LINEスタンプ作成!ココナラに制作依頼で作業時間と手間を節約

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

スマホでLINEする場合によく利用しているLINEスタンプを自分だけのオリジナル仕様を持ってもたいな~と思った事はありませんか?この場合では、それならば作ってみよう!という展開になると思います。

実際にその作業に取り掛かってみると、これが意外と大変で頭の中で思い描いたイメージとは真逆で大変だな~と感じたりするものです。

だからといって、スマホで簡単に作れるLINEスタンプメーカーで写真ベースのスタンプにするという選択もイメージ的に合わない場合もあるのが実情になります。

実際の作業時間から審査を経て、利用できるようになるまでを考慮すると、この問題を解決する手段として、専門家に依頼するのも良いのかな?と思うのは気のせいでしょうか?

今回の記事は『LINEスタンプ作成!ココナラに制作依頼で作業時間と手間を節約』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ作成する場合の事前準備

ここでは、LINEスタンプを作成する場合は準備も必要になるので、どのような準備が必要なのか?についての内容になります。

どういうスタンプが必要なのか?

LINEスタンプを作成する場合では、そもそも自分はどのようにスタンプを求めているのか?について検討する必要があります。

ただ単に自分だけのオリジナル仕様のスタンプが欲しいのか?それとも、「自分らしいイメージ」又は「独創性のある面白い」スタンプなのか?によっても展開が変わってきます。

先ずは自分は具体的にどのようなスタンプを欲しているのか?についてよく考える必要があります。

 

スタンプ設計

具体的にどのようなスタンプが欲しいのか?を考えたら、次に行う作業は、簡単にイラストを描いてみる作業になるのでは?と考えます。

これは人それぞれですから、必ずこのような展開になるとは限りません。自分にとって最適に感じる順番で作業していけば良いので、個々の判断にお任せとなります。

いずれの場合でも設計図というのは必要になると思いますから、どのように作業を進めていくのか?にとて纏めておいた方が良いと思います。

 

何で制作するのか?

事前準備の最後の部分に該当するのが、具体的にどのようなツールでスタンプを作成するのか?という部分。これが全て!といった感じになるのですが、可能ならば簡単に利用できる物。又は、使い慣れているアプリが良いのでは?と思います。

その理由は色々あるのですが、実際に作業するにあたって使い慣れていないと、空回りしたり、操作方法を調べての作業になるため、効率性が悪いです。

パソコンのペイントソフト(LINEスタンプ対応)で作成するのか?それともスマホアプリ(LINEスタンプメーカー)で作成するのか?は意外と重要に感じます。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ作成する場合は手間や作業時間も考慮

ここでは、LINEスタンプを作成する場合は実際にの作業時間も考慮した方が良いについての内容になります。

自分の技術で作成できるのか?

LINEスタンプを作成するにあたり、事前準備を終える事が出来たら、実際にスタンプ作りに取り掛かる事になる訳ですが、そもそも自分の能力で作成できるのか?というのも重要になります。

というのも、自分だけの用途で使うのであれば、多少変な感じになっても問題ありませんが、自分だけでなく、可能ならば販売してみたい!と考えている場合では、それだけの能力があるのか?も関係あると思います。

特に販売して購入して貰えるようなスタンプなのか?という部分が該当します。

ここは重要な要素なのではないか?と考えます。やっぱり、販売すれば必ず売れるという訳ではないのがLINEスタンプなので、ここはよく考えた方が良いです。

 

実際の作業時間

もう1つ重要になるのが、実際の作業時間になります。特に自作する場合では、それなりの時間も掛かるため、直ぐに作成して、申請するといった事は難しいと思います。

具体的に、いつ頃までに作成して、販売はいつ頃を予定しているのか?といった部分も関係してくるので、実際の作業時間はどの程度掛かるのか?も考慮が必要になります。

何故か?と言うと、自作の場合では完成して申請すると、リジェクト(審査落ち)になる場合があるからです。

審査落ちになってしまうと、修正する手間も発生しますから、スムーズに販売までこぎつけるといった感じにはなりません。

やっぱり、この辺の事情も少なからず考慮が必要になります。

 

LINEスタンプ作成の手間や時間を掛けたくない場合

ここでは、LINEスタンプを自作する場合では、色々な手間や作業時間も発生するので、それをどうにか?回避したい場合の内容になります。

経験を積むのも1つの方法

スタンプ作成する場合では、それなりの時間や手間も掛かるのですが、この時間をどうにか?短縮したいな~と考えている場合では、経験を積むのも1つの方法です。

初めて作成する場合では分からない事が多いので時間も掛かってしまいますが、2回目、3回目といった感じに何回もスタンプ作りを行っていく内に作業の効率化もできるようになります。

作業の短縮化を行いたい場合では、それなりの経験を積むのが何だかんだ言っても最短コースになるのでは?というのが個人的な見解になります。もしくは、制作依頼するか?の2択。

その他にもLINEスタンプメーカーで、スマホのカメラで写真撮影して作成するという方法もあるので、自分にとって最適な方法を選択した方が良いです。

 

専門家に依頼するのも1つの方法

自分だけのオリジナル仕様のLINEスタンプを作成して、販売したい場合では、専門家(イラストレーター)に依頼するのも1つの方法になります。

その理由としては、実際の手間や作業時間を考慮すると、制作依頼してしまった方が圧倒的に短時間で完了するからです。これを自分が全て行った場合では、こんなに早く作成できないと思います。

逆を言えば、専門家並の時間でスタンプ作成できるのであれば、そのまま自作すれば問題ありません。でも、2週間~1ヶ月ぐらい掛かるのであれば、制作依頼してしまった方が良いのではないか?と個人的に考えます。

この間の作業時間を考慮すると、明らかに効率性が悪いですから、それでも完全な自作に拘るのか?という部分は考慮した方が良いです。

asunao ニンジンうさぎ JP - LINE スタンプ | LINE STORE
毎日使えるスタンプとして、「ニンジンが好きなウサギさん」のスタンプになります。

 

ココナラに制作依頼でLINEスタンプ作成の手間を節約

ここでは、LINEスタンプを自作するのではなく、ココナラで制作依頼を検討してみては如何かな?についての内容になります。

販売するのであれば「ココナラ」に依頼も魅力的

自作で作成したオリジナルスタンプを販売した方が余計な費用も発生しなくて全てにおいて一番最適に感じますが、実際の手間や作業時間も考慮すると、自分の思い描いた通りに事が運ばない事もよくあります。

さらには、どうにか?やっとの事で全てのスタンプ画像を用意する事ができても、審査でリジェクトになってしまう可能性も否定できないため、総合的に考えると、相当な時間を費やす場合も実際にあるのでは?と思います。

この事を考慮すると、自作も確かに魅力的ですが、販売するのであれば、タイミングも重要な要素になるため、いたずらに販売時期を延ばすのもどうかな?と感じます。

専門家に依頼するのも1つの方法になります。それならば、具体的にどこに依頼すれば制作して貰えるのか?も気になりますが、「ココナラ」が良いと思います。

制作費用もピンからキリまでありますが、安価で制作してくれる方も居るので安心です。

 

ココナラで制作依頼した方が短期で販売できる

ココナラでLINEスタンプの制作依頼を実際に行った事がありますが、圧倒的に感じるぐらいの短期で制作して頂けるので、自分で作成するよりも時間を有効に活用できるようになります。

やっぱり実際の作業時間は考慮した方が良いのではないか?と考えます。この事を考慮すると、イラストレーターに制作依頼するのも選択肢の1つに考えた方が良いのでは?と思います。