LINEスタンプ販売後は宣伝も兼ねて友人や身内にプレゼントが必要

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

自分で利用するLINEスタンプを制作した場合では、販売も行っているのでしょうか? とはいえ、販売しても購入するのは自分や身内になってしまうので、意味がなさそうに感じます。

それに自分で利用するスタンプなのに、自分で購入しないといけないという部分はちょっとしっくりと来ないのではないでしょうか?それでも淡い期待をしてしまうのが実情になるため、現実はなかなか難しいです。

やっぱり、どうやったら購入して貰えるのか?はよく考えた方が良いです。可能ならば、このような戦略はスタンプ販売後ではなく、制作する前に考えておいた方が良いと個人的に考えます。

今回の記事は『LINEスタンプ販売後は宣伝も兼ねて友人や身内にプレゼントが必要』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

オリジナル仕様のLINEスタンプを販売したらどうする?

ここでは、自分のLINRスタンプを申請して承認を経て販売する事ができたらどうするのか?についての内容になります。

スタンプ販売できて満足

オリジナルのLINEスタンプを申請・審査して承認された場合では、リリースすれば販売開始となります。これで感無量!といった感じになってしまうと、自己満足で終わる結果になります。

ほぼこれで満足してしまっている状態になるため、いったい貴方は何のために販売できるLINEスタンプを制作したのかな?といった感じです。

 

毎日のように一喜一憂する

自分のスタンプを販売した場合では、たぶん、毎日のように売上レポートを見るのではないかな?と個人的に考えます。

毎日みても購入するのは自分や家族といった場合が圧倒的に多いので一喜一憂するのではないでしょうか?

ハッキリ言えば、LINEスタンプを販売しても売れるとは限りませんから、むしろ売れない!と考えて販売した方が逆に良い結果をもたらすのではないでしょうか?

 

どうやったら売上が向上するのか?考える

毎日のように一喜一憂するのであれば、どうやったら購入して貰えるのか?を考えた方が得策です。せっかく販売したのですから、最低でも1000円は売り上げしないと意味がありません。

というのも、LINEクリエイターズマーケットでは、出金する場合の最適金額が1000円になるからです。つまり、売上金額が1000円を超えないと出金できないのである。

可能ならば1年に1回は出金できるように頑張るしかないのでは?

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ販売後は宣伝活動も疎かにしてはいけない

ここでは、自分のLINEスタンプを販売した場合では、宣伝活動を疎かにしてはいけませんよ~という内容になります。

オリジナルのスタンプは販売しても売れない

自分のスタンプを制作する前は、これからスタンプを販売して売ろう!と考えている状態になるため、販売後の戦略は何も描いていない場合が多いです。

本来であれば、リリース後の戦略も考えておかないといけないのですが、スタンプ販売を行えば売れるもの!と思い込んでいる節があるので、疎かにしてしまうパターンが多いです。

これでは残念ながら、何の為にLINEスタンプを制作したのかな?といった感じになります。1年経過しても全く売れていない事に気が付いてガックリする展開も珍しくありません。

 

売るには宣伝や営業活動が必要

商品をお店に陳列すれば自動的に販売できると思ってはいけません。

あくまでも単なるスタートラインに立っている状態なので、ここからどのように販売するのか?という計画がないと、残念ながら全く売れないのではないでしょうか?

人気のクリエイーターならば今までの実績が物を言うので、そんなに宣伝活動しなくても売れる場合もありますが、そうでない場合は無名のクリエイターに属するので、そう簡単に事が上手く運ぶなんて思わない方が賢明です。

さらには、実際にスタンプ販売してから宣伝方法を考えるというのは、非常によくない選択だと思います。こういう事は、どのようなスタンプを制作するのか?考えた時点で戦略を立てる必要があります。順番は間違えないようにした方が良いと思います。

 

LINEスタンプ販売後は友人や身内にプレゼントが必要

ここでは、自分のLINEスタンプを販売したら、必ずではないのですが、友人や身内にプレゼントした方が良いのではないか?という内容になります。

プレゼントが必要の理由

自分のLINEスタンプを販売した場合では、人気のクリエイターでもない限り、好んで買いたいとは思いません。この場合では確実に埋没するのでスタンプ販売して満足するといった自己満足パターンで終わります。

どうしても自分のスタンプを販売したいのであれば、やっぱり、宣伝も必要になります。どうやって宣伝するのか?と言えば、色々な人に使ってもらってとにかく露出を増やすのが最適です。

となると、必然的にプレゼントして配る方法となる訳です。

 

依頼しても買うとは限らない

友人や知人にLINEスタンプを制作したんだ~と言っても買ってくれないと思います。ちょっと協力してくれないかな?とお願いした場合でも、色良い返事はするけれども、実際には買わない選択が多いです。

何故か?と言うと、制作したスタンプは友人の好みではない場合が多いですから、そのようなスタンプは買いたくないです。でも友人付き合いしているので、とりあえず色良い返事だけしておこう!といった感じ。

このような展開になるのは目に見えているので、それならば、初めからプレゼントしてしまった方が良いのではないでしょうか?

 

友達が多い人

仮にオリジナル仕様のLINEスタンプをプレゼントする場合では、友人や知人の中から誰にプレゼントするのか?も重要になります。

可能ならば、色々な人と交流している人に依頼して使ってもらうなどの対策が必要になります。とはいえ、仲良しな友人の1人だった場合では、他の友人との格差が生じてしまうため、ちょっと悩みのタネになるかも知れません。

 

LINEスタンプの販売価格はプレゼントも考慮を

ここでは、自分のLINEスタンプを宣伝も兼ねて知人にプレゼントする場合では販売価格も考慮した方が良いについての内容になります。

プレゼントする場合では価格も重要

オリジナル仕様のLINEスタンプを無事にリリースして販売した場合では、知名度は皆無ですから、アチコチに宣伝も必要になります。

この場合では、友人や知人、身内にもプレゼントする必要も発生しますが、この場合では自分で購入しないといけません。

この時に販売価格が最低の120円に設定されているのであれば、特に問題ないのですが、欲を出してしまい、120円ではなく250円以上に設定している場合では、とてもプレゼントしたい!とは考えないと思います。

何せ、自分で購入する必要がありますから、そんなに買えないですし、逆に買いたくないと感じるからです。

 

プレゼントする場合は120円が最適

スタンプの個数が「8~24個」の場合では、120円で何ら問題ありませんが、32個以上の場合では120円ではちょっと割が合わないのではないか?と考えると思います。

このように考えてしまうと、いざ!友人等にプレゼントする場合にダイレクトに自分に被害が被る事に繋がります。何せ、プレゼント=自分で購入するという事ですから、250円以上の価格設定にしていると、あまりプレゼントしたくないと感じます。

でも、これでは、宣伝には繋がらないため、何の為のプレゼントなのか?となってしまいます。そのため、スタンプ個数が40個だったとしても、人気者でない限り、120円の販売価格にした方が良いのでは?と個人的に考えます。

LINEスタンプ審査申請!承認後はリリースしてスタンプ販売開始
皆さん こんにちは! 毎日のように日常生活で利用してスマホアプリのLINEではスタンプも利用していますが、いつも無料で利用できるタイプを使っています。この場合では友達登録するとダウンロードできて一定期間利用できるので便利に感じ...