LINE 使い方!手入力が苦手なら音声入力でメッセージ送信が便利

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

メッセージアプリのLINEでは手入力にてテキストメッセージを送信する方法と音声入力で送信する方法が利用できますが、どちらの入力方法を利用していますか?

どちらも便利に使えるのでケースバイケースにて利用といった場合も多いのではないでしょうか? どちらか?というとシニア世代の方々は音声入力の方が便利に感じるのかも知れません。

とはいえ、自分にとって最適に感じる方法でメッセージ送信するのが全てにおいて良いため、色々な方法を試してみると、また違った楽しみが発見される場合もあります。

そういった意味では手入力や音声入力を極めてみるのも良いのではないでしょうか?

今回の記事は『LINE 使い方!手入力が苦手なら音声入力でメッセージ送信が便利』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LINE 使い方!メッセージは手入力している?

ここでは、メッセージアプリのLINEを利用する場合にて入力にてメッセージ送信についての内容になります。

手入力にてメッセージ送信

手入力にてテキスト入力する場合では大きく分けて2つの入力方法があります。1つは、指先でタップして文字を選択する方法。もう1つはフリック入力になります。

どちら?が良いのか?については個々の判断に委ねますが、フリック入力に慣れた方が使いやすいのではないか?と個人的に考えます。

 

誤字脱字を送信してしまった場合

スマートフォンでメッセージ入力する場合では、スマホのキーボードに慣れる必要があります。使い慣れていない状態でメッセージ入力すると、誤字脱字も多くなってしまったりするのである。

とはいえ、使い慣れている場合でも間違って入力してしまう場合も普通にあるため、この場合では、相手がメッセージを読んでいないのであれば、メッセージを削除して、再送信する方法も1つの方法になります。

もし、先に読まれてしまった場合でも、たぶん相手は間違って入力したんだろう?と思うので、そんなに気にしなくても良いのではないでしょうか?

皆さん、このような経験はよくやっていると思います。

 

iPhone キーボード「日本語-かな」

今まで、Androidスマホを利用していた人が、iPhoneに乗り換えるとビックリするのがキーボード。「日本語-かな」が標準で利用できる状態になっていないので、このキーボードを追加する必要があります。

このキーボードを追加すると、今までと同じように日本語入力が行えるので便利に入力できるようになります。

 

スポンサーリンク

LINE 使い方!手入力でのメッセージが苦手な場合の対応

ここでは、LINEメッセージ入力する場合では手入力が苦手な場合についての内容になります。

手入力が苦手な場合もある

パソコンと異なり、スマートフォンで文字入力する場合では、自分ではちゃんとタッチして入力しているつもりなんだけど、実際に入力してメッセージ送信してみると、誤字脱字になっている場合があります。

これを何度か経験すると、スマホのキーボードでの入力が苦手意識に変わってしまう場合があります。この場合では、なるべくならばテキスト入力は行いたくない感じ。

スタンプに頼ってしまう傾向が高いのではないでしょうか?

 

フリック入力は慣れが必要

LINEメッセージを手入力する場合では。フリック入力にて入力する方法もあります。今まで、このような入力に慣れていない場合では簡単な反面、とまどいもあるため、うまく利用できない感じになります。

これを解決するには使い慣れるしか方法がないので、時間が解決するといった感じになります。そこまで待っていられないといった場合では、指先でタップして文字を選択する方法で入力するのが良いのではないでしょうか?

但し、この入力方法の場合では、タップしている間に間違って他の文字を選択する場合も実際にあるため、入力間違いの原因にも繋がります。必ずしも最適な方法ではないのでフリック入力に慣れた方が良さそうに感じます。

 

ユーザー辞書の整備

LINEでのメッセージ入力がうまくできない理由の1つに、自分が入力したい単語がピンポイントで候補に出てこない場合があります。

これを解決する方法として、ユーザー辞書を整備するのも1つの方法になります。

ユーザー辞書はスマホの設定からアクセスできるため、上手く変換できないといった場合では単語や挨拶、短文といった文章を登録しておいた方が便利に利用できると思います。

 

LINE 使い方!音声入力でメッセージ送信する方法も便利

ここでは、LINEメッセージ送信する場合にて入力ではなく、音声入力にてメッセージ送信する方法についての内容になります。

音声入力する操作方法

① 個別トークルーム
どこでも良いので、個別のトークルームを開いた上で、テキストメッセージを入力する所をタップします。

 

② マイク
画面右下に表示されているマイクをタップします。そうすると、音声入力ができるようになります。

 

④ 注意事項
テキストボックスの隣に表示されているマイクのアイコンは音声録音するマイクになるので、間違えないようにしてください。

 

音声入力を終了する操作方法

音声入力にてメッセージ入力を行った場合では、どうやって終了するのか?が分からないと二度手間を行ってしまう可能性があります。ここで言う二度手間とは何なのか?と言うと、トークに戻ってしまう事を指します。

音声入力を止めたい場合は画面右下に表示されているキーボードのアイコンをタップすると、日本語キーボードが表示されます。

このアイコンをタップしないで画面左上に表示されている戻るアイコンをタップするとトークルームを出てしまうので注意が必要になります。

 

音声入力のデメリット

LINEメッセージを音声にて送信する場合では、マイクに向かって自分の言葉で話した内容がそのままテキストボックスに入力されるので便利にかんじますが、必ずしも全てにおいて便利という訳ではないです。

というのも、確かに入力といった場合では便利なのですが、スタンプを送信する場合では音声にて対応できません。これは自分で好きなスタンプを選択して送信する事になります。

とはいえ、この程度であればそんなにデメリットといった感じではないので大丈夫かも許容範囲に含まれると思います。

 

LINE 使い方!音声入力と音声録音について

ここでは、間違いやすい音声入力と音声録音の操作方法の違いについての内容になります。

音声入力と音声録音は操作方法が異なる

メッセージアプリのLINEでは音声入力音声録音という2つの異なる利用方法があります。操作方法はそれぞれ異なるので混同する事は無いと思われるのですが、実際に音声入力してみると音声録音だった!といった場合が多いです。

というのも、音声録音のマイクがとても便利な場所にあるため、つい、このマイクを利用してしまうといった感じだと思います。頭では分かっているのですが、マイクのアイコンが似ているので紛らわしいと思います。

明確に区別できるようにして頂けると助かる感じ。

 

音声録音する操作方法

音声を録音してメッセージとして送信する場合では、どのように行えば良いのか?もきになりますが、この場合はとても簡単です。

個別のトークルームを開いて、テキストメッセージを送信する場合にタップするテキストボックスの並びにあるマイクのアイコンをタップすれば準備完了となります。

緑のマイクボタンを押しながら会話するように音声で話してからマイクボタンの指も離せば良いです。そうすると、テキストメッセージのように音声も送信されます。

送信した録音メッセージをタップすれば再生できます。

LINE 使い方!Keepメモはトークルームで利用できるメモ帳
皆さん こんにちは! 生活の必需品でもあるスマートフォンは色々な用途に利用できますが、メモを取る用途にも活躍します。何せ、いつも携帯していますから、サッと取り出してメモしたり、写真をメモ代わりに利用する事も簡単に行えます。 ...