iPad AssistiveTouch 仮想ホームボタン設定方法

iPhone iPad 活用
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPhoneやiPadでは色々と便利に利用できる機能がありますが、その中でも仮想ホームボタンは使っている場合も多いのではないでしょうか?

フローティング表示なので自分の好きな場所に自由に移動できますから、そんなに邪魔に感じないですし、仮に邪魔に感じても、移動してしまえば良いので手間も掛かりません。

それでいて、自分好みに動作をカスタマイズできるようになっていますから、使い勝手もよくなります。

今回の記事は『iPad AssistiveTouch 仮想ホームボタン設定方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhoneやiPadで利用できる便利な機能

ここでは、スマートフォンのiPhoneやタブレット端末のiPadで利用できる便利に使える機能についての内容になります。

AssistiveTouch

iPhoneやiPadではAssistiveTouchのスイッチをオンにすると仮想ホームボタンが利用できるようになっています。この仮想ホームボタンは、ディスプレイ画面上にフローティング表示されるので何処でも移動できます。

自分にとって最適に感じる場所に配置できるため、便利に利用することができます。また、カスタマイズも可能になっているため、3つまでのアクションを自分仕様に変更できるのも魅力的に感じます。

 

コントロールセンター

ホーム画面やアプリを利用している時でも使えるのがコントロールセンターになります。画面の右上から下にスワイプするようにタッチ操作を行うと表示できます。

主に、「機内モードやWi-Fi、Bluetoothなどの切り替え」、ミュージック再生。LEDライト、カメラ、QRコードの読み取り、拡大鏡などのコントロールが格納されています。

設定でカスタマイズできるようになっているので、こちらも一部ですが自分仕様に変更できます。

 

Appライブラリ

ホーム画面を整理整頓する場合にも役立つAppライブラリという機能では、アプリをインストールすると自動的にジャンルで振り分けてくれるので何もしなくても問題ありません。

また、ホーム画面に配置されているアプリのアイコンを取り除く場合では削除する必要がありますが、この時「ホーム画面から取り除く」を選択するとアプリを削除(アンインストール)されないでAppライブラリに格納されます。

このようにする事でiPadのホーム画面を整理整頓する場合に重宝する機能となります。

 

スポンサーリンク

iPad AssistiveTouch 仮想ホームボタンが便利

ここでは、iPhoneやiPadで利用できる仮想ホームボタンが便利に使えるについての内容になります。

仮想ホームボタン

iPadでも仮想ホームボタンは利用できるのですが、これが便利に使えるので色々と役立ちます。例えば、よく使っているのは、スクリーンショット 及び Dock表示になります。

「長押し」にスクリーンショットを設定し、「ダブルタップ」にDockの表示を設定しているのですが、とても快適に利用できます。Dock?と思うかも知れませんが、Dockは指先のタッチ操作しか表示できないのである。

Apple Pencilを使っている場合ではDockを表示する時だけ指先で、ちょこっと持ち上げるスワイプ操作をしても良いんですけど、これでは何のためにApple Pencilを使っているんだるか?となってしまいます。

因みにシングルタップには、「メニューを開く」を設定しています。

 

3つの動作をカスタマイズできる

仮想ホームボタンは3つの動作を自分好みに変更してカスタマイズできるようになっています。たったの3つなんですけれども、意外と便利に使えます。

それならば3つの動作は何があるのか?と言えば、「長押し」、「シングルタップ」、「ダブルタップ」になります。

それぞれ個別にセットするのですが、選択リストから選ぶだけの仕様になっているので、とても分かりやすくて簡単です。

 

Apple Pencil 利用時にも使える

仮想ホームボタンは、Apple Pencilを使っている場合でも利用できます。但し、Appele PencilからDockを表示する事ができないため、3つの動作の内の1つは「Dockの表示」を設定する必要があります。

 

iPad AssistiveTouch 仮想ホームボタン表示方法

ここでは、iPhoneやiPadで仮想ホームボタンを表示する操作方法についての内容になります。

仮想ホームボタン表示方法

① 設定 → アクセシビリティ
iPadの設定を開いて表示し、アクセシビリティをタップした上で、「タッチ」をタップし、AssistiveTouchもタップします。

 

② AssistiveTouch
一番上に、AssistiveTouchのスイッチがあるので「オン」に操作します。スイッチ部分をタップするだけで、オン・オフ操作できます。

 

③ ホームボタン
AssistiveTouchのスイッチをオンにすると、仮想ホームボタンがフローティング表示されます。

 

使い方

フローティング表示している仮想ホームボタンはどのように使えば良いのかな?と思ってしまう場合もありますが、基本的にはホームボタンですから、この用途で利用する事になります。

これに加えて、便利に活用したいのであれば、3つのカスタムアクションをカスタマイズする必要があります。カスタマイズと聞くと、何か難しいイメージになってしまいますが、誰でも簡単に変更できます。

というのも、選択リストから自分にとって最適に感じる機能をタップして選択するだけなのである。これならば誰でも簡単に設定できますから、必要に応じて臨機応変に変更すれば良いと思います。

 

iPad AssistiveTouch カスタマイズ設定方法

ここでは、iPhoneやiPadで仮想ホームボタンカスタマイズする設定方法についての内容になります。

カスタムアクションのカスタマイズ方法

① AssistiveTouch
AssistiveTouchのページの真ん中付近にカスタムアクションがあります。これを見ると、「シングルタップ」、「ダブルタップ」、「長押し」が表示されています。

 

② 変更したい動作をタップ
個別にタップできるようになっているので、変更したい動作(カスタムアクション)をタップします。ここでは「長押し」をタップします。

 

③ 機能の変更
「長押し」をタップすると、設定できる機能の一覧が表示されます。現在選択されている機能にレ点が表示されているのを確認できます。

機能一覧から最適に感じる機能を見つけて、タップし、「戻る」で戻れば変更が確定となります。

 

最上位メニューもカスタマイズできる

AssistiveTouchのスイッチの直ぐ下に、「最上位メニューをカスタマイズ」が有るので、これをタップします。6個のアイコンが表示されます。

この状態で新たにアイコンを追加する場合は画面右下に表示されている「+」をタップします。そうすると、1つアイコンを追加できる枠が表示されます。

この状態で、やっぱりカスタマイズしなくても良いや!と思ったら、「-」をタップすると6個のアイコン表示になります。

 

最上位メニューにアイコン追加

アイコンを追加できる枠をタップすると、選択リストが表示されます。この中から、自分にとって最適に感じる機能をタップすれば機能を追加できます。

AssistiveTouchのカスタムアクションで「Dockを表示」を設定している場合では、この最上位メニューでも指定できるため、その分、他の機能を割り当てる事ができるようになります。

こちらのカスタマイズも便利に使えると思います。