iPadバッテリー持ち悪い(減りが早い)交換?iPad買い替え?

iPhone iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

日常生活では有ると便利に感じるガジェットや便利グッズも多いです。パソコンやスマートフォンの場合では必需品ではないですけれども実質的には必需品のような感じになります。

それに対して、iPadも含めてタブレット端末の場合では必需品ではなく便利なガジェットに該当します。

このiPadを利用している場合では毎日のように使っているとバッテリー持ちも悪くなると思います。この場合ではバッテリー交換するのでしょうか?

今回の記事は『iPadバッテリー持ち悪い(減りが早い)交換?iPad買い替え?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

日常生活において便利に使えるiPad

ここでは、日常生活ではスマホと並んでタブレット端末のiPadも便利に使えるについての内容になります。

iPadは何に使っている?

Appleのタブレット端末であるiPadシリーズを所持している場合も多いですが、具体的にどのような用途で利用するのかな?という部分も気になる要素の1つに該当します。

というのも、iPadと一緒に使うと便利に感じる周辺機器便利グッズも有るため、まるでノートパソコンのように利用する事も可能だからです。

これさえ有れば日常生活ではパソコン。スマホと同様に便利に使えるのではないか?と錯覚して購入する場合も多いと予測します。

筆者の場合では、iPad AiriPad mini を所持していますが、両方とも現役で便利に使っています。具体的な用途はiPad Air は仕事に活用、iPad mini はゲーム専用端末になっています。

 

iPadはどのように便利?

iPadを買っても便利に使えるのか?は個人差があります。何故か?と言うと、何となく便利そうだから自分も使ってみたい!と感じて買う場合では活用できないと思います。

どうしてか?というと、iPadはガジェットなので有れば便利に使えるけれども無くても困らない便利グッズに該当するからです。

正直な話、パソコンとスマホさえあれば特に問題ないのではないか?というのが個人的な見解になります。

これに加えて、iPadじゃないとダメという要素の有無が関係してくると思います。これが無い場合では便利に使えても継続して利用するのか?分かりません。

 

スポンサーリンク

iPadの充電はどうしているのか?

ここでは、iPadのバッテリーを充電する場合ではどのように行っているのか?についての内容になります。

バッテリー残量が20%を切ったら充電

iPadに限った話ではないのですが、基本的にスマートフォンやiPadの充電は、バッテリー残量が20%を切ったら充電するように心掛けています。

20%を切らない内に充電しないように注意はしていますが、仕事や通勤にも持ち歩いているので必ずしも20%を過ぎてからという訳ではなかったりします。

 

iPad充電中はアプリを開かない

iPadを充電している場合では、電源を切って充電した方が良いとは思いますが、流石にそれはやっていないんですよね。

流石に毎回のように電源のON・OFFを行うのは、ちょっと面倒に感じるので、横着して電源ONの状態でバッテリー充電しています。

たぶん、これは良くないんじゃないのかな?とは思っているけれども、実際の利便性を考慮すると横着しちゃんうんですよね。

その代わりに充電中はアプリは一切開かないようにしているので気休めかも知れませんが良しとしています。

 

アプリを利用しながらiPad充電しないように注意

スマートフォンやiPadを充電している時に注意している事と言えば、充電中にアプリを利用しないようにする事ぐらいです。

どうしてか?と言うと、これは絶対にダメなんじゃないのかな?と思えるからです。

だってバッテリーに充電している状態なのに、アプリを使ってしまったらバッテリーの劣化に繋がるのではないか?と個人的に考えます。

 

iPadのバッテリーの減りが早くなったら交換?

ここでは、所持しているiPadシリーズのバッテリー持ちが悪くなったら、バッテリーを交換するのも1つの方法についての内容になります。

バッテリーの減りが早くなったら交換

スマートフォンでもそうですが、iPadのバッテリーの減りが早くなったら、たぶんバッテリーを交換しないといけないんじゃないのかな?

でもAndroidスマートフォンの場合ではバッテリー交換しなくても新しいスマホに買い換える選択の方が最適に感じるのでバッテリー交換をした事がありません。

それに対してiPhoneの場合ではOSのサポート期間もAndroidと比べて長いですから、バッテリー交換した方が良いと感じます。

そのため、iPadもiPhoneと同様にバッテリーの持ちが悪くなった時点でバッテリー交換した方が良いのではないでしょうか?

 

交換しない場合の選択肢

iPadのバッテリーを交換しない選択を行う場合もあります。バッテリー交換するよりも新しいiPadを買い換える選択の方が良いと感じる場合が該当します。

基本的には別に買い換えなくても良さそうに感じるのですが、どのように活用しているのか?によっても変わって来るので一概には何とも言えません。

また、そんなにiPadは使っていないという場合もあります。買ったは良いけど、実際には上手く活用できなくて困ってしまったパターン。

こういう場合ではバッテリー交換しない選択の方が最適に感じます。

 

iPadのバッテリー持ちが悪い時は買い換え?

ここでは、所持しているiPadシリーズのバッテリー持ちが悪くなったら新しいiPadに買い換えるのも1つの方法についての内容になります。

iPad買い換えも現実的な選択肢の1つ

所持しているiPadのバッテリー持ちが悪くなった場合では新しいiPadに買い換える選択も現実的な方法に該当します。

何年も前の古い型落ちのiPadにバッテリー交換して利用するよりも新しい機能が搭載されているiPadを使った方が自己満足できるからです。

とはいえ、新しい機種を買い換える場合ではそれなりに高い金額になってしまうので、可能ならば古い機種は下取りに出して購入するのが望ましいです。

その方が古い機種を処分する必要に迫られるため、余計な労力や気苦労も必要ありません。

 

買い換えない選択も有り

もう1つの方法としては新しいiPadは買い換えない選択になります。

仮にバッテリー交換しない選択を行った場合では、壊れるまで使い倒す選択になると思います。どうして、このような選択になるのか?と言えば、色々な事情があります。

例えば、iPadに専用のキーボードケースを利用してノートパソコンのように利用できると思い込んで買ったまでは良かったけれども実際にはノートPC代用ができなかったパターン。

こういう勘違いが有ると、別に新しいiPadは買わないで、ノートパソコンを購入した方が最適という判断に至るのではないかな?

iPadキーボードケースでノートPC化してもノートパソコンが便利
皆さん こんにちは! タブレット端末のiPadを利用している人も多いですが、どのような用途に使っているのでしょうか?というのも、iPadなどのタブレットはスマホとノートパソコンの中間的なポジションになるため、どっちの用途にも被...