iPad2台持ち活用!便利に使えるのはiPad Proとmini

iPhone iPad 活用
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを便利に使っていると、毎年のように新しい魅力的なiPadシリーズも発売されますが、この時に欲しい!と感じる事も多いのではないでしょうか?

既に愛用しているiPadが有る状態ですから、この状態で購入すると確実に1台が余ってしまいます。下取りに出して購入する展開にが望ましいです。

でも、下取りに出さないで、2台持ち活用してみよう!と考える場合もあります。果たして便利に使えるのかな?

今回の記事は『iPad2台持ち活用!便利に使えるのはiPad Proとmini』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad2台持ち活用(併用)する場合がある

ここでは、色々な事情でiPadを2台持ち活用する場合があるについての内容になります。

iPad買い増し

iPadを2台持ちする可能性が高いのは買い増しが該当すると思います。特に現在、愛用しているiPadが有るのにも関わらず、新しい魅力的に感じるiPadが発売された場合が特に可能性が高いです。

どんなに愛用していても、新しいiPadシリーズは自分にとって魅力的なので、このような衝動は実際に「購入する」又は「諦める」まで継続する事になります。欲しくて欲しくて仕方ない場合では購入する展開になると思います。

 

使い分け

自分の仕事でiPadが必要と感じる場合もあります。特に自宅ではメインとなるiPad Pro 12.9を利用し、外出先ではiPad miniを利用するといった使い方が想定できます。

サイズの異なるiPadは本体重量も異なるため、併用しても不思議と受け入れられる場合が多いです。

そのため、自宅用と外出用に使い分ける用途で2台持ちする場合も有ると思います。

 

家族が購入

個人がiPadを2台購入するのではなく、家族がiPadを購入するパターンも十分に考えられます。この場合では不思議と、家族が使っているiPadが気になってしまうものです。

特に最新型だったりすると、興味関心はそのiPadに移ってしまうため、欲しくなってしまう場合も多いです。もしかすると、なんだかんだ理由を付けて購入したりするのかな?

 

スポンサーリンク

iPad2台持ち活用するメリットは有るのかな?

ここでは、iPadを2台持ち活用する場合のメリットについての内容になります。特に新しいiPadを買う場合は重要な要素の1つです。

サイズの異なるiPadは使い分けできる

サイズが明らかに異なるiPad Pro 12.9インチiPad miniの組み合わせの場合では、本体重量も異なりますし、サイズも違うので使い分けできる可能性が高いです。

どうしてなのか?と言えば、このようなパターンでは、自宅用と通勤などの外出用に使い分けると両方ともメイン用途で利用できるため、宝の持ち腐れにならない可能性が高いからです。

その反面、両方のiPadのうち、どちらか?一方をサブとして扱ってしまうと、メインで使っているiPadを好んで利用する事になるため、何の目的でiPad2台持ちしているのか?良く分からない状態になります。

 

同じサイズでも用途別に使い分けできる

同じサイズや近いサイズの組み合わせでの使い分けも行う場合がありますが、基本的には用途で使い分けるのであれば、全然問題ありません。

但し、用途が被ってしまう可能性は否定できないため、確実にオンリーワンの使い方ができるのか?が運命の分かれ道になるのではないか?と個人的に考えます。

うまく使い分ける事が出来れば結果として、iPad2台持ち活用は成功と言えると思います。

 

ゲーム用途に使える

複数のiPadを使い分ける活用を行う場合では、複数のiPadは両方ともメイン用途で利用しないと継続できません。これを解決する手段として、スマホゲームをiPadで行う活用方法が最適です。

スマホのバッテリー持ちの改善にも繋がりますし、ゲーム専用iPadとしても利用できるようになるため、一石二鳥になります。

 

iPad2台持ち活用のデメリットは何かな?

ここでは、iPadを2台持ち活用する場合のデメリットについての内容になります。メリットが有るという事はデメリットも有るの裏返しになるため、十分に考慮しないといけません。

用途が被る

iPadを2台持ち活用する場合のデメリットは、用途で使い分けしていても、用途が被ってしまう事ではないでしょうか?自分では、ちゃんと使い分けできていると考えていても、実際には被っている事も珍しくありません。

用途が被ると、必然的に統廃合も考慮する事になるため、とりあえず現状維持はするのですが、1年後はあまり使っていないというパターンが多いです。

そのため、2台持ちしていても用途が被っている認識をしたタイミングで一本化を検討しても良いのではないか?というのが個人的な見解になります。

その結果として、やっぱり2台持ちが良い!と判断する場合もあります。

 

メインのiPadしか使わなくなる

iPadを2台持ち併用の場合では、メインサブの2種類に使い分ける方法が多いと思います。この場合のデメリットとしては、サブとして扱われているiPadの出番が少ない事に尽きるのではないでしょうか?

そもそもiPadはタブレット端末ですが、日常生活の必需品でもあるスマホと異なり、有れば便利だけれども無くても困らないグッズやガジェットに該当します。

その結果、サブの用途なので、いずれ使わなくなる可能性があります。気が付いた時にはバッテリー切れになっていた!というのも珍しくありません。

 

活用方法で悩む

iPadを1台所持している場合も使い道に悩む展開が訪れるので、2台持ちしている場合では余計に活用方法に悩む展開が待ち受けています。

どうしてか?と言えば、自分の思い描いたイメージで使えなかったりすると、何に利用すれば最適なんだろうか?となるのである。

この場合では、いたずらに時間だけが経過していく感じが多いです。

 

iPad ProとiPad mini併用は便利に使える

ここでは、iPadを2台持ち活用する場合はiPad ProとiPad mini併用が最適についての内容になります。

iPad 2台持ち活用は、あくまでも便利に使える

iPadを2台持ち活用が成功する可能性が高いパターンとしては、iPad ProiPad mini併用による活用方法がありますが、必ず成功するという訳ではないので注意が必要です。

というのも、iPadは必需品ではないので、便利に使うのであれば、この2台の組み合わせならば便利に感じるという事になるからです。この活用方法が成功するのか?は適切な用途が有るのか?に尽きます。

適切な用途が有ったとしても、メインとサブの用途で使い分けるのは良くないです。2台ともメインの用途で平等に扱わないと、1年後も継続して利用しているのか?分かりません。

重要なのは、iPadを2台持ち活用の継続性です。継続する自信が無いのであれば、2台持ちは成功しないので素直に、1台のiPadを使い倒す方が良いです。

 

実際には1つのiPadで十分の内容

iPadを2台持ち活用しても、実際には1台のiPadで事足りる場合が多いです。それなのにも関わらず2台に使い分けているのである。

果たして本当にこのような使い方が活用と言えるのだろうか?と思うのは気のせいでしょうか?自分では活用していると思っていても、実際には活用ではなかったりするものです。

気が付いた時にはバッテリー切れになっていた!という事が発生したタイミングで迷わず一本化した方が賢明の選択です。