自分のLINEスタンプのプレゼントはLINE Storeが最適

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

メッセージアプリのLINEを利用していると、自分のオリジナル仕様のLINEスタンプを販売したいな~と考える事も実際にありますが、この場合では具体的に行動を行う人もいれば、そこまでしなくても良いかな?と思っている人も居ると思います。

この時に具体的な行動を行った場合ではオリジナルLINEスタンプを制作した上で申請・審査して承認後にスタンプをリリース販売となりますが、申請・審査するよりも販売後の方が大変に感じるのではないでしょうか?

というのも、どちらか?と言うと、申請・審査よりも販売後の方が圧倒的に大変と感じるからです。スタンプを販売したいな~と思った段階では、たぶん真逆のイメージだと思うのですが、実際に経験してみると違う事に気が付きます。

特に、自分のLINEスタンプをプレゼントする必要も有りますから、イメージ通りの展開にはなりません。

今回の記事は『自分のオリジナルLINEスタンプのプレゼントはLINE Storeが最適』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

自分のLINEスタンプをプレゼントする場合

ここでは、自分のLINEスタンプを知人等にプレゼントする場合についての内容になります。

自分のLINEスタンプは自分で購入が必要

メッセージアプリのLINEで利用できるスタンプを自分で制作して販売した場合では、自分のスタンプだったとしても、自腹で購入しないと利用できません。

何故か?と言うと、無料でダウンロードできないからです。販売で申請して承認されると、自分のスタンプだったとしても購入して利用する事になります。もし、これが嫌なのであれば販売しない選択が望ましいです。

それならば、どうして自腹で購入するのか?と言えば、自分で率先して使ってさり気なくアピール(宣伝)する必要があります。スタンプを販売すれば売れる!という商品ではないのがLINEスタンプです。

しっかりと宣伝活動を行う必要に迫られるため、それならば自らが率先して購入し、毎日のメッセージでさり気なくスタンプを送信して宣伝するのが全てにおいて最適な方法になります。

この方法であれば、押し売りには該当しませんから、良いな~と思ったら購入してくれるかも知れないからです。

 

自分のLINEスタンプはプレゼントが必要

オリジナル仕様のLINEスタンプをリリースした場合では、知人等にプレゼントも必要になります。

え?どうしてなのかな?とおもうかも知れませんが、スタンプ販売しても新着リストに表示されないのでリリースしても認知されないからです。

どうして新着リストに表示されないのか?と言えば、人気順になっているので、よく売れているスタンプの順番に表示されているからです。リリースしたてのスタンプは人気がないですから上位表示されません。

スタンプは認知されないと売れませんから、知人等にプレンゼントして宣伝に協力してもらう必要があります。自分で購入する分の他に知人等にプレゼントして宣伝も必要になるのである。

 

スポンサーリンク

自分のLINEスタンプはどこでプレゼントする?

ここでは、自分のLINEスタンプを知人等にプレゼントする場合は何処で購入するのか?についての内容になります。

LINEアプリのスタンプ

知人等の自分のLINEスタンプをプレゼントする場合では、LINEアプリのスタンプで自分のスタンプを検索すると、プレゼント購入できるようになります。

ここで購入するのが最適になる感じすが必ずしもそうではないです。というのも、確かに利便性を考慮すれば、ここで購入した方が便利なのですが、スタンプ売上の観点から考慮するとLINE Soreの方が良いです。

この事実に気が付いても、LINE Soreで購入する場合では基本的にパソコンを利用している場合が多いですから、ちょっと面倒に感じるかも知れません。

パソコンでLINEアプリを利用している場合に最適に感じる購入方法だったりします。

 

LINE Store

LINEスタンプを購入する場合では、LINEアプリで購入とは限りません。もう1箇所で購入する事ができます。LINE Soreでも買えるのある。

但し、スマホのLINEアプリからはLINE Storeを利用できないため、パソコン用のLINEアプリを使っている場合に最適に感じるスタンプ購入方法となります。

支払い方法は、LINE Payは勿論のとこ、クレジットカードでも購入できるため、利用しやすいです。

問題はスタンプを購入する場合では、どっちのストアで買った方が良いのか?になりますが、スタンプ販売しているのか?販売していないのか?によっても変わって来るのが実情です。

 

LINEスタンプのプレゼント方法はLINE Storeが最適

ここでは、自分のオリジナルLINEスタンプを知人等にプレゼントする場合では、LINE Storeでプレゼントした方が良いについての内容になります。

自分のスタンプ以外を買う場合

自分がリリースしているスタンプではなく、他のクリエイターが販売しているスタンプを購入したり、プレゼントする場合では、LINEアプリのスタンプから購入となります。

自分のスタンプが有るのにも関わらず、どうして他のスタンプを買うのかな?と思ってしまいますが、他のスタンプを研究する目的も兼ねれば十分にこの選択も有りです。

それに自分のばかり使っていると、その内に飽きてしまうので、他のスタンプを使いたくなってしまうのである。

そのため、このような展開になりたくないのであれば、飽きる前に先手を打って、定期的にスタンプをリリースするのが良いと思います。

自分が飽きるタイミングは自分しか分かりませんから、自分しか対応できないのが実情になります。

 

どうしてLINE Storeなのか?

LINEスタンプを購入する場合では基本的にLINEアプリのスタンプから購入する場合が多いです。それなのに、プレゼントする場合はどうしてLINE Storeの方が良いのか?気になると思います。

それは売上分配金に関係して来るからです。通常のLINEアプリのスタンプから購入した場合では、31円の売上分配金が発生しますが、LINE Storeで購入した場合では1件あたりの売上分配金は42円になります。

同じ1件のスタンプでも売上分配金が11円も違いが発生するのである。そのため、自分のLINEスタンプを知人等にプレゼントして宣伝に協力してもらう場合は、LINE Storeで購入するのが賢明の選択になると思います。

 

LINEスタンプ販売は簡単そうに見えて実は大変

ここでは、メッセージアプリのLINEで利用できるスタンプを自分で販売する場合では、販売するのは簡単ですが、実は意外と大変に感じるについての内容になります。

販売するのは簡単

スタンプを販売する場合では、スタンプの審査に申請して承認を得る必要があるため、大変に感じると思います。でも、大変に感じるのはこの審査だけですから、どちらか?と言うと、そんなに大変ではない場合が多いです。

その理由の1つとして、審査時間が該当します。審査する場合では約1日程度(24時間以内)で審査結果が出るので合否判定も早く済みます。

仮に審査落ちになってしまっても、どの部分がダメだったのか?教えてくれますから、その部分を修正して再申請できます。

審査で承認されれば、スタンプをリリースして販売できるようになるため、大変というより頑張ってみよう!といった気分になるイメージです。

 

スタンプ販売後は非常に大変

スタンプ販売後がどうして非常に大変に感じるのか?と言えば、スタンプを販売しても全く売れないからです。全く売れないのでどうやってテコ入れすれば良いのか?で悩みます。

さらに宣伝も兼ねて、自分でスタンプを購入したり、プレゼントしたりして、とにかく露出を増やしてスタンプ販売に結びつけようと努力するのですが、これといった結果に結びつかない場合が多いです。

そうなると、今回リリースしたスタンプは、もしかするとニーズに合っていないのかな?と気が付く事になるのですが、この場合では、あと何種類か?リリースしてみないと何とも言えないといった感じで、バリエーションを増やす必要にも迫られます。

それでいて、自分の思い描いたイメージには程遠いので挫折する場合も多いといった感じ。

LINEスタンプ販売後は売上や統計情報を分析して販売に役立てを
皆さん こんにちは! オリジナル仕様のLINEスタンプを販売した場合では、販売して満足する場合もあると思います。残念ながら、これではいったい何のためにスタンプを作ったのかな?となってしまいます。 というのも、自己満足の場...