Lenovo IdeaPad Duet レビュー(Chromebook)

スポンサーリンク
ガジェット

 

皆さん こんにちは!

メインPCの用途ではWindowsノートPCを利用していますが、サブPCも使っています。iPad Air を購入する時に悩みに悩んだ 2in1 PC を購入してサブPCの用途で活用となります。

本来であれば、必要なかったのですが、iPadノートPC化でも対応するのが厳しかったので、新たにサブPCの用途での使い方が必要になった次第です。

つまり、iPadノートPC化ではサブPCの用途に向いていないという結論に到達してしまった訳である。

今回の記事は『Chromebook Lenovo IdeaPad Duetレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Lenovo IdeaPad Duet について

Lenovo IdeaPad Duet は、2in1 PC に該当するタブレットPCになります。搭載しているOSは、Chrome OSになるため、主にインターネットを利用するのがメインの場合に活用できます。

Lenovo IdeaPad Duet 本体詳細

display  : 10.1型 WUXGA IPS液晶(解像度 1920 × 1200ドット)

body size : 239.8 × 7.35 × 159.8 mm
Docking   : 244.9 × 18.2 × 169.3 mm

weight : 934g

 

Lenovo IdeaPad Duet PC仕様

CPU : MediaTek Helio P60T プロセッサー
メモリ: 4GB
OS : Chrome OS
eMMC : 128GB
USB : USB Type-C 2.0(DisplayPort出力機能付、DC-in機能付)

 

Chrome OS

Chrome OSってどんなOS?と思っている人は買わない方が良いです。基本的にデータはクラウドに保存しますし、利用できるアプリもChromeブラウザで利用できるアプリ 及び Androidアプリに限定されます。

Chromeブラウザで全て完結するといった使い方がメインになるのが特徴になります。

 

2in1 PC

Lenovo IdeaPad Duet は、Chrome OS を搭載した 2in1 タブレットPCになります。3つのパーツから構成されているため、全て分離する事もできます。

タブレット端末として使う場合では、天板&スタンドやキーボードを着脱した方が軽量で持ちやすいです。

 

スポンサーリンク

Lenovo IdeaPad Duet 一長一短も含めたレビュー

Lenovo IdeaPad Duet 長所&短所も含めたレビューについての紹介になります。あくまでも筆者の視点で気になった事や感じた感想になります。

残念に感じる部分

サブPCの用途ではサイズ的にバッチリに感じる IdeaPad Duet ですが、残念に感じる部分が1つだけあります。随所に見られる詰めの甘さな部分になります。

なかなかどうして、こんなに詰めが甘いのか?気になってしまいますが、おそらく安価で購入できるが故の仕方のない部分なんだろう?と思います。

その中でも一番詰めの甘さを感じる箇所は、キーボードをドッキングした状態で持ち歩く場合にピッタリフィットしないキーボードケースになります。

ディスプレイの上部付近にホコリが付着しやすくなります。

 

購入する場合は盲点に注意

① USB Type-C 2.0
USB Type-Cを搭載していますが、2.0 なのである。普通、USB Type-Cというと、3.1なんだろうな~と思うのでは? よく確認しないで購入すると、まさかの2.0にビックリする事になります。

 

② 起動時ログイン方法
顔認証指紋認証でのログインやロック解除に慣れてしまっている場合では、Chromebookのログイン方法に違和感を感じます。2種類から選択できるのですが、どちらもそんなにスマートではありません。

 

一長一短 及び レビュー

① 一長一短
Chromebook Lenovo IdeaPad Duet はドッキング機構を採用しているので、必要に応じて分離できるのが便利に感じます。その反面、ドッキング状態での詰めの甘さも目立ちます。

 

② レビュー
ログイン方法に関して言えば、メインで利用しているWindowsノートPCが顔認証によるログインなので、とてもスムーズなので、これと比較してしまうと、相当な違和感を感じます。

でも、Androidスマホによるログインも面白いのも事実なので、慣れてしまえば違和感は無くなると思います。問題は慣れるまでにどのぐらいの時間を要するのか?といったところなのでは?

IdeaPad Duetに関して言えば、手頃なサイズ感でかつ価格も安価なのでインターネット利用がメインであれば申し分ありません。

でも、Androidゲームをする場合は非力なので、iPadを購入した方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

Lenovo IdeaPad Duet 総合評価

IdeaPad Duet の総合的な評価についての紹介になります。あくまでも筆者の視点での評価になるため、参考になるのか?分かりません。

IdeaPad Duet 3つのパーツ

① ドッキング
本体とキーボードなどのドッキングは詰めの甘さが目立ちます。マグネット吸着によるドッキングになっていますが、着脱式キーボードについてもガチッとドッキングしますが、ピッタリフィットしない場合も実際にあります。

 

② スタンド
天板も兼ねるスタンドは、しっかりしているが故に重たいです。しかも片手で開閉する場合は、テーブルの上に置いて行う必要があります。

 

③ 評価
詰めの甘さがある部分が全てといった感じ。これをどのように評価するのか?は使用者の判断にお任せ。

 

IdeaPad Duet PC性能

① ストレージ
Chromebookの場合では、基本的にGoogle Driveにデータ保存になるため、本体ストレージは少ない場合が多いですが、IdeaPad Duetは、eMMC 128GBのストレージを搭載しているため、この部分は素直に評価したいです。

 

② CPU性能
とても非力なCPUを搭載しているため、メモリが4GB、ストレージが128GB搭載していてもメインPCとして利用するのは不向きだと思います。

 

IdeaPad Duet 総合評価

ログイン方法はイマイチ感がありますが、これは慣れればどうにかなるので特に問題ありません。細部の詰めの甘さに関して言えば、安価で購入できるので仕方ない部分になります。

以上の事を考慮した上で、総合的に考慮すると、メイン用途 及び ゲームマシンでは利用できないですけれども、それ以外のサブPCの用途では十分に使えるPCだと感じます。

 

 

Lenovo IdeaPad Duet 使用レビュー

メイン用途では利用できないIdeaPad Duetを実際にはどのように使っているのか?についての紹介になります。

インターネット&動画視聴

① ネット閲覧
今までは iPad Air 4 で、インターネット 及び 動画視聴を行っていたのですが、この用途をIdeaPad Duetに強制的に移管してしまいました。

何故か?と言うと、調べ物をする用途においては、キーボード入力が何だかんだ言っても便利なので、iPadよりも最適に感じます。

特に日本語変換は便利に感じているため、満足しています。

 

② Youtube動画視聴
Google Chrome なので、動画視聴はYoutubeを好んで利用していますが、iPad Air と比べると、スピーカーの位置が悪いかな?と感じます。音の響きがちょっと違うので、そのように感じます。

 

自宅で使う用途に向いている

今までは通勤に持参するタブレット端末として、iPad mini を利用していましたが、何度か実際に持ち歩いて確認しています。

でも、実際には重量がiPad mini の方が優れているので、完全な代用には至っていません。どちらか?と言うと、自宅で利用する用途に向いていると感じます。

特にそのように感じるのは、キッチンで料理の合間にレシピ調べ物といった使い方が快適に感じます。