Chromebook 2in1 IdeaPad Duet レビュー

Gadget

 

皆さん こんにちは!

新しいノートパソコンを買い換える又は購入する場合では比較検討する事もありますが、この場合にChromebookも検討候補の1つに入って来る場合があります。

何故だか?分かりませんが不思議と魅力的に感じてしまうのである。特に購入しようと決めているパソコンが有るのにも関わらず、そのパソコンよりも安価で購入できる場合が多いため、心が揺れ動いてしまう事も珍しくないのでは?と思います。

そのぐらい価格面で魅力的に感じる場合が多いです。それならば、どのようなパソコンなのか?というのも重要になりますが、Chrome OSを搭載しているパソコンという程度しか理解していない場合が多いです。

この程度の理解で購入すると、もしかすると便利に活用したくても、うまく活用できない展開に発展する場合も実際にあります。少なくとも、どのようなパソコンなのか?はある程度、調べてから購入することをお勧め致します。

今回の記事は『Chromebook 2in1 IdeaPad Duet レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

Chromebook 2in1 Lenovo IdeaPad Duet

ここでは、Chromebook Lenovo IdeaPad Duet の全般的な内容についての紹介になります。

Lenovo IdeaPad Duet 「PC性能」

本体CPU : MediaTek Helio P60T プロセッサー

本体メモリ : 4GB

基本ソフト : Chrome OS

ストレージ : 128GB eMMC

備考その他 : USB Type-C 2.0(DisplayPort出力機能付、DC-in機能付)×1

 

Lenovo IdeaPad Duet 「サイズ等」

モニター  : 10.1型 WUXGA IPS液晶(解像度 1920 × 1200ドット)

タブレット : 239.8 × 7.35 × 159.8 mm
ドッキング : 244.9 × 18.2 × 169.3 mm

本体重量  : 934g

 

3つのパーツから構成されるドッキング機構

① PC本体
キーボード着脱できるデタッチャブル 2in1 ノートパソコンになっているため、キーボードを取り外すとタブレット端末として利用できます。

 

② キーボード
デタッチャブルキーボードにはジェスチャー操作に対応しているタッチパッドが搭載されています。PC本体とドッキングする場合は、PC本体に近付けるだけでめぐネット吸着します。

 

③ 背面カバー
PC本体の裏側に背面カバーがマグネット吸着によるドッキングされています。この背面カバーにはキックスタンドが装備されているため、、角度を自由に調節できるようになっています。

 

2in1 Chromebook Lenovo IdeaPad Duet 機能

ここでは、Chrome OS を搭載している Lenovo IdeaPad Duet のデスクトップモード」と「タブレットモード」及び「ストレージ容量」についての内容になります。

デスクトップモード

デスクトップモードはキーボードをドッキングしている状態で利用できるモードになります。このモードでは、よく使うアプリをシェルフに追加しておく必要があります。

壁紙にはアプリのショートカットやファイルを配置できないため、この用途で活用したい場合では、アプリはシェルフに固定し、ファイルはシェルの中にあるトート機能に格納して利用する事になります。

 

タブレットモード(キーボードを取り外すと利用できる)

Lenovo IdeaPad Duet は2in1仕様のため、タブレットモードを利用できます。どのようにすれば利用できるのかな?と思うかも知れませんが、その方法は至って簡単です。

キーボードが着脱できるデタッチャブル仕様のため、キーボードを取り外すと自動的にタブレットモードになります。またキーボードをドッキングするとデスクトップモードになります。

このタブレットモードでログインやロック解除する場合では、Smart Lock解除が最適です。Androidスマートフォンを所持している場合ではこの設定を行った方が良いです。

あと、操作性もよくなるため、タブレットモードの方が便利に感じます。

 

ストレージ容量 128GB

Chromebookのデータ管理方法は他のパソコンと異なります。Chrome OS では、基本的にデータはクラウドに預ける仕様のため、PC本体のストレージ容量は少なめが多いです。

そのため、ノートパソコン本体にはストレージ容量を多く搭載されていない場合が多いです。だからといって、全てのデータをクラウドに預けると無料で利用できる15GBを超えてしまう場合があります。

これでは、困ってしまう人も実際に居るため、可能ならPC本体に搭載されているストレージ容量は128GB以上が望ましいです。

幸いな事に、Lenovo IdeaPad Duet のストレージ容量は 128GB 有るので助かります。

ただし、本体ストレージは、あくまでも一時的に保管する場所という位置付けになるため、その辺は注意した方が良いです。

 

Chromebook Lenovo IdeaPad Duet ノートパソコン

ここでは、主に外出先に持参する目的で購入した2in1仕様(デタッチャブル)Chromebookk Lenovo IdeaPad Duetについての内容になります。

Chromebook

① Chrome OS
Lenovo IdeaPad Duet はChromebookになります。Chromebookって何だろう?と思う場合もありますが、基本的には、Chrome OSを搭載しているパソコンになります。

 

② データ
Chrome OSの特徴として、データはクラウドに預ける仕様になるため、PC本体のストレージは少なめになっている場合が多いです。本体ストレージは一時的に保管する用途で利用します。

 

③ Google Chrome
Chromebookの特徴として、ウェブブラウザのChromeで何でもかんでも全ての作業を完結するパソコンに該当します。

Chrome拡張機能やAndroidアプリも利用できるため、足りない機能はこの2つで対応する事になります。

 

デタッチャブル仕様(キーボードが着脱できる)

Lenovo IdeaPad Duet は、キーボードが着脱できるデタッチャブル仕様ノートパソコンに該当します。タブレットPCと言っても良いのかも知れません。

というのも、キーボードを取り外すと、タブレットモードで利用できるため、キーボードがなくても便利に利用できます。

壁紙のデスクトップ画面にアプリ一覧であるランチャーが表示されるため、シェルフを使わなくても目的のアプリをピンポイントで起動できるメリットがあります。

タブレットモードからデスクトップモードに変更する場合では、キーボードをドッキングするだけで自動的にデスクトップモードに切り替わるので、こちらの場合も簡単です。

 

Bluetoothキーボードやマウスも利用できる

標準装備のデタッチャブルキーボードではなく、Bluetoothキーボードを利用する事もできます。

どっちが便利なのか?は正直のところ、よく分かりませんが、携帯性や入力のし易さを考慮して、自分にとって最適に感じるのであれば、この選択も十分に有りなのではないか?と思います。

因みにBluetoothマウスも利用できます。特に、USB Type-Cポートが1つしか搭載されていない場合では、Wi-FiワイヤレスマウスのUSBレシーバーを利用するにはUSB-Cハブが必要になるため、スムーズに利用という分けではないです。

このような場合ではBluetoothマウスが最適に感じます。

Bluetooth キーボード 折りたたみ タッチパッド付 レビュー(iClever IC-BK08)
皆さん こんにちは! iPadなどのタブレット端末で入力を伴う作業を行う場合ではキーボードが必要になりますが、iPad 純正キーボードである Magic Keyboard などの場合では本体重量も重たいです。 このような...

 

Chromebook Lenovo IdeaPad 評価レビュー

ここでは、仕事のサブマシンの用途で購入しているChromebook Lenovo IdeaPad Duet の評価・レビューについての内容になります。

Smart Lock解除は、イマイチに感じる

① 設定
Chromebookを起動すると、ログインする必要がありますが、この時に利用するのが3つのログイン方法の内の1つである「Smart Lock解除」を使っていますが、この設定は大変です。

というのも、Chromebookと連携するAndroidスマートフォンは同じGmailアカウントでログインしないといけないからです。この事に気が付かないと難何度やってもうまくログインできないという悩みに突入します。

 

② ログイン・ロック解除
次に、やっとの事でSmart Lock設定が済んでラッキーと思っているのは時期尚早です。

自分の頭の中で思い描いていたSmart Lock解除ではない事に気が付きます。瞬時にログインできると思っていたのですが、2~3テンポ遅れる感じになります。

でも、タブレットモード使用時はSmart Lock解除が一番便利なので一概には何とも言えませんが、ちょっとイマイチに感じます。

 

PC本体構造 レビュー

① ドッキング
本体とキーボードなどのドッキングは詰めが甘いです。マグネット吸着によるドッキングになっているので簡単で楽なのですが、キーボード着脱できるデタッチャブルキーボードがカチッとドッキングしない場合があります。

 

② キックスタンド付き背面カバー
背面カバーも兼ねるスタンドは、しっかりしているが故に重たいです。しかも片手で開閉する場合は、テーブルの上に置いて行う必要があるため、便利とは言い難いと感じます。

さらには一番寝かせた状態(開いた状態)で利用すると、ビョンビョン!と跳ねる感じになります。

 

③ キーボード
デタッチャブル仕様キーボードは薄っぺらいですが、ジェスチャー操作対応のタッチパッドを搭載しているので便利に感じます。

 

Lenovo IdeaPad 評価レビュー

PC性能は非力なので、ゲーム用途には向いていませんが、Chrome拡張機能も利用できるため、Google Chrome で何でもかんでも全ての作業を行う用途に向いているタブレットパソコンになります。

但し、ディスプレイサイズが10.1インチなので、流石にちょっと小さいと感じます。このサイズで入力を伴う作業は便利に感じないため、iPadのようにタブレット端末として利用できるのは正直のところ助かります。

評価としては、詰めの甘さが目立つので個人的な評価は低いですが、初めてChromebookを購入するといった場合では入門機としては丁度よ良いタブレットPCというのが個人的な見解になります。

 

Chromebook ログイン方法 使用レビュー

ここでは、Chromebookにログインする場合に利用するログイン方法についての使用レビューの紹介になります。

Gmailパスワード

初めてChromebookにログインする場合ではGmailパスワードでログインとなります。短いパスワードならば、特に問題ないですが、長めの場合では毎回のようにパスワード入力するのは大変に感じます。

可能ならば、他の2つのログイン・ロック解除方法を選択した方が賢明の選択になります。もし、Androidスマートフォンを利用している場合では、Smart Lockの設定を行った方が良いかも知れません。

でも、Smart Lockという名称ですが、そんなに素早くログインできないため、PINコードの方が良いのかな?というのが個人的な見解になります。

 

PINコードでログイン・ロック解除方法

① 設定
時刻をクリックすると通知ステータスが表示されますが、ここに歯車アイコンの設定があるのでクリックして開きます。

 

② セキュリティとログイン
設定を開いたら、「セキュリティとログイン」をクリックした上で、Gmailパスワードを入力します。

 

③ PINまたはパスワード
「スリープモードからの復帰時にロック画面を表示」でパスワードのみになっているため、「PINまたはパスワード」に変更します。

 

④ PINコード設定
PINを変更をクリックすると、6桁のPINコードを登録できます。

 

Smart Lock 解除でログインする方法もある

① 方法の紹介
Chromebookにログインする場合では、Gmailパスワードにてログインとなりますが、Androidスマートフォンと連携すると、Enterキーを押すだけでログインできるようになります。

Chromebook の近くにホーム画面が表示してあるAndroidスマートフォンが必要になります。ロックされている状態ではSmart Lockを解除できないのである。

 

② 前提条件
Smart Lock解除の設定を行う場合では、前提条件があります。ChromebookとAndroidスマートフォンは同じアカウントでログインする必要があります。両方とも異なる場合では、Smart Lock解除できません。

ASUS Zenbook 13 UX334 ノートPC レビュー(Windows11対応)
皆さん こんにちは! 2つのノートパソコンを2台持ち活用(併用)しています。両方ともメインで使用するパソコンになります。個人が2台のパソコンを使いこなせるのかな?と思っていましたが、どうにか?なるものです。 どのように使...