内の画像をOneNoteに挿入する操作方法

① USBメモリ
USBメモリをiPadに挿し込んで接続します。iPadで「ファイル」アプリを起動します。左側メニューの場所にある「このiPad内」のすぐ下にUSBメモリがあるのを確認できます。

 

② 画像を選択
USBメモリ内のファイルが表示されるので、その中からOneNoteに挿入したい画像を「長押し」。拙宅リストが表示されるので「共有」をタップします。

 

OneNoteに送信する方法

① 共有
画像を長押して共有をタップすると、どこに送信するのか?を選択する必要がありますが、一番上にアプリのアイコンが並んでいるので、そこにOneNoteがあります。OneNoteをタップします。

 

② 挿入する場所
挿入する場所には既に指定されている状態になっているのですが、このままで送信すると、本来挿入したい場所ではない所に画像が挿入されてしまいます。そのため、必ずタップして、ノートブックのどのセクションに挿入するのか?指定する必要があります。

 

③ 送信
挿入する場所を指定したら、「送信」をタップします。送信しても自動的にOneNoteは開かないため、手動でOneNoteを起動して確認します。

 

OneNote for iPadを開く

USBメモリにある画像をOneNoteに送信した場合では、指定のセクション内に、新しいページとして挿入されます。

送信する時にページを指定できれば良いのですが、分類であるセクションしか指定できないので致し方ないといった感じです。

iPad OneNote活用!複数の画像をきれいに横に並べる挿入方法
皆さん こんにちは! iPadでMicrosoftのデジタルノートアプリであるOneNote for iPadを利用していると、操作が分からなくて困ってしまう事も意外と多かったりします。 特に大いに悩んだ出来事と言えば、...
iPad OneNote for iPad 使い方(操作方法)
皆さん こんにちは! iPadを所持している場合では、色々な用途で利用していると思いますが、具体的にはどのような用途で利用しているのかな?も気になる要素の1つに該当します。 その理由としては、有れば便利に使えるけれども無...