カリマーのトレックキャリーショルダーポーチの活用方法を考える!

ポーチ等

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『カリマーのトレックキャリーショルダーポーチは主にスマートフォンを収納する目的で利用するリュック取付ポーチになりますが、この用途以外での活用方法を考えてみる』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

トレックキャリーショルダーポーチの主な用途

カリマーのスマホ収納ポーチは40gという超軽量でありながら、リュックのショルダーに装着する事が出来る小さめなバッグになります。この用途が全てと言った方が正解なぐらいです。

 

リュックのショルダーに取付するポーチ

カリマーの trek carry shoulder pouch はリュックのショルダーに装着する事が出来ます。そのように装着するのか?というと、付属のカラビナとゴム紐で上下左右を固定する事になります。

カラビナを引っ掛ける位置が悪いとポーチのポジションが肩付近に近くなってしまうため、取り出しは行えても収納するのが大変になってしまう場合もあります。

このような場合ではカラビナをネストさせて装着位置をベストポジションになるように調整する必要があります。

自分にとって丁度良い位置でスマホの取り出し&収納が行えないと不便になります。

 

左右どちらのリュックのショルダーにも装着可能

このポーチの場合はリュックの左右どちらのショルダーにも取付できる優れ物になります。カラビナループが上下に装備されているのでカラビナを上下反対に取り付ければ左右どちらでも取り出し&収納が行えるようになります。

やっぱり利用者は必ず右利きとは限らないですから左右のどちらでも利用できるように配慮されているのが良い部分でもあります。

 

 

スマホを機種変更したら収納できなくなる場合もある

カリマーのトレックキャリーショルダーポーチを利用している場合で、6インチ以上のスマホに機種変更すると、このポーチに収納できなくなってしまいます。

6インチ丁度ならば無理やり押し込めば収納できるのですが実際の用途ではこのような使い方は出来ないです。

 

6.0インチサイズのスマホは収納できる

あくまでも収納できるサイズとしては 160mm × 85mm の範囲内のスマホであれば収納する事ができますが、決して楽に収納できるという訳ではありません。

無理やり押し込んで収納するといった感じになるので実際に片手で収納するのであれば、もっと小さいサイズのスマホが最適になります。

とはいえ、伸縮性が良好なので、多少サイズが大きくても詰め込んでしまえば収納できるポーチになりますから、リュックのショルダーに装着できるポーチとしては重宝します。

多少本体に厚みがあっても十分に収納できるのでコンデジなどのデジカメも問題ありません。

 

6.0インチ以上のスマホに変更した場合

スマホを新しく購入した場合で今までと同じサイズならば収納する事が出来ますが、必ず同じサイズを購入するとは限りません。

6.0インチ以上のスマホに変えてしまうと収納できなくなってしまうため、他の収納ポーチを購入する事になってしまいます。

このような場合では、まだ使えるのにも関わらず利用する用途が無くなってしまう事になります。壊れているのであれば廃棄処分しても良いですが、カリマーの製品は、2〜3年程度ではびくともしないぐらい、しっかりしているので捨てるのは勿体ないです。

何か別の用途で活用できれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

利用しなくなった場合の活用方法も検討した方が良い

リュックのショルダーに取付できるポーチの場合では利用しなくなった場合の事も考慮しないといけません。何か別の用途で活用しないと自宅の押入れ等に眠ってしまう事になるので勿体ないです。

 

活用方法を検討

① 財布として活用
財布として再利用する事も可能になりますが、この場合はちょっと不向きになります。本体内部には仕切りポケットが何もないのでお金を紙幣と小銭といった感じで分けて収納する事が出来ません。

これでは小銭を入れたら、ジャラジャラ音がしてしまいます。

 

② カードやチケットケースに活用
持ち歩くのであればカードやチケットを収納しておくバッグインポーチに丁度良い感じになります。

僅か40gという軽さなのでショルダーバッグ等に収納して持ち歩いてもそんなに重たいといった感じにならないですから、違和感はありません。

 

③ コンデジ(デジカメ)の収納
旅行といえば旅の思い出写真を撮影するカメラを持参する事になります。旅行のカメラはスマホで十分という場合もありますが、デジカメを持参する場合も有ると思います。

このような場合ではデジカメ収納ポーチとしても十分に役割を果たせるのではないか?と考えます。

 

ウェストポーチのバッグイバッグとして活用する

一番良さそうに感じるのがウェストポーチのバッグインバッグとして再利用する方法になります。

何故なら、ウェストポーチの場合は容量が4L以下の場合が多いのでバッグ本体のサイズも小さめになります。

このような小さめなバッグの場合はメインルーム内にファスナーポケットを装備していない場合が多いですから、自宅の鍵などの失くしてはいけない物を収納するファスナーポケットとして丁度良いです。

さらには、ポーチの両サイドにカラビナループがあるのでウェストポーチ本体と接続する事も可能になります。

 

カリマー超軽量トレックキャリーショルダースマホポーチのレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『カリマー超軽量トレックキャリーショルダースマホポーチのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カリマー・トレックキャリ...

コメント