LINEスタンプ販売!数撃ちゃ当たる戦略なら趣味でやるのが最適

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

メッセージアプリのLINEで利用できるスタンプを販売してみたいな~と思った事はありませんか?たぶん、このように思わない方が良いのではないか?と個人的に考えます。

というのも、スタンプを販売しても自己満足に終わる結果が多いですから、何の為に販売しているのかな?といった感じになるからです。特に審査に何度も落ちてしまうと、やっと承認が貰えた頃にはもう、これで良いかな?という気分になります。

つまり、販売するスタンプは1種類だけで満足するパターンになるので、結果が伴わない可能性も高くなると思います。

今回の記事は『LINEスタンプ販売!数撃ちゃ当たる戦略なら趣味でやるのが最適』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

オリジナルLINEスタンプ販売は1種類では難しい

ここでは、LINEスタンプ販売を行った場合では、1種類で満足しないで複数種類を販売できるように努力した方が良いについての内容になります。

自分のLINEスタンプは何種類ある?

自分のLINEスタンプを販売している場合では、何種類ぐらいのスタンプをリリースしているのでしょうか?たぶん、複数種類のスタンプをリリースしていると思います。

どのスタンプが売れるのか?分からないですから、とにかくスタンプの種類を増やして傾向を調べるといった感じの戦略になるのではないでしょうか?

どのスタンプも自分ではとても素晴らしいと思っている物ばかりですけど、実際に購入する側の心境としては、自分の求めているスタンプではないので買わなくても良いかな?といった感じの場合が多いです。

これを相思相愛にするための努力も必要になります。その結果が複数種類のスタンプをリリースするといったパターン。

 

1種類で満足してはいけない

仮に、とても素晴らしいスタンプが完成したので、スタンプ販売したと仮定します。自分ではとても素晴らしいから、複数のスタンプを展開しなくても良いと満足している状態になります。

でも、残念ながら1件も売れない!というまさか!のパターンも発生します。

購入しているのは自分だけなのですが、自分以外の人は誰も購入していないので、どうしてなんだろうか?といった気分になります。

こんな素晴らしいスタンプだったとしてもニーズに合っていなければ売れないという事です。そのため、どんなに素晴らしいスタンプを制作した場合でも1種類で満足しないで、複数のスタンプを展開た方が良いです。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプはバリエーションを豊かにしよう!

ここでは、自分のLINEスタンプを販売する場合では1種類で満足しないで複数種類のスタンプを販売した方が良いについての内容になります。

1種類では露出が少ない

LINEスタンプを販売してみよう!と思った場合では、審査・承認を得るとリリースして販売できるようになりますが、ここで満足してしまうのではないでしょうか?

審査に通過して承認を得る工程で満足してしまうパターンになりますが、これでは結果が伴わないと思います。自分のスタンプは1種類だけになってしまうので勝負する事もできません。

というのも、1種類では根本的に露出が少ないですから認知されないと思います。認知されなければ売れる事はないので、何の為に販売しているのかな?となります。

それならば販売しなくても良いのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

 

バリエーションを豊かにして総合的に勝負

LINEスタンプに限った話ではないですが、1つの商品だけで勝負しているお店というのは少ないのではないでしょうか?中には1つしかないよ!という店舗も有るかも知れませんが、基本的には複数種類の商品を販売していると思います。

スタンプ販売も同様に1種類だけで勝負するのではなく、バリエーションを増やして総合力で勝負するといった感じの販売方法を行う戦略が良いと思います。

そのため、1種類だけで満足しないで、定期的にスタンプをリリースして露出の機会を増やす努力も必要になるのでは?と個人的に考えます。

どれが当たるのか?分かりませんし、総合力で結果を得るのも良いと思います。

 

LINEスタンプ販売!数撃ちゃ当たる戦略なら趣味でやるのが最適

ここでは、自分のLINEスタンプを大量生産して、とにかくバリエーションを増やして何かしら?1つは売れるスタンプが出るのを期待するのであれば趣味でやった方が良いについての内容になります。

数撃ちゃ当たる戦略

そもそもLINEスタンプを1つ販売しても売れるのか?は分かりません。何故か?と言うと、どういったスタンプを求めているのか?という傾向が分からないからです。

これを見つけるには、それこそ沢山のバリエーションを制作して販売してみる戦略が良さそうに感じます。本当であれば、ピンポイントで投入できれば良いのですが、それができないので、数撃ちゃ当たる戦略を実行するしか方法が無さそうに感じます。

とにかく沢山リリースして、何かしら?1つは人気スタンプが出ればラッキーという戦略になるため、毎月1種類はリリースする感じになるのではないでしょうか?

これならば、具体的に1つか?は分からないけれども、自分の目的を達成できる可能性も高くなるのではないでしょうか?

 

趣味でLINEスタンプ販売が良い理由

特に数撃ちゃ当たる戦略を実施する場合では、趣味1択になると思います。その理由としては、どのスタンプが当たるのか?全くもって分からない状態になるので副業や副収入に向いていません。

それこそ、当たらないと副収入にも結び付かないので損得勘定ではマイナス要因になるからです。でも、趣味の場合では基本的に継続して好きな事を楽しむというスタンスになるため、数撃ちゃ当たる戦略に向いています。

それに趣味の場合ではお金を生み出す側ではなく、出費する側ですから、損得勘定で動く必要もないのが良い部分になります。趣味の領域でチャレンジするのが賢明の選択ではないかな?と個人的に考えます。

 

LINEスタンプ販売!副業や副収入に不向きな商品

ここでは、オリジナルLINEスタンプを販売して副業や副収入に期待できないので他に別の方法を検討した方が良いについての内容になります。

LINEスタンプは売れない

オリジナル仕様のLINEスタンプを複数のバリエーションで販売したとしても実際には売れるのか?分かりません。どのようなパターンのスタンプを利用者が求めているのか?といった部分も関係あるため、ドンピシャ!で狙い撃ちできないのも関係あります。

もう1つの要素として、スタンプの新着リストの上位に表示されていないのも関係あります。上位に表示しているのか?していないのか?によっても売上に大きく関係してきますから、ここを改善する方法を模索しないとダメなんじゃないかな?と感じます。

でも、企業であれば問題ないですけど、無名クリエイターでは残念ながら難しい相談になりますから、これを補う宣伝方法が有るのか?も重要になってきます。

SNSで宣伝するなり、あらゆる手段を講じて自分のスタンプを売り込まないと残念ながら売れないと思います。

 

売れないので副収入に不向き

LINEスタンプを販売したからといって何もしなくても売れるという商品ではないのがLINEスタンプ販売です。審査を通過して承認されれば、誰でも簡単にスタンプ販売できる魅力があります。

その反面、誰でも簡単に参入できるという事は、ライバルも非常に多いという裏返しになるため、この非常に多いライバルと勝負して勝てるのか?も考慮しないといけません。

この勝負で対応できるのは有名クリエイターぐらいですから、自分のスタンプは直ぐに埋没します。これでは全く売れませんから、副収入には向いていない副業方法というのが理解できるのではないでしょうか?

LINEスタンプ販売!スタンプは売れない。副業や副収入に不向き
皆さん こんにちは! 毎日の日常生活ではスマートフォンは必需品に該当しますが、そのスマホでよく利用しているアプリと言えば、メッセージアプリのLINEも含まれていると思います。 このLINEアプリではスタンプを利用している...