LCC機内で暇つぶしはイヤホンと音楽再生プレーヤー持参で過ごす旅

旅の知識・悩み

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『LCC機内で暇つぶしはイヤホンと音楽再生プレーヤー持参で過ごす旅』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LCCを利用する旅行では機内にエンタメがない

LCCを利用して海外旅行する場合に避けて通れないのが機内での暇つぶしになります。LCCの機内にはエンタメ設備が何もないですから、このような空間を過ごすのは一苦労です。

 

LCCの機内では寝て過ごすのが現実的な選択

自分の座席スペースを見渡して見ると快適に過ごせるようなスペースはありません。膝は前の座席に当たってしまうか?当たらないか?といった感じですし、前の座席の裏にはエンタメのディスプレイもありません。

エンタメがないということは、海外旅行であれば最低でも3時間以上のフライトになる場合が多い機内をどうやって過ごせば良いのだろうか?という不安でいっぱいになってしまいます。

寝て過ごすことが出来れば問題ないですけど、3時間以上寝るというのは意外と難しいです。自分は寝ることが出来ても隣の席の人がトイレに行く場合に起こされてしまう可能性もあります。

一度、目が覚めてしまったら最後、目がバッチリ開いてしまう方が多いです。

 

目が覚めてしまった場合の対策も必要

現地の空港に到着するまでずっと寝て過ごすことが出来れば一番良いのですが、なかなかそうもいかないのが現実です。

このような場合では暇つぶしできるグッズを持参した方が良いかも知れません。スマホの機内モードでも良いのですが、バッテリーを消費してしまうため、旅行中のスマホ利用に影響を及ぼす可能性があります。

そうなって来ると、スマホを使わずに何か暇つぶしできるアイテムが必要になります。音楽再生プレーヤーやゲーム機、タブレット端末が良い感じです。

 

LCCの機内では音楽プレーヤーとイヤホン持参が最適

LCCの機内で退屈な空の旅を過ごすにはお気に入りの音楽を聴いて過ごすのが最適になります。スマホでも良いのですが、バッテリーを消費するため、音楽プレーヤーの持参が良いのではないか?と考えます。

 

スマホでも音楽を再生できる

ミュージックプレーヤーなら、スマホでも十分だと思います。それなのにどうして音楽プレーヤーを飛行機の機内に持ち込む必要があるのでしょうか? という疑問も発生すると思います。

確かにスマホにイヤホンを装着すればお気に入りの音楽を聴くことが出来るので何も問題ありませんが、宜しくないことも発生します。

海外旅行では最低で3時間程度のフライトになりますから、この間ずっと音楽を聴いていたと仮定してスマホのバッテリーはどの程度消費されているのでしょうか?

スマホのモバイルバッテリーを利用している場合であればともかく、可能な限りバッテリーは温存しておきたいです。そうでもしないと、活躍したい時に活躍することが出来ません。

 

スマホではダメな理由

生活の必需品であるスマホは旅行でも必需品になっている場合が多いです。訪れる国や地域によっても異なりますが、鉄道や路線バスといった交通機関を利用する場合に必要な場面もあります。

さらには Google map といったGPSアプリを使う場合もあります。このようなGPSを利用するアプリを使うとバッテリーを消耗するため、なるべく現地に到着するまでは満タンの状態で維持したいものです。

やはり、そうなって来ると、機内の座席で聴くお気に入りの音楽だったとしてもスマホを利用しない音楽プレーヤーの方が最適です。

 

音楽プレーヤーとイヤホン持参を

飛行機の機内に音楽再生プレーヤーと有線接続のイヤホンを持参する場合であれば、スマホのバッテリーを消費することなく、お気に入りの音楽を聴くことが出来るため、退屈な空の旅でも快適に過ごすことが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

LCCを利用する場合は機内での暇つぶしは大切

LCCの機内では機内にエンタメ設備がないこともあり、退屈で暇な時間を過ごすことになります。退屈に感じていると自然にストレスも発生するため、イライラしたり疲労にも繋がります。そのため、機内での暇つぶし対策も必要になります。

 

機内で音楽を聴くメリット

LCCの機内ではエンタメ設備がないこともあり、退屈だな~という気分に陥ってしまう場合が多いです。一度このように思ってしまった時点からストレスを感じるようになります。

ストレスを感じてしまうと早く空港に到着しないかな~といった気分になってしまうため、結果的にイライラも発生してしまいます。

これでは楽しい旅行が台無しになってしまうため、退屈で暇な時間をストレスを感じることなく、リラックスな気分で過ごす必要があります。

このような場合に最適なのが、お気に入りの音楽を聴くことになります。

 

機内で音楽を聴く場合は音量設定に注意

飛行機の機内では静かな空間になっている場合が多いです。このような場合に音楽再生プレーヤーイヤホンでお気に入りの音楽を聴く場合に注意が必要です。

ただでさえ静かな空間では、音量次第では音漏れも発生します。音が漏れてしまうと周囲の人に迷惑を掛けてしまうことになるため、音量設定はとても重要になります。

特に普段から大きな音量で音楽を聴いている場合は要注意です。可能ならば、旅行に行く前に小さな音量で聴くように耳を鳴らしておくことも必要になります。

 

耳を休めることも必要

現地の空港に到着するまでずっと音楽を聴いて過ごすというのも1つの方法になりますが、これでは耳が疲れてしまいます。

耳を休めるということも必要になります。飛行機に搭乗したら直ぐに音楽を聴くのではなくて、最初は素直に寝て過ごし、途中で目が覚めて退屈な気分になったら音楽を聴くようにするのが最適だと思います。

 

https://asunao.com/entry/travel-smartphone-13/post-657/

コメント