飛行機に持参の身の回り品バッグはカリマーVT hip bag R

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『飛行機の機内に持ち込む身の回り品バッグはカリマーの VT hip bag R』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行にウェストポーチは不向きなバッグ

海外旅行に持参するサブバッグとしてウェストポーチは不向きなバッグになる場合が多いです。どうしてなのか?というと特性上の観点から考慮すると防犯対策がイマイチになるからです。

 

どうして不向きなのか?

ウェストポーチを海外旅行で利用している人も居ますが、全体的には少ない方になるのではないか?と考えます。

何故なら、登山という場面では重宝するバッグになるのですが、海外旅行といった場面ではリスクを伴うバッグに該当する可能性が高くなります。

特にウェストポーチの場合ではウェストベルトがバックル接続になっているため、この部分を外されてしまうと簡単に盗難されてしまうからです。

逆を言えば、この部分の対策を施せば持参しても問題ないという訳になります。

 

安全対策を施せば持参してもOK

ウェストポーチの場合はウェストベルトのバックル部分が最大の弱点になりますが、この弱点をどうにかして克服しない限り、海外旅行に持参するのが難しくなります。

特に海外では日本国内と治安状況が異なるため、スリの専門家も多く居ると思います。それこそウェストポーチを持っている人を見かけたら真っ先にターゲットにされてしまう可能性も否定できません。

もし、ターゲットのされてしまった場合でも2〜3重の備えを施しておけば簡単には盗難の被害に遭わない可能性が高くなります。

とはいえ、個人レベルで行える安全対策というのは限りがありますし、利便性を損なうと逆に使いづらくなってしまうので難しい感じになります。

 

カリマー VT hip bag R はサブバッグに最適

筆者の場合はカリマーの VT hip bag R を海外旅行のサブバッグに利用しています。海外旅行にウェストポーチは基本的にやめた方が良いのですが、利便性を考慮した結果の判断になります。

 

VT hip bag R は2way仕様

このバッグの良い部分は2way仕様であるという部分になります。通常の状態ではウェストポーチとして利用できるのですが、付属のショルダーベルトを装着するとショルダーバッグとしても利用する事が出来ます。

必要に応じて、ウェストポーチショルダーバッグを使い分ける事が出来るので利便性が高くなります。

観光用のサブバッグとして利用する場合は多少面倒な感じになりますが、付属のショルダーベルトを装着して斜め掛け+ウェストベルトというパターンで使っています。

このようにする事で利便性は損なわれますが、防犯対策としてショルダーベルトを利用する事が出来るので特にセキュリティ対策を施さなくても何とかなります。

 

旅行では過信は禁物

ショルダーベルトとウェストベルトの両方で対策しているからと言って、過信は禁物になります。過信した時点でもう勝負は着いている状態になってしまいます。

ショルダーベルトも簡単に外されてしまう可能性も高くなるので、それ相応の対策も必要になります。

 

ショルダーバッグも兼ねるウェストポーチ

必要に応じて、ショルダーバッグとウェストポーチを臨機応変に変更できる魅力というのは実際の旅行で使ってみると全てが魅力的に感じます。

持ち方を自由に選択するできる幅が広がるというのは、それだけで大きな魅力になります。混雑している場所ではコッチ、人が少ない場所ではアッチ、ショルダーバッグのように使いたいといった感じに自由にアレンジできるので旅行では色々と重宝します。

 

スポンサーリンク

 

ウェストポーチは飛行機の機内に丁度良い

実際の海外旅行では飛行機の機内が一番便利に使えるのではないかな?と考えます。というのも、機内でトイレに行く場合に身の回り品のバッグも一緒に持参しますが、この時に揺れる場合もあります。

 

飛行機ではウェストポーチが便利

① トイレに行く場合
機内のトイレに行く場合に稀に飛行機が揺れる場合があります。このような場合では、ウェストポーチを斜め掛けしていれば両手がフリーになるため、多少機内が揺れても、しっかりと両手で支える事が出来るので便利に感じます。

 

② ウェストポーチは比較的に小さい
トイレに行く場合にショルダーバッグが大きいと、こんな大きなバッグをトイレに持参するのか?といった感じになってしまいます。

でも、小さめなショルダーバッグであれば、このような違和感は発生しないため、安心してトイレに行く事が出来ます。

 

空港ではショルダーバッグとして利用できる

VT hip bag R は2way仕様のバッグなので空港では普通にショルダーバッグとして利用する事が出来ます。

ウェストベルトは本体の専用ポケットに収納する事が出来るため、だらーんといった感じに垂れ下がって見っともない感じになりません。

ショルダーベルトを装着すれば、何処から見ても普通にショルダーバッグにしか見えません。

 

入出国審査はショルダーバッグの方が良い感じ

実際に入出国審査を通過してみて感じた事は、この手続きの場合に関していえば、ショルダーバッグの方が使いやすかった感じになります。

 

カリマー2wayヒップバッグ VT hip bag Rレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『カリマーの2wayヒップバッグであるVT hip bag Rのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カリマー V...

コメント