LINEスタンプ申請方法!LINEクリエイターズマーケットに申請

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

自分オリジナル仕様のLINEスタンプを販売したいな~と思った場合では、LINEクリエイターズマーケットに申請して承認後にリリースして販売開始となりますが、事前に審査ガイドラインを熟読しておく必要があります。

その上で、必要個数のスタンプ画像 及び メイン画像、トークルームタブ画像となります。ここまで無事に用意できれば、あとは申請するだけなのですが、実際に申請してみると色々な事に気が付いたりするものです。

特に初めて、申請する場合では、意外と時間が掛かったりするのではないでしょうか?というのも、筆者の場合では、タイムアウトを2~3回ぐらい繰り返したような記憶があります。

そのぐらい、確認する箇所が多いので1回目は苦労したな~といった感じです。

今回の記事は『LINEスタンプ申請方法!LINEクリエイターズマーケットに申請』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ申請方法!申請に必要な物を準備

ここでは、実際にLINEクリエイターズマーケットに申請する場合に準備する物についての内容になります。

スタンプ画像など

自分オリジナル仕様のLINEスタンプを作成すれば、すぐに販売できると思ってはいけません。LINEに申請して何も問題なく販売できるのか?を審査してもらいます。

この場合に必要になるのが、「スタンプ画像」、「メイン画像」、「トークルームタブ画像」の3種類が必要です。

「必要数、サイズ、ファイル形式、ファイル名」を揃えた上で申請となります。

 

スタンプ画像のサイズ(PNG)

① スタンプ画像
ヨコ 80〜370px、タテ 240px

 

② メイン画像
ヨコ 240px、タテ 240px

 

③ トークルームタブ画像
ヨコ96px、タテ74px

 

英語のタイトル名、英語の説明

LINEスタンプを新規に申請する場合では、必ず英語名の「タイトル」と「説明文」が必要になります。

どのようなスタンプなのか?を英語で入力する欄があるため、事前に準備しておきます。と言っても分からない場合もあるため、翻訳を利用するのが良いと思います。

 

スポンサーリンク

LINEクリエイターズマーケットにアカウント登録

ここでは、実際に、オリジナル仕様のLINEスタンプをLINEクリエイターズマーケットに申請する前に必要なアカウント登録についての内容になります。

PCログインの許可

① LINE
スマートフォンで利用しているLINEを起動し、ホームをタップします。

 

② 設定
歯車アイコンの設定を開き、アカウントをタップします。

 

③ 許可
ログイン許可のスイッチをオンに設定します。これを行わないと、PCでログインできません。

 

パソコンから登録する

① クリエイターズマーケット
パソコンのウェブブラウザで、LINEクリエイターズマーケットを検索し、「登録はこちら」をクリックします。

 

② ログイン
LINEで利用しているメールアドレスとパスワードを入力した上で「ログイン」をクリックします。

 

③ 同意
LINEアカウントを利用して、LINEクリエイターズマーケットにログインする事に対しての同意を求められるので「同意する」をクリックします。

 

クリエイター情報の入力

① 情報を入力
LINEクリエイターズマーケットでスタンプ販売するにあたり、クリエイター情報を入力します。嘘偽のなく入力してください。

 

② 内容確認
一通り入力したら確認画面に進み、何も問題が無ければ登録します。

 

③ メール
登録完了後に、さっき入力したメールアドレスに確認メールが届くので、URLをクリックしてクリエイター登録を完了します。

 

LINEスタンプ申請方法!LINEスタンプを申請の手順

ここでは、実際にオリジナル仕様のLINEスタンプをLINEクリエイターズマーケットに申請する方法についての紹介になります。

スタンプ詳細

① スタンプのタイプ
デフォルトでスタンプが設定されているため、そのままでも問題ありません。

 

② 英語のタイトル
英語のタイトルを入力します。50文字以内(必須

 

③ 英語のスタンプ説明文
英語のスタンプ説明文を入力します。160文字以内(必須

 

④ 言語(Japanese)を追加
英語のタイトルと説明を入力したら、「言語を追加」でJapaneseを選択します。

 

⑤ 日本語のタイトル
日本語のスタンプのタイトルを入力します。必須ではないのですが、日本語のスタンプの場合は日本語を追加しておいた方が無難です。

 

⑥ 日本語のスタンプ説明文
こちらも同様に日本語のスタンプ説明文を入力します。

 

販売情報

① クリエイター名(必須)
販売ページ上で表示される名前です。こちらの場合も言語ごとに設定が可能です。

※ 筆者の場合は英語表記なので設定していません。

 

② コピーライト(必須)
販売ページの下部に薄い文字色で表示される名前です。クリエイター名を入力している場合が多いです。筆者の場合は「©️」を頭につけています。

 

③ テイストカテゴリ
④ キャラクターカテゴリ
⑤ プライベート設定
⑥ LINEスタンプ プレミアム

 

⑦ 販売エリア(必須)
ここはちょっと要注意かも知れません。というのも、販売できる全ての国に設定すると、審査落ち(リジェクト)になる場合が多いからです。販売できる一部の国に設定しています。

 

⑧ 特集企画(必須)
⑨ LINE Creators Collaboration(必須)

asunao ニンジンうさぎ JP - LINE スタンプ | LINE STORE
毎日使えるスタンプとして、「ニンジンが好きなウサギさん」のスタンプになります。

 

LINEスタンプ申請方法!スタンプ画像、タグ設定、販売価格

ここでは、用意したスタンプ画像をアップロードしてタグ設定や販売価格の設定方法についての内容になります。

スタンプ画像

① スタンプ個数
スタンプ画像をアップロードする場合では、ちょっと困惑するのではないでしょうか?というのも、初めに設定されているのが8個なので、どうやってスタンプ個数を変更すれば良いのだろうか?といった感じ。

スタンプ画像のタブを開くと8個までしか登録できないようになっていますが、「編集」をクリックすると個数を選択できるようになります。

 

② アップロード
ZIPファイルごとアップロードするのか?それとも個別で画像をアップロードするのか?選択できます。筆者の場合は、ZIPファイルを一括でアップロードする方法がよく分からなかった事もあり、個別で1つずつアップロードしています。

 

③ 画像のチェック
ミスがないのか?確認する目的で、背景色を変えて画像の透過を確認します。

 

タグ設定

基本的には、設定していなくても申請は行なえます。仮に申請時にタグ設定されていない場合では、システムで自動的に設定されるので、それでも何ら問題ないのであれば、設定しなくても良いです。

でも、筆者の場合は、初めての申請だった事もあり、全てのスタンプ画像にタグを設定しています。この時に、相当な時間を費やしてしまい、2~3回ぐらいタイムアウトになっています。

あまり時間を掛け過ぎると、このようにタイムアウトになってしまうので、テンポよく軽快に設定する必要があります。

 

販売価格

販売価格は、通常では、120円が設定されています。スタンプ個数が24個以内であれば、この金額で何ら問題ないと思います。

 

リクエスト

一通り確認して何も問題なければ、「リクエスト」を行い、審査してもらいます。

筆者の場合では約15時間ぐらいで結果が届いています。(無事に承認)