LINEスタンプ販売後は売上や統計情報を分析して販売に役立てを

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

オリジナル仕様のLINEスタンプを販売した場合では、販売して満足する場合もあると思います。残念ながら、これではいったい何のためにスタンプを作ったのかな?となってしまいます。

というのも、自己満足の場合では、販売する必要がないからです。自分で使うだけの用途では、自分だけで使えば良いですから無料ダウンロードできるように申請すれば良いです。

それなのにも関わらず、販売できるようにしている場合では、自分のスタンプをダウンロードする場合でも自分で購入する必要があります。

ハッキリ言って、これはあまり良い選択とは言えないため、スタンプ販売したのであれば、それなりにどうやったら販売できるのか?努力した方が良いと思います。

今回の記事は『LINEスタンプ販売後は売上や統計情報を分析して販売に役立てを』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ審査・承認後にやること

ここでは、オリジナルのLINEスタンプを申請して、審査・承認後に何をやれば良いのかな?についての内容になります。

承認されたスタンプの最終確認

オリジナルLINEスタンプを申請して審査が完了し、無事に承認された場合では、そのまま何も考えずにリリースして販売の手続を行ってしまう場合も多いですが、たぶんこの選択は良くないと思います。

その理由としては、制作完了時点で気が付いていないイラストのちょっとしたミスがすり抜けてしまっている可能性があるからです。

このようなイラストのミスは審査ではあまり関係ないみたいですから、通り抜けてしまう場合もあります。

どうして?と思いますが、イラストに余計な線や余計な物が付いていても、こういう仕様のイラストかも知れないですからね~。

このような凡ミスがある状態でリリースしてしまうと、もしかすると後でスタンプを差し替える手間が発生する可能性があります。

そのような事がないように審査・承認後は最終チェックした方が良いです。

 

スタンプをリリースして販売開始

承認されたスタンプの最終チェックが終わったら、リリースボタンをクリックして販売開始となります。

ここでの注意事項は、スタンプが承認されたら自動的に販売開始とならない点に尽きます。あくまでも販売するのか?販売しないのか?は自分の判断で行うという事になります。

販売開始後は自分でスタンプを購入して利用したり、プレゼントしたりといったパターンになるのでは?ないでしょうか?

因みに、自分のスタンプを販売したからと言って、売れると思ったらダメだと思います。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプをリリースして販売開始後にやること

ここでは、自分のLINEスタンプをリリースして販売開始になった後は何をするのか?についての内容になります。

スタンプ販売して満足の場合

自分のスタンプを販売した場合では、スタントとはいえ立派な商品ですから、自分だけの商品ができて満足になってしまう場合もあります。

ここで満足すると、もう何もしなくても良い!といった感じになるので、この企画はここで終了となります。

自分のオリジナル商品を作って満足しちゃっているので販売できなくても自分的には何ら問題ない状態になります。これってどうなのかな?と思ったりするのですが、これも1つの選択には違いないので、個々の判断にお任せといった感じです。

とはいえ、せっかく販売したのですから、副業に繋がるように頑張っても良いのではないでしょうか?と思うのは気のしでしょうかね?

 

スタンプ販売したら宣伝が必要

自分のスタンプをリリースして販売した場合では、営業活動が必須になります。自分の持っている全てのツールを使って、どうやったら新しく販売を開始したスタンプが売れるように宣伝に専念します。

自分は無名のクリエイターなので、1人でも多くの人に宣伝しないと認知されませんから、とにかく売るのではなく、宣伝に徹する必要があります。

ここで重要なのは、スタンプを販売したけれども、売るのではなく宣伝に徹するという部分が重要です。1つ目のスタンプは宣伝用にする戦略となります。

第2弾を制作し、勝負をするといった選択肢も時と場合によっては必要になります。

色々な戦略を駆使して自分の目的が達成できるように努力するのが良い結果をもたらすのではないか?と個人的に考えます。

 

LINEスタンプは自分で購入やプレゼントも必要

ここでは、自分のLINEスタンプだったとしても自分で購入したり、プレゼントしてスタンプを宣伝する必要がある!について内容になります。

自分で買う必要あり

自分のスタンプなのに自分で購入するの?と思うかも知れまえんが、この必要があります。何故か?と言うと、スタンプ販売しないのであれば無料でダウンロードできますが、販売する場合は自分でも購入となります。

それに、宣伝するには自分も購入して積極的にオリジナル仕様のスタンプを使わないと宣伝活動できません。仮に自分は販売するだけの場合では、残念ながら誰も購入しない可能性が高いです。

家族などの身内は購入してくれる可能性はありますが、そもそも身内に買ってもらうのでは意味がありません。自分や身内とは関係ない第三者の人にスタンプを購入して貰わないと副業にも繋がりません。

現実はなかなか難しいのである。この事を理解した上で制作するのが賢明の選択になります。

 

スタンプのプレゼントも必要

自分のオリジナルLINEスタンプをリリースして販売開始した場合では、知人や友人、家族などの身内にプレゼントする必要があります。

どうして?と思うかも知れませんが、自分のスタンプは無名と言っても過言ではないぐらいに圧倒的に知名度が低いですから、スタンプ販売を開始したからといって、誰も購入しないと思います。

自分とつながりのある知人や友人に購入を依頼するのも1つの方法になりますが、残念ながらこの場合でも実際に購入してくれるとは限りません。これはどうしてなのか?と言えば、知人や友人が求めているスタンプではない可能性があるからです。

これでは欲しいスタンプと欲しくないスタンプになるので、色良い返事だけしておいて実際には購入しないパターンが多いのである。

それならば、スタンプをプレゼントして宣伝に協力してもらった方が良さそうに感じます。

 

LINEスタンプ販売後は売上や統計情報を分析も必要

ここでは、自分のLINEスタンプを販売したら、定期的に売上や統計情報をチェックして分析する事も必要になる!についての内容になります。

売上レポートのチェック

オリジナルLINEスタンプを販売した場合では、毎日のように売上レポートをチェックする場合もありますが、その必要性はないのではないか?と個人的に考えます。

というのも、有名クリエイターでもない限り、新しいスタンプを販売したからといって、皆さんが購入してくれるという事はほとんど無いですから、毎日のように売上レポートをチェックしないくても良いです。

2~3ヶ月に1回ぐらいの頻度で売上レポートをチェックするのが賢明の選択になります。その理由としては、自分では売れているだろう?と思っている場合が多いでせけど、実際には全くと言って良いほど売れてないですからガックリするだけです。

そのようになりたくないのであれば、売上をチェックするよりも、少しでも多く宣伝する事をオススメ致します。

 

統計情報をチェックして分析も必要

LINEクリエイターズマーケットにログインして統計情報を定期的にチェックすることで、スタンプがどの国で利用しているのか?を確認できるようになります。

どうしてこのチェックが必要なのか?と言えば、次回またスタンプを制作する機会に恵まれた時によく利用している国に合わせて制作した方がスタンプの売上に結び付く可能性があるからです。

もし、利用しているのが日本国内だけの場合では、海外販売も視野に入れつつ、基本的には日本国内仕様で制作すれば良いという判断も行えるようになるため、統計情報は売上レポートよりも重要に感じます。

LINEスタンプ販売後は宣伝も兼ねて友人や身内にプレゼントが必要
皆さん こんにちは! 自分で利用するLINEスタンプを制作した場合では、販売も行っているのでしょうか? とはいえ、販売しても購入するのは自分や身内になってしまうので、意味がなさそうに感じます。 それに自分で利用するスタン...