LINEスタンプ審査!申請して結果が来るまでの時間はどのぐらい?

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

LINEで利用できるオリジナルスタンプを制作した場合では、売れるのか?も分からないのにも関わらず販売したい!と考えるようになります。

この場合では所定の手続に従い、スタンプを申請して審査を経て、承認されるように努力しないといけません。無事に承認されたらスタンプをリリースして販売開始となります。

でも、残念な事に必ずしも申請すれば承認されるという類の審査ではないため、リジェクト(審査落ち)になってしまう場合も実際にあります。このような展開にならないように審査ガイドラインも目を通しておいた方が良いです。

この時に審査に掛かる時間はどのぐらい掛かるのか?も意外と気になったりするものです。

今回の記事は『LINEスタンプ審査!申請して結果が来るまでの時間はどのぐらい?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

オリジナル仕様のLINEスタンプ作成の注意事項

ここでは、制作したオリジナルLINEスタンプの注意事項についての内容になります。

審査に落ちる場合もある

スタンプを制作して申請すれば直ぐにスタンプを販売できる!という訳ではないです。申請すると審査があるため、これに合格しないとスタンプ販売する事ができません。

たいていの場合は、審査ガイドラインに抵触している場合が多いですから、これに引っかからなければ問題ありません。とはいえ、一通り目を通していても、それでも審査落ちになる場合もあるので過信は禁物です。

仮に審査落ちになったら、修正して再申請する必要があります。

 

制作販売しても売れるとは限らない

オリジナル仕様のLINEスタンプを制作しようと思った時の心境としては、スタンプ販売を視野に入れていると思います。でも、実際にはスタンプを販売しても、自分の思い描いた通りの展開にはなりません。

購入するのは自分や身内程度になるため、淡い期待を抱いているとガックリ感が漂います。この事を承知の上で制作販売するのが賢明です。

やっぱり販売しても宣伝をどのように行うのか?が基本になるため、宣伝できるツールを持っているのか?や戦略も必要になるのが実情になります。

そのため、販売しても売上は全く気にしない姿勢が丁度よいのではないか?と個人的に考えます。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ審査!スタンプ画像のリクエスト審査

ここではスタンプを申請する場合に必要なスタンプ画像についての内容になります。

審査ガイドラインは読んだ?

制作したオリジナル仕様のスタンプ画像をリクエストする場合では、その前にしっかりと審査ガイドラインの熟読を行った方が良いです。

何だそりゃ?と思ったら、ググってちゃんと読みましょう!そうしないと、もしかすると、申請しても審査落ち(リジェクト)される可能性も否定できません。

ここに記載されている内容は重要なので、これから申請するスタンプ画像は問題ないのか?自分の目でチェックした上でスタンプ申請(リクエスト)した方が良いです。

因みに、審査ガイドラインのページには「絵文字ガイドライン」等も含まれています。

 

シリーズ化の場合は重複に注意

シリーズ化したオリジナルスタンプ画像を申請する場合も注意事項があります。もしかすると、審査ガイドラインに引っ掛かっている可能性もあります。

というのも、シリーズ化の場合ではスタンプ画像は使いまわしたい!と考えている場合も実際にあるからです。この場合では既にリリースしているスタンプ画像と重複してしまうので審査落ちになります。

利用しているイラストは同じでも、文字を変更するといった変更も必要なので、重複しているスタンプ画像の有無を要チェックした方が良いです。

可能なら一発で審査に通過したいですから、チェックは怠らない方が賢明です。

 

LINEスタンプ審査!申請して結果が来るまでの時間

ここでは、LINEスタンプをリクエストしてから、どのぐらいで審査結果が届くのか?についての荷内容になります。

初めての申請の場合

初めての申請では、「asunao ニンジンうさぎ JP」を申請していますが、この時は約15時間ぐらいで審査結果メールが届いています。24時間以内で審査・承認となるため、早く結果が届くのはありがたいと感じます。

というのも、審査落ち(リジェクト)されても審査が早いですから、その分、そんなに時間をかけずに修正して再申請も行えるようになるからです。

仮に、審査期間が長いパターンだと修正して、よくチェックしないと安心して再申請できませんから、より慎重な行動になってしまうのではないか?と思います。

そういった意味でも、24時間以内で審査結果が届くのは感謝といった感じです。

 

2回目以降の申請の場合

筆者の場合は、2回目もスタンプ申請しています。2回目は派生型の「asunao ニンジンうさぎの旅」というタイトルのスタンプです。

この時は、リクエストしてから、約6時間ぐらいで審査結果メールが届いています。既にリリースしているスタンプが有ると、2回目の審査も早いのかな?という印象になります。

もしかすると「asunao ニンジンうさぎ JP」の派生型と説明文に記載しておいたのが良い結果をもたらしたとも考えられるため、実際には理由はよく分かりません。

いずれにしても結果よければ全てよしなので、これはこれでOKです。

 

3回目の申請の場合

asunao ニンジンうさぎ TW」中国語(繁体字)バージョンもリリースしているのですが、3回目の申請の場合も審査・承認メールは約6時間ぐらいでした。

個人的な見解としては、既にスタンプをリリースしている場合では、審査時間も短縮するのかな?といった感じになります。

 

LINEスタンプ販売!承認されたら直ぐに販売とは限らない

スタンプを申請して審査をへて承認されたら、自動的に販売できると思っているかも知れませんが、自動的ではなく手動で販売となります。

リリースして販売開始

審査・承認メールが届いてラッキー!オリジナル仕様のスタンプ販売できる!と思っているとガックリするかも知れません。自分の頭のイメージでは承認メールが届いている状態なので既に販売できる状態になっているような感じ。

でも、実際には、販売開始お行うには手動でその手続を行わないといけません。手続と言っても「リリース」ボタンをクリックするだけなのですが、、これを行わないと販売スタートにはなりません。

可能ならば、リリースする前にスタンプ画像をもう一度チェックしておいた方が良いと思います。というのも、リリース後にスタンプ画像を差し替える場合では販売停止に追い込まれるからです。

これを避けるには、承認されていても、自主的に確認した方が良いです。

 

リリース後に販売停止は避けよう

オリジナルスタンプをリリースすれば安心ではないです。何故か?というと、リリース後にスタンプ画像が何かおかしい事に気がつく場合があるからです。

例えば、この部分の色は「この色」じゃないよな?とか、余計な「線」が入っているとか?制作した時点では気が付いていない凡ミスも発見されるものです。

このままの状態で問題ないならば別に良いんですけど、スタンプも商品に該当しますから、スタンプは差し替えた方が良いと感じる場合もあります。この場合では販売停止した上でスタンプ画像を差し替えて、再申請しないといけません。

それと、同じタイトルは利用できないため、タイトルを少し変更する必要があります。

LINEスタンプ申請の補足!スタンプ審査ガイドラインは熟読を
皆さん こんにちは! オリジナルのLINEスタンプをメッセージ等で利用したいな~と思った時に考えるのが、LINEスタンプを制作してみよう!といったパターンかも知れません。 この場合では、自分が必要としている個数のスタンプ...