非常食3日分の備蓄!カゴメ野菜たっぷりきのこのスープ(レトルト食品)

非常食
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

防災の非常食というと、カンパンやアルファ米ごはん、フリーズドライ食品のごはんやおかずが真っ先に思いつきますが、どのような非常食を備蓄しているのか?とても気になります。

何故か?と言うと、自分ではベストに感じていても、他の家庭ではどうなのかな?といった感じで気になるのである。具体的にはどのようなバランスなのか?といった部分ですね。

ごはん・おかずは勿論なのですが、スープなどの汁物もどうなんだろうか?もたぶん関係あると思うのである。

今回の記事は『非常食3日分の備蓄!カゴメ野菜たっぷりきのこのスープ(レトルト食品)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

非常食3日分の備蓄!カゴメ野菜たっぷりきのこのスープ

ここでは、非常食3日分の備蓄(非常時における野菜不足の補完を目的)として購入したカゴメ野菜たっぷりきのこのスープについての内容になります。

カゴメ野菜たっぷりきのこのスープ

商品名称 : スープ

内容量等 : 160g

賞味期限 : 製造日から数えて5年間保存

調理方法 : 電子レンジで温める、湯せんで温める、常温で食べれる

開封時等 : 開封時に中身が飛び出る場合があります。

備考など : 開封時に切り口や袋のふちで手を切らないように注意

その他  : レトルトパウチ食品、直射日光を避け常温で保存

 

1袋160g当たりの栄養成分

エネルギー : 50kcal
たんぱく質 : 1.8g
脂質    : 1.0g
炭水化物  : 9.5g
糖質    : 7.6g
食物繊維  : 1.9g
食塩相当量 : 0.8g
カリウム  : 99mg

 

きのこのスープ 原材料

野菜(たまねぎ、マッシュルーム、ひらたけ、エリンギ、ピーマン、セロリ)、大麦、スペルト小麦、しょうゆ、しいたけエキスパウダー、オニオンソテー、大豆油、コーンスターチ、ごぼうピューレー、本みりん、キャベツ濃縮液、ドライトマト、食塩、ガーリックピューレー、チキンブイヨン、酵母エキス、マッシュルームエキス、香辛料、パセリ濃縮液、(一部に小麦・大豆・鶏肉を含む)

 

スポンサーリンク

5年保存できるカゴメ野菜たっぷりきのこのスープ

ここでは、非常食3日分の備蓄として購入したカゴメ野菜たっぷりきのこのスープの特長についての内容になります。

5年保存できる

この商品は5年保存できる長期保存食品です。5年保存できるので賞味期限管理も毎年のように行う必要がないので備蓄 及び 買い替えサイクルも考慮すると便利に感じます。

さらには常温でも食べれますし、もっと美味しく食べるのであれば電子レンジで「500W 1分30秒、600W 1分10秒」で温めればOK。

もう1つの方法として、湯せんにて温める事もできますから、風邪等も含めて体調不良で料理できない時に活用する用途にも助かります。

 

きのこのスープ

カゴメ野菜たっぷり豆のスープには3種類のきのこ(マッシュルーム、ひらたけ、エリンギ)がたっぷり入っている野菜スープになっています。

名前の通り、きのこがメインになりますが、これに加えて、野菜(たまねぎ、ピーマン、セロリ)も含まれているので、非常時における野菜不足の補完にも役立つ事ができるのである。

だからといって、過度な期待を抱くのは禁物です。というのも、きのこと野菜を含めても6種類程度なので、そんなにたっぷり種類が有るという訳ではないです。

 

常温でも食べれる

この長期保存のレトルト食品(カゴメ野菜たっぷりきのこのスープ)は、食器は付属していませんが、常温でも食べれる食品になります。美味しく食べるのであれば電子レンジや湯せん等で温める必要あり。

 

カゴメ野菜たっぷりきのこのスープの美味しい食べ方

ここでは、5年保存の常温でも食べれるレトルト食品のカゴメ野菜たっぷりきのこのスープの美味しい食べ方についての内容になります。

お湯で温めて食べる方法

① お鍋
お鍋の中に水を入れて温めて沸騰させ、お鍋のお湯が沸騰したら、レトルト食品の袋を封を切らずに熱湯の中に入れて3~5分沸騰させます。

 

② 取り出し
温まったら、菜箸やトング等で「野菜たっぷりきのこのスープ」の袋を取り出して、お皿に入れてから食べます。

 

③ 補足事項
湯せん後の開封は中身が熱くなっているため、やけどをしないように要注意。

 

電子レンジで温める方法

① 深めの容器
電子レンジで「野菜たっぷりきのこのスープ」を温める場合は深めの耐熱容器を用意します。

 

② 中身を移し替え
袋を開封して耐熱容器の中に中身を移し替えて、かき混ぜた上でラップをして温めます。

 

③ 温め時間
500Wで温める場合は約1分30秒、600Wで温める場合は約1分10秒となります。

 

④ 注意事項
電子レンジで温める場合の注意事項としては、加熱中に食材などが急激な温度変化で破裂したり音がしたり、はねる場合があります。あと、ラップをとる時に熱くなった具やスープがはねる場合があります。

 

カゴメ野菜たっぷりきのこのスープのレビューや感想

ここでは、非常食3日分の備蓄(非常時における野菜不足の補完を目的)として購入したカゴメ野菜たっぷりきのこのスープの評価レビューや感想についての内容になります。

非常食ではない

買ってから気が付いたのですが、この商品(カゴメ野菜たっぷりきのこのスープ)は非常食ではないと思います。

何故か?と言うと、常温で食べれますが、食器が付属されていないので厳密に言えば、非常食には当たらないのではないか?と個人的に考えます。

あくまでも5年保存できる常温でも食べれる長期保存レトルト食品と言った方が正解なのではないかな?

というのも、非常食は食器不要でかつ「開封して直ぐにそのまま食べる事ができる」又は「簡単な調理で食べれる」食品を指すと個人的に考えているのでそのように思うのである。

でも、非常時といった場合では野菜も必要になるため、常温でも食べれる長期保存のレトルト食品の野菜スープも有ると便利に感じます。

非常食として購入する場合は、「食器はない」&「美味しく食べるのであれば温める必要あり」でも大丈夫なのかな?を考慮して購入した方が良いです。

 

きのこのスープの評価レビュー

カゴメ野菜たっぷりきのこのスープの評価としては、実際に食べてないので、味についての評価はできません。これ以外での評価とさせていただきます。

どうして食べないのか?と言えば、5年保存なので2~3年は経過してから試食してみたいというのが本音だからです。それまでは備蓄しておいて実際に食べてみて美味しかったら追加で購入すれば良いかな?と個人的に考えます。

次に野菜たっぷりきのこのスープという名称はちょっとどうかな?と思います。野菜たっぷり豆のスープの場合ではそれなりに多くの野菜が含まれていたのですが、きのこのスープの場合はそんなに多いのかな?と感じてしまうからです。

とはいえ、美味しいのか?どうか?は別として、常温でも食べれるのは非常時に便利ですから、この観点で考慮するのであれば十分に評価できます。

非常食3日分の備蓄!カゴメ野菜たっぷり豆のスープ(5年保存)
皆さん こんにちは! 防災の非常食3日分として備蓄する場合では、何が必要に感じるのか?によって、自分なりの考えで選んで購入した上で備蓄するといった感じになると思います。 購入する時は非常食と書いてあるとそのままの表現を信...