キーボードシール(キートップラベル)レビュー!キーボード文字修復

スポンサーリンク
便利グッズ

 

皆さん こんにちは!

メインで利用しているWindowsノートPCでは、よく使っているキーボードのキーの文字が削れたりして見えなくなってしまう場合もあります。

このような場合では基本的にノートPCなので買い換えるという選択肢は出来ない事もあり、油性ペンで文字を書いて応急処置を施すようにしています。

それでも、まだ頻繁に消えてしまう場合では、流石に毎回のように書いて対応するのでは面倒ですし、煩わしいと感じるため、キーボードシール(キートップラベル)を購入しています。

基本的には油性ペンで書いて対応しているのですが、油性ペンで書いても、いつの間にか消えているので、流石にこのいたちごっこは面倒に感じます。

今回の記事は『キーボードシール(キートップラベル)レビュー!キーボード文字修復』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ノートPCのキーボードの文字が消える

メインで利用しているWindowsノートPCのキーボードの文字が消えてしまった場合に役立つのが、キーボードシールになります。キートップに表示されている文字や記号などが消えてしまった時に修復できるのが魅力的です。

日本語キーボードシール(キートップラベル)

サイズ : 180mm × 65mm
キー部 : 13mm × 11mm

シール : 全部で48枚

カラー : ホワイト(白地黒文字)、ブラック(黒字白文字)の2種類

備考等 : 日本語JIS配列

 

キーボードシールについて

キーボードの文字が消えてしまった場合に貼り付けると簡単に修復できる便利なグッズがキーボードシール(キートップラベル)になります。

日本語だけではなく、外国語などのラベルも選択できます。カラーはホワイト・ブラックの2パターンになります。

 

購入する場合の注意事項

キーボードシールを購入する場合では、実際に使用しているキーボードの1つ1つのキーサイズを確認してから購入するのが賢明の選択になります。

何故か?と言うと、シールのサイズよりもキーが小さいと貼り付けできないため、ちょん切ったりして加工が必要になるからです。これは流石に面倒に感じます。

 

スポンサーリンク

文字が見えなくなったキーボードを修復する場合

キーボードのキートップ文字が消えてしまった場合の対処方法についての紹介になります。現状では3つの方法が利用できます。

油性ペンで文字を書いて対応

油性ペンで書く方法が、お金も掛からずに済むので最適に感じますが、油性ペンで書いた場合でも文字が消えてしまうので、必ずしも最適な方法とは言い難いです。

実際に書いてからどのぐらいで消えてしまうのか?も考慮した方が良いので、サイクル的に問題なければ油性ペンで対応するのも1つの方法になります。

 

キーボードシールを貼り付ける

油性ペンで文字を書いた場合では、まさかの文字が消えてしまう展開も有る訳ですが、それならば、いっそのこと、シールに頼ってみるのも1つの方法になります。

キートップラベルであれば、貼り付けるだけで修復完了になりますから、簡単でかつ最適な方法に感じます。日本語JIS配列のキーボードシールを購入すれば問題ありません。

とはいえ、万能という訳でもないため、実際に購入する場合は使用しているキートップのサイズを確認してから買った方が良いです。

 

余っているキーボードを使う

文字が見えなくなったキーボードをどうにか?する場合では、新品に交換するのも1つの方法ですが、ノートPCの場合では新品に買い換えるのは厳しいです。

それならば、キーボードシールを貼り付ける 又は 余っているキーボードを利用するのも1つの方法になります。特にタブレット端末等で利用する機会があるBluetoothキーボードがあればワイヤレスで良いかも知れません。

 

日本語キーボードシールのレビュー

WindowsノートPCのキーボードの文字が消えてしまったので、日本語キーボードシールを貼り付けて修復しています。このキーボードシールの使用レビューとなります。

便利に感じる箇所

① 簡単修復
便利に感じるのは何と言っても、油性ペンなどで書かなくてもシールをペッタンするだけで簡単に文字が消えて見えなくなっキーボードのキートップを簡単に修復できる部分に尽きます。

 

② 見やすい
特に夕方から夜の時間帯になりますが、日が落ちて来ると段々と暗くなるので部屋の灯りが欲しくなります。この場合でも黒字なのにも関わらず意外と見やすいです。

 

イマイチに感じる箇所

このキーボードシールを実際にノートPCに貼り付けて入力を伴う作業にて使うと、指先が素晴らしいぐらいによく滑ります

シールの表面にはザラザラ感があるので滑り止めになっている感じもするのですが、このシール表面に対して、指先が慣れていないので、滑ってしまうのではないか?というのが個人的な見解になります。

慣れるまでは本当に入力するのが大変に感じました。実際に慣れるまでに要した期間は、約2週間になります。これは個人差があるため、1週間ぐらいで慣れる人も居ると思います。

 

シール貼り付けレビュー

1つ1つのシールラベルを剥がす場合では、簡単にシールカバーまで取れてしまうので、仮にこのようになってしまった場合は、シール部分を剥がすのにちょっと苦労します。

実際に3枚ほど、完全に取れてしまったので、ちょっと苦労しました。テンポ良くシールだけを剥がしてキーボードのキートップに貼り付けていった方が良いと思います。

どちらか?と言うと、切り込み線が入っているので取れやすい感じです。

 

キーボードシールのメリット&デメリット

文字が見えなくなったキーボードの修復・再生のキーボードシールを実際に貼り付けているのは、ASUS Zenbook 13になります。

メリット&デメリット

① メリット
油性ペンなどを使わないで誰でも簡単に使い慣れたキーボードを簡単に修復できる部分に尽きます。

 

② デメリット
キーボードシールをキーボードのキートップに貼り付けた場合では、使い慣れるまで、それ相応の期間が必要になります。これは個人差があるため、一律的に同じではないため、この期間は不便に感じます。

 

キーボードシールの実際の使用感

実際の使用感についても感じ方に個人差があるため、一概には何とも言えませんが、あえて言えば、シールを貼り付けると、今まで使いなれていたキーボードを利用しているとは微塵も感じません。

新しいキーボードを購入した感じそのままの状態でタイピングしているように感じます。

 

他のキートップラベルも必要に感じる

日本語JIS配列のキーボードシールを購入した上で、ノートPCに貼り付けて使ってみると、シールを貼り付けていない部分も必要に感じます。

何故か?と言うと、ちゃんとよく見ると、消えかけている感じの文字も実際にあるからです。それなのに、対応するシール・ラベルがないので、我慢するしかない現実が待ち構えています。