iPad活用「1つのApple ID」で複数iPad使用方法

iPhone iPad 活用
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

新しいiPhoneやiPadが発売されると不思議と魅力的に感じる場合も多いですが、どういても欲しくて仕方がないといった衝動になる場合もあります。

このパターンでは実際に購入するまで頭の中がiPhoneやiPadになっているので購入する展開になるのでは?買うのは個人の自由なので何ら問題ありませんが、本当に使いこなせるのかな?という部分を考慮した方が良いです。

機種を買い換えるのであれば何も問題ないのですが複数のスマホやタブレット端末を活用する選択を行った場合は併用しないといけないですから大変だと思います。

今回の記事は『iPad活用「1つのApple ID」で複数iPad使用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを買い換えると2台持ちになる場合あり

ここでは、既に愛用しているiPadが有るのにも関わらず、新しいiPadを購入する場合では2台持ち活用する場合もあるについての内容になります。

iPad買い換え

iPadを機種変更する場合では買い換えになりますが、この時に今まで愛用していた機種を下取りに出して新しくiPadを購入するのか?それとも下取りに出さないで手元に置いておくのか?が運命の分かれ道になります。

下取りに出せば、確実に今まで通りに運用できるのに対して、手元に置いておく選択を行った場合では複数のiPadを活用するか?それとも処分するのか?の選択を迫られます。

OSのサポート期間が切れてしまっている場合では手元に置いてもあまり意味がないため、処分するのも1つの方法になります。でも活用する選択を行った場合ではiPad2台持ちした場合の活用方法や使い道を考えないといけません。

 

iPad買い増し(追加購入)

iPadを追加購入する場合もありますが、この場合では家族が利用する 又は 個人が利用するの2択になります。家族が使うのであれば何も問題はないのですが個人が複数のiPadを使うのはどうなんだろうか?と微妙にな気分になります。

どうしてなのか?と言うと、普通に使い余してしまう可能性が高いからです。今までは1つのiPadを使っていたので便利に利用できていた訳なので、今まで通りに使えると思ってはいけないと思います。

今後は複数のiPadを活用しないといけないので普通に考えて大変の一言に尽きます。とはいえ、仕事でどうしてもiPadを使い分ける必要性に迫られる場合もあるので、このようなパターンでは活用できる可能性があります。

 

スポンサーリンク

iPad2台持ちしても活用は意外と難しい

ここでは、iPad2台持ち活用するのは簡単に見えて、実はそんなに簡単ではないについての内容になります。

iPadを2台持ち活用は簡単に見える

iPad2台持ちして利用する事に付いては何も難しくないですし、誰でも簡単にできるので、安易な考えでこの活用方法を行ってしまう場合も意外と多いのではないでしょうか?

でも、使うのではなく活用となると話は別になります。少なくとも活用なので「2台のiPad」を上手く使う必要 及び それを行うにあたり短期的ではなく長期的な視野で行う必要があります。

短期決戦であれば簡単なのですが、継続的に利用となるとハードルが高いのではないか?と個人的に考えます。

 

実際にはとても難しい

iPad2台持ち活用を実際にやってみれば分かるのですが、頭の中では簡単そうなイメージになっていますが、実際にやってみると難しい又は 大変に感じる場合が多いです。

どうしてなのか?と言えば継続できないからです。時間が経過すれば経過するほど、興味や関心が薄れてしまうため、サブとして扱っているiPadを利用しなくなるのである。

逆を言えば、両方のiPad共にメイン用途で使えば、多少は持ちこたえる事ができると思いますが、基本的には愛用している方のiPadを好んで利用すると思います。

 

1つの用途に特化すると成功する場合あり

個人が2つのiPadを活用するのは難しいため、用途を1つに特化して2つのiPadを活用する方法があります。この場合のメリットとしては、確実に2つのiPadを利用できる。

デメリットは、色々な用途に利用できるのにも関わらず1の用途に限定する事になるため、非常に勿体ない使い方になってしまうという点に尽きます。

果たしてどっちの使い方が良いのか?は個々の判断に委ねるしかありません。

 

1つのApple IDで複数iPadの使用(併用)方法

ここでは、iPad2台持ち活用する場合に、1つのApple IDで複数のiPadを利用できるのかな?及び使用方法についての内容になります。

iPad2台持ち=Apple ID併用(使用)になる

iPad2台持ち活用では、Apple IDの併用も必要になります。Apple IDを併用する事で、iCloudの同期もできるため、iPadのデータが簡単に共有できるメリットがあります。

 

Apple ID 併用すると困る事もある

iPad 2台持ち活用で、Apple ID を併用する場合では、2台のiPadに同じアプリが勝手にインストールされてしまうデメリットがあります。特に用途で使い分けている場合では異なるアプリを入れておいた方が良いです。

どうしてこのような事が発生するのか?と言えば、Apple IDを併用すると、データ共有できるようになるため、複数のiPadで同じアプリがインストールされてしまうのである。

この状態をどうにか?しないと、iPad2台持ち活用は上手くいかないので、試行錯誤する事になります。実際には解決方法が有るのでそれを直ぐにでも実践すれば良いです。

 

Apple ID 併用デメリットの解決方法

2つのiPadで同じアプリがインストールされてしまうのは困る場合では、アプリの同期を「オフ」にすると解決できます。

それならば、どこでその設定を行えば良いのか?と言うと、設定を開いて「App Store」の自動ダウンロードの項目にある「App」スイッチをオフに設定すればOKです。

基本的にこの設定だけで良いので、iPadを2台持ち活用する選択を行う場合では、最初に設定した方が煩わしさがなくて良いです。

 

iPad Apple ID 併用の活用レビュー

ここでは、iPad2台持ち活用で、1つのApple IDで複数のiPadを利用してみた使用レビューや感想についての内容になります。

iPad OSのアップデートで設定が変わる場合あり

アプリの同期をオフに設定しても、iPad OSのアップデートで、いつの間にか?オンになっている場合が有るので、アップデート後はその都度、App Store の自動ダウンロードの項目(Appのスイッチ)をチェックした方が良いです。

この事に気が付いたのは、或る日、何となく、なんか同じアプリがインストールされているんじゃないのかな?と気が付いたからです。

自分ではアプリ同期の設定がオフになっているものという認識だったので、こんな事が有るのかよ!という気分になりました。

考えられるのはOSのアップデートになりますから、一度設定すればOKという感じだと後で、「えー」といった感じになる可能性あり。

 

Apple ID iPad併用のレビューや感想

iPad Air と iPad mini を利用しての2台持ち活用を約1年半ぐらい行った事がありますが、現在は1台のiPadをフルに活用する選択に切り替えています。

この時はiPad Airでデジタルノート活用、iPad miniでゲーム専用マシンという用途で1年半ぐらい継続できました。どうして2台持ち活用をやめたのか?と言うと、iPad miniのバッテリーが1日に2回ぐらい充電しないといけない状態になったからです。

バッテリー交換するよりも1台に集約して一本化した方が賢明の選択になると判断して、この時点で2台持ち活用は終了しています。