iPad勉強活用ならApple Pencilとノートアプリが必要

iPhone iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを所持している場合ではどのサイズの機種を使っているのかな?というのも、マルチタスク利用できる便利機能の1つとしてSplit Viewがありますが、サイズの小さい機種で使っても便利に感じません。

アプリを画面の左右に配置して利用できる機能を使う場合ではiPadのサイズも重要になります。

でも、ノートアプリを利用しなければ便利に使える場合もあるため、アプリ次第なのかな?といった感じ。勉強に活用する場合では試行錯誤も必要になる感じです。

今回の記事は『iPad勉強活用ならApple Pencilとノートアプリが必要』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadは色々と便利に使えるガジェット

ここでは、iPadを所持している場合では色々と便利に使えるので活用した方が良いについての内容になります。

ノートPCのように使える

iPadの場合ではノートパソコンに匹敵するぐらいの高性能チップを搭載していたりします。さらには、USB Type-CコネクタSmart Connectorも搭載しています。

そのため、キーボードケースを利用して、ノートパソコンのようにキーボード入力も簡単に行えたりするので、文書作成の用途にも利用できます。

でも流石にマウスは利用しない方が逆に良いです。その理由としてはスクロールボタンの操作がWindowsパソコンと逆になるので不便に感じます。

 

ゲーム端末としても満足できる

iPadは高性能チップに加えて、グラフィック性能も高いため、スマホゲームをiPadでも問題なく利用できます。

しかもスマホよりも大画面で利用できるため、目にも優しいですし、大画面でプレイした方が満足度も高くなるのではないか?と思います。

実際にiPadでゲームを利用していますが、iPad mini がサイズ的に丁度良いのではないかな?と実感します。

 

持ち運びも便利なサイズ

iPadにはiPad mini から12.9インチのiPad Proまで色々なサイズがありますが、どの機種でも基本的に薄っぺらいので持ち運びも便利だったりします。

とはいえ、外出先に持ち歩く用途に使うのであれば、12.9インチよりも11インチサイズ以下のiPadが望ましいです。

この観点から考慮すると、iPad mini が最適に感じます。

 

スポンサーリンク

iPadの使い道に困ったら勉強活用も魅力的

ここでは、iPadを買ったは良いけど、実際には何に使ったら良いのか?分からなくて使い道に困るパターンに陥ったら勉強や学習に活用するのも魅力的についての内容になります。

どうして勉強や学習に活用?

iPadを勉強に活用するのも1つの方法になりますが、そもそもどうして勉強に活用するのかな?と言えば、勉強はどの年代でも何かしら?の勉強を行うからです。

社会人だったとしても仕事で役立つ知識外国語会話といった感じで勉強する機会にも恵まれますから、この用途に使った方が便利に活用できるのではないか?と個人的に考えます。

幸いな事に持ち歩きも便利なサイズ感がありますし、紙のノート代わりとしても利用できるアプリがあるので十分に活用できると思います。

 

紙のノート代わりとして使える

iPadを勉強に活用する場合では紙のノート代わりとして利用する方法を選択する場合も多いのではないでしょうか?

その理由としてはノートアプリが充実していたりするのも1つの理由に含まれます。

無料・有料で利用できるアプリどちらが良いのか?は実際に使ってみないと一概には何とも言えません。

でも、人気のあるノートアプリは有料で利用できる場合が多いのが実情になるため、このぐらいの出費は致し方ないのかも知れません。

 

Split Viewで画面2分割できる

iPadを勉強や学習に活用する場合では、アプリを画面の左右に配置できるSplit Viewという機能も利用できます。

これは果たして本当に便利なのか?と言えば実際には賛否両論になります。もし、12.9インチサイズのiPad Proを所持している場合では便利に使えると思います。

それに対して、11インチ以下のiPadの場合では、この機能を利用しても便利に感じない場合が多いです。

 

iPad勉強活用に必要な物はApple Pencil

ここでは、iPadを勉強や学習に活用を考えている場合ではApple Pencilも必要になるについての内容になります。

Apple Pencilなどのスタイラスペン

iPadを勉強に使う場合では、どのような方法を選択するのか?によっても変わって来ますが、おそらく手書きできるツールは必要になるのではないかな?と個人的に考えます。

手書きできるツールと言えば、Apple Pencilが該当するのですが、たぶんこれは必須になると思います。その理由としてはiPadと連携し易いというのが理由の1つになります。

でも、ペン先に限って言えば消耗品になっているため、頻繁に使っているとペン先が摩耗します。摩耗している状態で使っていると中から芯が出てきてディスプレイを傷付けます。

そのため、定期的に交換も必要になるのがデメリットに感じます。

 

iPad対応スタイラスペン

Apple Pencilの場合は純正品なので価格もそれ相応の値段になります。もっと安価な物で対応したいという場合では市販のiPad対応スタイラスペンを購入するのも1つの方法です。

交換用ペン先が付属していて助かるのですが1~2つなので結果的には何回も交換して利用できるという訳でもないです。

それにペン先が細かったり、書き心地が良くなかったりするので、こちらも定期的に買い換えも必要になるのではないか?と思います。

 

キーボードケースは必要ない

勉強活用に利用する場合ではキーボードケースも有った方が良いと考える場合もありますが、これは必要ないと思います。

それこそ、キーボードが必要ならパソコンを活用した方が全てにおいて最適です。何故か?と言えば、iPadでキーボード入力しても、パソコンと同じように変換されるとは限らないからです。

そもそもパソコンで利用しているIMEはiPadも同じなのかな?これは違うと思います。

 

iPad勉強活用ではノートアプリも重要

ここでは、iPadを勉強活用に利用する場合では、紙のノート代用として利用する事になるので、ノートアプリ選びも重要になるについての内容になります。

ノートアプリ

iPadを勉強や学習の用途に使う場合では、Apple pencilなどのスタイラスペンの他にノートアプリも必要になります。

紙のノートをiPadで代用する事になるため、実際にApple Pencilで使ってみて便利に感じるのか?という部分が重要になります。

ここを妥協してしまうと結果的に継続して利用しない場合もあるため、可能ならば自分にとって最適に感じるアプリを選択した方が良いです。

人気があるノートアプリを選択するのも1つの方法になりますが、人気があるからと言って、自分が使えば使い勝手も良いのか?というのは流石に分からないですから実際に試してみるのは疎かにしない方が良いです。

 

ノートアプリをどのように使うのか?

ノートアプリを利用する場合では、iPadでどのように使うのか?も使い勝手に少なからず影響が有ると思います。

というのも、iPad Split View勉強方法なる選択が有るのですが、この方法で学習に活用する場合ではiPadのサイズも関係あります。

全画面表示で利用するのか?それともSplit View画面2分割の機能を使うのか?よく考えた方が良いです。

ノートアプリは全画面表示で利用した方が良いと個人的に考えます。

iPad OneNote for iPad 使い方(操作方法)
皆さん こんにちは! iPadを所持している場合では、色々な用途で利用していると思いますが、具体的にはどのような用途で利用しているのかな?も気になる要素の1つに該当します。 その理由としては、有れば便利に使えるけれども無...