LINEスタンプ審査!リジェクトとは?審査落ちにならないコツ

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

毎日のように利用しているメッセージアプリのLINEで利用するスタンプを制作した場合ではLINEに申請して販売できるように審査してもらう事になります。

この場合では、必ず審査に通過して承認するとは限りません。審査落ちになってしまう場合もあるのが実情になります。そもそもどうして審査落ちになるのか?自分では理解できていない場合もあるのでは?と思います。

皆さん誰しも、審査は一発で通過したいと考えますから、どうやったらスムーズに審査が通過するのか?コツを知りたいと感じる場合もあるのではないでしょうか?

今回の記事は『LINEスタンプ審査!リジェクトとは?審査落ちにならないコツ』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ審査!リジェクトとは?

ここでは、オリジナルのスタンプ画像を審査した場合にリジェクトになる場合がありますが、リジェクトとは何だろう?についての内容になります。

リジェクトとは?

LINEスタンプを申請した場合では、リジェクトになって承認されない場合もあります。この場合のリジェクトとは?いったい何ぞや?と思うかもしれませんが、簡単に言えば「審査落ち」になります。

つまり、申請したスタンプ画像は色々な理由で審査落ちになったという事になります。審査落ちになると、その理由も記載があるため、その部分を修正して再申請すれば良いです。

但し、修正したからといって、必ず承認されるという事でもないので要注意です。自分では指摘に沿って修正したのかも知れませんが、それでも修正が足りない場合もあるからです。

 

何回も審査に落ちる事もある

リジェクトになると、この部分がダメなので修正して下さいという記載がありますが、この指摘の通りに修正を加えても再申請すると、またリジェクトになる場合があります。

これはどうしてなのか?と言うと、審査側で考えている部分と自分の頭の中で考えている部分が異なっているため、同じように修正した場合でも、指摘の部分は修正されていないとなるのである。

そのため、何回も審査に落ちる場合では別の対策も検討した方が良いのではないか?と個人的に考えます。

 

別の対策とは?

どうしても審査落ちになってやる気喪失になってしまう場合もありますが、この場合では得意な人に制作を依頼してみるのも1つの方法になります。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ審査でリジェクトにならないコツはある?

ここでは、オリジナル仕様のスタンプ画像をLINEに申請して審査する場合にリジェクトにならないコツはあるのかな?についての内容になります。

審査落ちにならないコツはあるのか?

スタンプ申請すると約1日(24時間以内)に審査結果が届きますが、この場合では、必ず審査に合格している訳ではないです。不運にもリジェクトになって審査落ちになる場合も当然の事ですが実際になります。

どうして審査落ちになるんだろうか?といった感じになる事も珍しく有りません。幸いな事に具体的にどの部分がダメなのか?について指摘してくれますから、その指摘に沿って修正すれば問題ありません。

本来ならば、審査ガイドラインを一通り目を通した時に気が付いていれば良いのですが、すり抜けてしまう場合もあるため、仕方のない部分かも知れません。

可能ならば、熟読しておいた方が無難になるため、たぶん、コツは審査ガイドラインなのではないか?と個人的に考えます。

 

何度も審査落ちになる場合

オリジナルスタンプを制作した場合ではLINEに申請して審査を経て販売となりますが、この時に何回も審査に落ちてしまう場合も実際にあります。

このような場合では、どうすれば良いのか?も悩みのタネになってしまうのではないでしょうか?1つの解決方法として専門家に依頼するのも有りなのではないでしょうか?

例えば、スキルマーケットのココナラでLINEスタンプを制作してもらう方法が該当します。、

 

LINEスタンプで審査落ちにならないコツは審査ガイドライン

ここでは、オリジナルスタンプを申請する場合では、審査ガイドラインを熟読した上で申請した方が良いについての内容になります。

審査ガイドラインは重要

オリジナルのスタンプ画像をLINEに申請して審査してもらう前に行った方が良い事と言えば、審査ガイドラインの熟読なのではないでしょうか?

制作する前に一通り、目は通しているとは思いますが、これを怠った場合でも、実際に申請する前にそのチャンスが訪れるので、この時点でしっかり熟読しておけば問題ありません。

このチャンスでも読まなかった場合では、もしかすると、審査に落ちてしまう結果に繋がる可能性も否定できません。

そのぐらいに審査ガイドラインには重要な事項が記載されているので疎かにできない存在になります。

熟読は避けて通れないのではないか?と個人的な見解になります。

 

熟読しても問題ないだろう?と感じる事もある

確かに審査ガイドラインは熟読したけれども、自分の頭の中では問題ないという認識に至る事もあります。この場合では、審査落ちになると、え?どうして審査落ち?といった感じになります。

自分の中では問題ないという認識でも審査するとダメですよ~と指摘される場合も実際にあります。

この場合は仕方ないですから、審査結果メールで指摘されている通りに修正するのが賢明の選択になります。

 

LINEスタンプが承認されても安心してはいけない

ここでは、制作したスタンプ画像が無事に審査を終えた後でも安心は禁物についての内容になりっます。

承認後~リリース

スタンプ承認後は手動でリリースを行えばスタンプ販売開始となります。

承認されば自動的に販売がスタートされるという訳ではないので、必ずLINEクリエイターズマーケットにログインしてリリースの手続を行った方が良いです。

でも、実際にはリリースする前にスタンプ画像は最終チェックした方が良いのではないか?と個人的に考えます。

その理由としては、リリース後にスタンプを差し替えたい!と思ってしまう場合も実際にあるからです。

このようにならない為にもリリース前にチェックしておいた方が良いと考えます。

 

リリース後

スタンプリリース後では想定外の展開にも遭遇します。特に身内がスタンプ販売に協力した場合では、身内からの指摘が有ったりするものです。

何かこのスタンプ画像に余計な線が入っているよね?といった感じ。これは消した方が良いのでは?と言われる事もあります。

流石にこのまま放置する訳にもいかない場合では、スタンプを差し替える必要に迫られます。

 

販売しても売れない

無事にスタンプを販売できれば安心という訳でもないです。というのも、スタンプを販売しても購入するのは自分身内だけの場合が圧倒的に多いからです。

どういう事なのかな?と言うと、スタンプ販売で儲かるのは人気のあるスタンプだけなので、その他大勢に属するスタンプは販売しても売れない場合が多いです。

どうにか?して宣伝して少しでも売上に繋がるように努力する事も必要になります。

LINEスタンプ申請方法!LINEクリエイターズマーケットに申請
皆さん こんにちは! 自分オリジナル仕様のLINEスタンプを販売したいな~と思った場合では、LINEクリエイターズマーケットに申請して承認後にリリースして販売開始となりますが、事前に審査ガイドラインを熟読しておく必要があります...