カリマーのイクリプス27にサコッシュをバッグインバッグとして装備

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『カリマーのイクリプス27にサコッシュをバッグインバッグとして装備』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

カリマーのイクリプス27リュックについて

日常生活からレジャーや旅行まで便利に利用することが出来るカリマーのイクリプス27リュックになりますが、このリュックは汎用性が高いだけでなく、とても軽いのが特徴になります。オールラウンド型といった方が良いかも知れません。

 

軽量で分厚いショルダーがある機能的なリュック

イクリプス27は760gという軽さと分厚いショルダーを装備しているリュックになるため、背負っていてとても軽い印象になります。

実際に通勤や出張・旅行といった場面で使ってみると、この軽さと分厚いショルダーはとても恩恵を感じることが出来ます。

特に出張ではノートPCを持参する場合が多いため、1Kg以上あるPC本体をリュックに入れるとズッシリ感があります。

でも、とても分厚いショルダーのお陰で重さから来る両肩への負担を上手く軽減してくれる感じで最適です。重たい荷物を収納した場合でも快適に使えるリュックといった感じです。

また、分厚いクッションのあるPCホルダーを装備しているため、ノートPCを安心して収納することが出来ます。

 

イクリプス27のデメリット

とても軽量で分厚いショルダーを装備していてPCにも対応しているリュックのイクリプス27ですが残念ながらデメリットもあります。

これはどのバッグにも一長一短があるので仕方ない部分でもありますが、同じ用途で利用できるノースフェースのホットショット26Lと比べてしまうとその差は歴然になります。

一番のデメリットはオーガナイザーポケットを装備しているのにも関わらず、そんなに機能的ではないことです。気の利いたポケットを装備していない部分になります。

この部分に関して言えばホットショット26Lの方が最適です。

 

イクリプス27リュックにはサコッシュを装備を

日帰りや1泊程度の旅行ではリュック1つで行く場合が多いです。このような旅行では貴重品の管理も必要になります。そのような時にリュック内部にファスナーポケットがあると重宝します。

 

サコッシュを装備した方が良い理由

イクリプス27には機能的なポケットが充実していますが、メインルームやオーガナイザーポケットの内部に小物等を管理することが出来るファスナーポケットが装備されていません。

国内旅行では別にこれでも問題ありませんが、流石に海外旅行には不向きと言わざるを得ません。そこでリュックの軽量さを犠牲にしてでもパワーアップが必要になります。

リュック本体重量は760g程度のため、1Kg未満になるように装備できれば旅行のリュックとして機能させることが出来ます。

旅行のリュックはなるべく軽量であることが求められるため、可能な限り圧倒的な軽さを犠牲にすることなくパワーアップを図りたいです。

 

臨機応変に対応できるバッグインバッグ

旅行のサコッシュをイクリプス27に装備する場合、どのような用途で利用することになるのでしょうか? ただ単にメインルームやオーガナイザーポケットのバッグインバッグとして使うのではちょっと勿体ないです。

旅行用のサコッシュの場合はショルダーベルトを装備しています。必要に応じてそのまま持ち出すことも可能なのです。

メインでの利用はバッグインバッグとして使い、空港や飛行機の機内といった場面ではショルダーバッグとして利用するのが最適です。

また、海外の施設では、A4サイズ未満のショルダーバッグじゃないと館内に持ち込むことが出来ない場合もあります。このような場合に貴重品等を収納できるサコッシュがあると便利です。

 

スポンサーリンク

 

イクリプス27リュックに最適なサコッシュは何れ?

リュック本体内部にファスナーポケットがないカリマーのイクリプス27は海外旅行には不向きな感じのバッグになりますが、旅行用のサコッシュを装備することによって劇的にその状況を改善させることが出来ます。

 

ポケットが多いサコッシュ

旅行のサコッシュにはファスナーポケットが多いです。このようなサコッシュバッグであれば、イクリプス27リュックのバッグインバッグとして装備しても問題ありません。

旅行では色々な小物アイテムを管理する必要があります。それなのに気の利いたファスナーポケットをリュック本体の内部に装備していないイクリプス27は、このような管理に不向きです。

でも、旅行のサコッシュを常備しておけば、色々な小物管理に利用できるだけでなく、必要に応じてショルダーポーチのように利用することも可能になります。

旅行では臨機応変さも求められることになるため、対応できるように対策も必要になります。

 

karrimor trek carry sacoche

とても軽量なリュックなので旅行用のサコッシュ(250g)を装備した場合でも1Kg程度の重量を維持することが出来ます。

でも、これでは何のために軽いリュックを購入したのか?という事になってしまいます。少なくともバッグインバッグとして装備するサコッシュは超軽量であるべきです。

このような場合に trek carry sacoche は最適です。本体重量は僅か85gという圧倒的な軽さなので常時装備した場合でもリュック本体重量は845g程度になります。

これならば軽さを犠牲にすることなくリュックを機能的にパワーアップさせることが出来ます。

 

カリマー軽量リュック&分厚いショルダーのイクリプス27レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『軽量でショルダーが分厚いカリマーのリュック(イクリプス27)のレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カリマーのイクリ...

コメント