LINEスタンプ申請レビュー!2回目の申請は審査・承認が早い?

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

毎日のようにスマホで利用しているメッセージアプリのLINEで利用するスタンプを制作して販売したり、自分の為に利用する場合もあると思います。

とはいえ、スタンプを販売したからといって、必ず売れると思っていると痛い目を見るので、実際には自分で利用する為に制作して購入するといったパターンが多いかも知れません。

この場合では、LINEクリエイターズマーケットに制作したスタンプを申請して審査してもらい、承認してもらう必要に迫れらますが、スムーズにリリースまで辿り着くのか?は皆さん一律で同じではないです。

今回の記事は『LINEスタンプ申請レビュー!2回目の申請は審査・承認が早い?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ申請(2回目の申請)について

ここでは、2回目のLINEスタンプ申請についての内容になります。

前回(1回目)の結果

前回は「asunao ニンジンうさぎ JP」を初めて、LINEクリエイターズマーケットに申請したのですが、約15時間ぐらい経過して、審査落ち(リジェクト)になっています。

審査落ちの理由は販売エリアが良くなかったようで、ここを変更して再申請したら、承認となりました。具体的にどこに原因があるのか?ちょっと良く分からないのですが、「販売できるすべての国や地域」を選択していたので、ここがまずかったのかな~といった感じ。

修正したのは、「販売できる一部の国や地域」に変更して再申請なので、このasunao ニンジンうさぎ JPシリーズは、ここ1択なのかな?といった感じ。

 

最初に躓いた方が良い感じ

順風満帆に全てのスタンプが全て承認されてしまうと、自分では気が付いていない事も分からないですから、最初の1回目は審査落ちになった方が良いのではないか?と個人的に考えます。

その理由としては、審査落ちになった方が自分にとって良い勉強になるからです。リジェクトになるとガックリな気分になりますが、決してそのような気分にならなくても良いのではないか?と思います。

お陰様で良い勉強や体験ができるのですから、プラスに考えた方が良いです。、

 

今回(2回目)の注意事項

2回目の申請で気を付けた事は、販売エリアだけではありません。前回タグを設定する時に、2~3回ぐらいタイムアウトになっているので、スムーズにテンポ良くタグ設定できるように心掛けています。

その結果はどうだったのか?と言えば、一度もタイムアウトにならずに済みましたので、経験がうまく活用されている感じになります。

どこに何があるのか?を前回よりも見つけやすいような感じになっているので、探しやすかったです。

 

スポンサーリンク

asunao ニンジンうさぎの旅 をリクエスト審査

ここでは、asunao ニンジンうさぎの旅をLINEクリエイターズマーケットに申請についての内容になります。

asunao ニンジンうさぎの旅を申請

asunao ニンジンうさぎ JP」は本来であれば40個のスタンプで申請しようとしていました。でも、途中で計画変更を行い、2つに分離してシリーズ化しても良いかな?と考えてしまったのである。

1回目の申請で使用しなかったスタンプが有るので利用しないのは勿体ないですし、足りないスタンプは追加すれば良いんだ!という感じになり、その結果2つに分ける案が成り立っています。

途中で計画を変更する無茶ぶりを実際にやっていますが、それでも自分さえ良ければ何も問題ないので、そのまま実行に移し、派生版という事でタイトルを変更しています。

実際の話、旅行シーンのスタンプが多いですから、「asunao ニンジンうさぎの旅」というタイトルにしています。

 

どういうスタンプなのか?の説明文について

「asunao ニンジンうさぎ JP」の派生版にあたるスタンプに該当するので、どういうスタンプなのか?という説明欄では、その旨を記載しています。

でも、実際には、タイトル名を記載ではなく、スタンプIDを入力しています。その理由としては、スタンプIDの方がピンポイントで分かりやすいかな?と思ったからです。

タイトル名を入力されても審査員は色々な似たようなタイトルがいっぱいある中から検索するのも大変かな?と考えて、ピンポイント検索できるスタンプIDの方が良いと思います。

どのように入力したのか?と言うと、「スタンプID◯◯◯・・・の色々な場面に対応できる派生版です」と入力しています。

 

LINEスタンプ申請レビュー!2回目の審査・承認は早い?

ここでは、2回目のLINEスタンプ申請についてのレビュー紹介になります。主に審査に関しての内容です。

2回目の審査・承認は早い

前回(1回目)の審査・承認に掛かった時間は約15時間ぐらいだったので、このぐらいの時間が掛かるんだな!と思っていました。

そんびり約15時間待っていれば、その内に承認メールが届くという感じで好きな事をして待っていたのですが、想定していたよりも圧倒的に早く承認メールが届いています。

約6時間ぐらいで承認メールが到着しています。どうしてこんなに早いのかな?といった感じでビックリです。

 

2回目は審査・承認が早いのかな?

真相は良く分かりませんけれども、どのようなスタンプなのか?という場所で、「asunao ニンジンうさぎ JP」のスタンプID+その派生版と入力したのが良かったのかな?と個人的に思い込んでいます。

そのように考えれば、早く承認されるのも納得できるからです。逆にコレ以外の理由はあるのかな?といった感じ。

思い当たるのはいくつか有りますが、1つスタンプを実際にリリースしていますから、その事も少なからず良い方向に向いているのかな?といった感じ。

いずれにしても、早く審査・承認が終わってくれるので、これはこれで良いと思います。

 

2回目はリジェクトなし

1回目の申請では、審査落ちを経験していますが、2回目の申請では、リジェクトにならずにスムーズに承認されています。

これも1回目の経験が活用できている事の証拠になるため、こういう経験は1回はしておいた方が良いかな?と改めて感じました。

 

LINEスタンプ申請レビュー!承認後からリリースまで

ここでは、「asunao ニンジンうさぎの旅」が承認された後はどのようにしたのか?についての内容になります。

承認されたスタンプを確認

スタンプ申請して承認されたスタンプは、直ぐにでもリリースして良いのですが、スタンプを全て確認した方が良いです。

どうしてなのか?と言うと、もしかすると、差し替えた方が良いと感じるスタンプが有るかも知れないからです。

というのも、筆者の場合は1回目のスタンプでリリース後にスタンプを差し替えているからです。

この時の経験を活用して、2回目は実際にリリースする前に、一通り、スタンプを確認しています。

 

リリースして販売開始

スタンプを審査して無事に承認されたら、販売できる!と思っているかも知れませんが、そうではありません。実際にはまだ販売されていない状態になります。

販売するにはもう1つの作業を行う必要があります。それは「リリース」になります。リリースボタンをクリックして初めて販売開始となります。

 

リリース後にスタンプを差し替える場合

もし、販売開始したスタンプにミスが有る事が判明した場合では、スタンプを差し替える選択も必要になる場合がありますが、この場合は一度、販売停止しないといけません。

その上で、再申請となります。ここでの注意事項としてはタイトル名が同じ名前を利用できないので、一部変更する必要があります。

その他にはスタンプ説明欄に「スタンプID ◯◯◯・・・の修正版です」と入力することを忘れずに行います。

LINEスタンプ申請レビュー!初めての申請は販売エリアで悩む
皆さん こんにちは! 毎日の生活で利用しているメッセージアプリのLINEで使うスタンプを制作した場合では、そのままでは利用できないため、LINEに申請して審査してもらう必要があります。 例え、自分しか使わないスタンプなの...