LINEスタンプ販売!スタンプは売れないので期待し過ぎに注意を

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

毎日のようにスマホで利用しているLINEではオリジナル仕様の自分のスタンプを販売する事も可能ですが、この選択を行っている人は意外と多いと思います。

売れるとは限らない事を承知の上で、販売するのであれば別に問題ないのですが、売れる物!と思い込んでスタンプ販売にのめり込んでしますと、良くない結果に終わってガックリといった気分になります。

やっぱり、販売すれば売れる!という時代ではないですから、どうやれば売れるのか?というのも必要になります。そういう戦略もない状態で販売するのであれば趣味でコツコツ制作販売するのが良いのではないでしょうか?

この場合であれば、数撃ちゃ当たる戦略も利用できると思います。

今回の記事は『LINEスタンプ販売!スタンプは売れないので期待し過ぎに注意を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプを販売したいな~と考える場合の心境

ここでは、毎日のように利用しているLINEで自分のスタンプを利用してみたい!又は販売してみたい!と思った場合の心境についての内容になります。

LINEスタンプで副業や副収入

LINEスタンプを販売したいな~と考えた場合では、真っ先に思いつくのが副業や副収集なのではないでしょうか?何せLINEは利用者が圧倒的に多いメッセージアプリですから、スタンプが売れさえすれば副業副収入も期待できるからです。

それでいて、自分のスタンプを宣伝する場合でも、普通にメッセージにスタンプを送信して気楽に宣伝にも繋がるため、宣伝も苦にならないといった感じですから、自分にマッチしている方法の可能性が出て来るのである。

制作する場合でも無料で利用できるパソコンソフトで制作したり、スマホ(LINEスタンプメーカー)でも簡単に制作できますから、特別なアプリを利用しなくても簡単に作れるのも魅力的に感じます。

 

自分のオリジナル商品を持ちたい

自分のLINEスタンプを販売したいな~と思った場合では、副業副収入を期待する場合も多いですが、稀に自分のオリジナル商品を持つ事ができるので、魅力的に感じる場合があります。

スタンプ販売だからといっても立派なオリジナル商品ですから、これだけでも十分に満足できると思います。何かしら?オリジナル商品が欲しいな~と思った時に簡単に持つ事ができるのがLINEスタンプなのではないでしょうか?

とはいえ、制作すれば必ずし販売できる商品という訳でもなく、ちゃんと公式の審査があるので注意も必要になります。申請して審査を行ってもらい、無事に承認して貰えたら、リリースして販売となります。

果たして無事に審査を突破できるのでしょうか?という部分も重要だったりします。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプを販売しても売れるとは限らない

ここでは、自分のLINEスタンプを販売すれば売れる!と考えるのではなく、売れるとは限らない!と考えた方が良いについての内容になります。

勘違いの可能性

「勘違い」とはどういう事なのか?と思うかも知れませんが、LINEスタンプを販売すれば売れる!と勘違いしている可能性があります。ハッキリ言って、自分のスタンプを販売しても売れません。

それならばどうして売れないのか?となりますが、購入してくれる人が限られてしまうからです。具体的に言えば、自分のLINEスタンプを購入するのは不特定多数ではなく自分身内の場合が圧倒的に多いです。

知人や友人だったとしても買ってくれるのか?は分かりません。何故か?と言えば、販売したスタンプは知人や友人が求めているスタンプではない場合が多いからです。

付き合いで購入してくれるだろう?と思うのは良くないですから、その考えは改めた方が良いと思います。

 

スタンプ販売すれば売れるのか?

次に、自分のLINEスタンプを販売した場合では売上を期待する事になりますが、この期待は見事に裏切られる事になります。

例え、6ヶ月や1年経過しても売上が伸びない場合が多いです。これじゃあ何の為に販売したのかな?となってしまいますが、これが現実なので、現実を知るという事は非常に重要ですから、良い勉強になったと解釈すれば良いと思います。

このように考える事ができれば、もしかすると良い結果に繋がる可能性があります。どんなスタンプでれば購入して貰えるのか?というのを研究する事になるため、結果として皆さんが求めているスタンプに行き着く可能性があります。

たぶん、この皆さんが求めているスタンプを販売する事ができれば、売れるスタンプになるのでは?と個人的に考えます。

 

LINEスタンプを販売しても売れないので期待しない方が良い

ここでは、自分のオリジナル仕様のLINEスタンプを販売した場合は、売上を期待しない方が賢明の選択についての内容になります。

自分は無名クリエイターである

オリジナル仕様のLINEスタンプを制作して販売したからといって、非常に沢山いるクリエイターの内の1人に過ぎないという事を先ず理解しないいけません。

ハッキリ言って無名クリエイターなのである。有名クリエイターの場合は、既に認知されていますし、LINEにも認められているので販売すれば上位表示されます。

それに対して、有名でもない無名に等しいクリエイターの場合では残念ながら新着リストにも表示されていない状態になるため、普通にこの状態で売るのは厳しいと思います。

 

ライバルは非常に多い

LINEスタンプを販売する前に分かると思うのですが、ライバルは非常に多いです。ハッキリ言って多過ぎると言っでも過言ではないぐらいに多いので確実に自分のオリジナルスタンプは埋没の可能性が高いです。

この状況を自分で打破できるのか?が重要になります。これでも自分は立ち向かって行く勇気があるのであれば、問題ないのですが、良い結果に結び付くのはほんの一握りのクリエイターになると考えます。

そのぐらいLINEスタンプは簡単そうに見えて実はハードルが高いのが実情になります。

 

販売戦略は有るのか?

もう1つ重要な要素は、販売戦略になります。ライバルが非常に多い中から自分のスタンプをどうやって販売するのか?を考慮が必要になります。計画ではなく戦略的に考慮しないといけません。

というのも計画と言うのはあくまでも達成目標に過ぎないのですが、戦略はどうやったらその目標を達成できるのか?も考える必要があるため、重要なポジションになります。

 

LINEスタンプ販売は趣味で行うのが丁度よい

ここでは、LINEスタンプの販売を行う場合は、副業や副収入を目的にやるのではなく、あくまでも趣味の1つで行うのが良いと思うについての内容になります。

趣味としてスタンプ販売がオススメ

LINEスタンプを販売したいな~と考える場合もありますが、実際に販売してみると、意外と売れない事に気が付きます。全く売れないのか?と言えば、多少は売れるのですが、自分の思い描いたイメージとはほど遠いのが現実になります。

そのため、LINEスタンプで副業や副収入は全く期待してはいけないのが実情になるのではないでしょうか?

でも、これだと何の為にLINEスタンプを販売しているのか?となってしまうため、考え方を変更するのが賢明です。

副業や副収入を目的にしている場合では、趣味の1つとしてスタンプ販売に切り替えるのが良いです。

趣味ならば継続的に販売も続けられますし、毎日のように売上レポートを確認して一喜一憂なんぞしなくて済みます。

 

趣味ならば、売上を期待しなくて問題ない

趣味としてLINEスタンプを販売するメリットとしては、売上を全くに気にしなくて良いというのも魅力的に感じます。副業や副収入の場合では常に「お金」が絡んでいるので売上の方に向いてしまう傾向が高いです。

それに対して趣味の場合では基本的に「お金」を気にする必要はないです。何せは趣味はお金を使う側ですから、売上とは正反対の立場になるからです。

この状態で継続して続けることで、気が付いていたら売れているスタンプも1つぐらいは有るという事が判明したりするので、数撃ちゃ当たる戦略を実行できるようになります。

LINEスタンプ販売を軌道に乗せるならスタンプのシリーズ化も検討を
皆さん こんにちは! 毎日のようにスマートフォンで利用するLINEのスタンプを自分オリジナル仕様で利用してさらに販売した場合では、副収入も期待する事になりますが、そのような期待はしなくて良いです。 何故か?と言うと、たっ...