LINEスタンプ販売!スタンプシリーズ化のメリット・デメリット

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

メッセージアプリのLINEで利用する自分のスタンプが売れるようになったらシリーズ化も検討すると思いますが、この場合ではメリットも有れば、デメリットもあります。

実際にシリーズ化する場合では、よく検討して自分なりの判断をした上で決断する事になるのではないでしょうか?たいていの場合ではメリットだけを優先するパターンになる傾向が高いですから、これもどうなのかな?と思います。

何故か?と言うと、メリットが有ると言う事は当然の事ですが、デメリットも有るという事になるので、デメリットを考慮しないといけないからです。これを怠ってしまうと失敗に繋がるので、よく検討を行うのは重要な要素になります。

今回の記事は『LINEスタンプ販売!スタンプシリーズ化のメリット・デメリット』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプのリリース(販売)後の戦略について

ここでは、自分のLINEスタンプを販売した場合の今後の戦略についての内容になります。

1種類で満足するのか?

初めてLINEスタンプを販売した場合では1種類で満足する場合もありますが、副収入という観点から考慮すれば、1種類では足りないと感じます。

だからといって、数撃ちゃ当たるといった感じに、とにかく沢山リリースするというパターンもどうかな?と思うので、とりあえず複数種類を販売してみて傾向を探るのも1つの方法になります。

どういうスタンプなら売れるのか?というのは分からない部分に該当するので手探りしながら見つける事になると思います。そのため、スタンプを販売するのであれば1つで満足してはいけないと思います。

 

いくつもリリースするのか?

スタンプ販売する場合では1つで満足してはいけないと考えますが、それならば具体的にどのぐらい有れば良いのか?も気になると思います。

これは、複数種類あれば良いのでは?としか言えないのが実情になります。

というのも、こればっかりはどのようなスタンプであれば売れるのか?というが分からないですから、売れるスタンプが出て来るまでひたすら頑張るしかないのでは?と感じます。

それが出来ないのであれば、宣伝に専念して売れるように努力するしかないのでは?といった感じ。どちら?にしても営業活動は必要ですから、どのように宣伝するのか?によっても展開が変わって来ると思います。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ販売後はシリーズ化も検討

ここでは、自分の販売しているLINEスタンプのシリーズ化についての内容になります。

スタンプ1種類では厳しい

初めて自分のLINEスタンプを販売した場合では、1つの商品が出来て満足する場合もありますが、半年ぐらい経過しても全く売れないと思います。

何故か?と言うと、自分のスタンプは知名度がないですから、継続的に宣伝でもしない限り、売れるという事は先ず無いのではないか?と考えます。

継続的に一定間隔で常に何かしらのスタンプを新作でリリースっするといった感じでないと埋没する可能性も否定できません。

たいていの場合はライバルが多いですから埋没の可能性の方が高いです。1種類で満足するのではなく、最低でも複数種類のスタンプを展開した方が良いのではないか?と個人的に考えます。

 

複数のスタンプがないとアピールできない場合あり

自分のLINEスタンプが1種類しかない場合ではアピールするにも限界がある感じなのではないでしょうか?

この場合では、1つで何でもこなす必要があるため、売れなくてもひたすら1つで頑張るという展開になります。

残念ながら、こういう戦略というのは、どうなんでしょうね?といった感じ。明らかに売れていないのであれば、1種類に拘る必要はないと思います。

シリーズ化して、最初の1つは売れるための土台にするのも1つの方法だと思います。

 

数撃ちゃ当たるという訳ではない

自分のLINEスタンプをこれでもか!と言わんばかりに、とにかくいっぱいリリースして販売すれば、何かしら?1つは売れるスタンプも出て来るのではないか?と考える場合もあると思います。

この戦略は成功するのか?と言えば、やってみないと分からないと言った方が正解なのではないでしょうか?

当たる事もあれば、全部ハズレになる事も有るので「数撃ちゃ当たる」という訳ではないと思います。

 

LINEスタンプ「シリーズ化」のメリット

ここでは、自分のLINEスタンプをシリーズ化した場合のメリットについての内容になります。

メリット①「バリエーション」が増える

自分のスタンプをシリーズ化した場合のメリットとしては、複数種類を展開する事になるので、純粋にスタンプのバリエーションが増える事になります。

色々なスタンプを展開できるようになるため、宣伝効果も期待できるようになります。

但し、1つ増やしてもあまり効果は無いと思います。シリーズ化するのであれば最低でも3~4種類は増やさないと効果は期待できないのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

 

メリット②「相乗効果」が期待できる

自分のLINEスタンプをシリーズ化する場合のメリットの1つに、相乗効果があります。

シリーズ化すれば必ず相乗効果が有るとは言えませんが、それでも期待できるようになると思います。

あくまでも期待というレベルなので実際にはどれほどの相乗効果があるのか?分かりませんけれども、少なくともマイナスには作用しないのではないか?と考えます。

やっぱり1つよりも複数種類の方が目に留まる可能性も増えると思います。

 

LINEスタンプ「シリーズ化」のデメリット

ここでは、自分のLINEスタンプをシリーズ化した場合のデメリット(イマイチも含む)についての内容になります。

デメリット①「売れない」

「売れない」とはどういう事なのかな?と思うかも知れませんが、そもそもLINEスタンプを販売しても売れないと言った方が正解になるのではないでしょうか?

売れるのは人気クリエイターが制作しているスタンプ。それ以外の人達は無名のクリエイターに属するため、スタンプ販売したからといって売れるとは限らないのが実情になります。

それならば、シリーズ化してバリエーションを増やすというのは十分に有りですし、有効な対策の1つに該当するのですが、それでも「売れる」とは限らないです。

というのも、LINEスタンプをシリーズ化するにはタイミングが重要だからです。このタイミングを間違えると売れない可能性の方が高くなるといった感じ。

 

デメリット②「人気が出るまで待つ」必要あり

自分のスタンプをシリーズ化した場合のデメリットは、ひたすら「人気が出るまで待つ」又は「売れるようになるまで待つ」必要があるという部分に尽きます。

どちらの場合でも相当な時間を要する事になる場合が多いですから、果たして本当に自分はそこまで待つ事ができるのかな?という部分が重要になるのではないか?と考えます。

というのも、人気がないのにも関わらずスタンプをシリーズ化しても結果が伴わないので、相乗効果が期待できません。

相乗効果を得て、他のスタンプも一緒に売れるようにする必要がありますから、忍耐力も求められると思います。

仮に忍耐できなくて見切り発車した場合は、逆に共倒れのリスクも出て来る可能性も否定できません。

LINEスタンプ販売後は宣伝も兼ねて友人や身内にプレゼントが必要
皆さん こんにちは! 自分で利用するLINEスタンプを制作した場合では、販売も行っているのでしょうか? とはいえ、販売しても購入するのは自分や身内になってしまうので、意味がなさそうに感じます。 それに自分で利用するスタン...