LINEスタンプ申請の補足!スタンプ審査ガイドラインは熟読を

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

オリジナルのLINEスタンプをメッセージ等で利用したいな~と思った時に考えるのが、LINEスタンプを制作してみよう!といったパターンかも知れません。

この場合では、自分が必要としている個数のスタンプ画像を用意して申請する必要があります。実際にはスタンプ画像に加えて、メイン画像やタブ画像も必要です。

先ずはこれらの画像を用意できるのか?又はどうやって用意するのか?が重要な要素になります。自作するのであれば、パソコンのペイントソフトを利用する事になります。

パソコンではなく、スマホで作成したい場合では公式アプリのLINEスタンプメーカーが利用できます。いずれにしても実際に制作する前に、審査ガイドラインは目を通しておいた方が良いと思います。

今回の記事は『LINEスタンプ申請の補足!スタンプ審査ガイドラインは熟読を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ申請する前に用意するもの

ここでは、制作したオリジナルLINEスタンプをクリエイターズマーケットに申請する場合に用意する物についての内容になります。

準備するスタンプ画像

オリジナル仕様のLINEスタンプをLINEクリエイターズマーケットで販売する場合には必要個数のスタンプ画像とメイン画像、トークルームタブ画像が必要になります。

スタンプ画像については、皆さん一律的に同じではなく、「8、16、24、32、40」の中から選択してこの個数に対応する画像を用意します。

また、スタンプ画像やメイン画像、タブ画像には決められたサイズが指定されているので、これにも注意が必要になります。

因みに、ファイル形式はPNGとなります。

 

メイン画像、タブ画像

① メイン画像
メイン画像ってどこかな?と思うかも知れませんが、販売ページに表示される画像を指しています。

サイズは「ヨコ 240px、タテ 240px」になるため、実際のスタンプ画像とは別に用意します。

 

② トークルームタブ画像
トークルームタブ画像は、どこを指しているのかな?も気になりますが、これはLINEメッセージのスタンプを選択する場合のアイコンを指しています。

サイズは「ヨコ96px、タテ74px」になります。

 

メイン画像、タブ画像の補足事項

メイン画像とタブ画像はスタンプの中から選択すれば良いのか?で悩むと思いますが、どちらでも構いません。

スタンプ画像と区別するために別個の新しい画像を用意する場合は要注意になります。

詳しくはスタンプ審査ガイドラインを見て頂ければ、その旨の記載があるので理由は分かると思います。

スタンプ画像からチョイスする場合では指定サイズにする必要があります。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプ申請の前にやるべきこと

ここでは、オリジナルスタンプをLINEクリエイターズマーケットに申請前にやるべき事についての内容になります。

スタンプ画像のチェック

オリジナルスタンプを申請する場合では、ファイルをアップロードしますが、この時にちゃんと画像のチェックを行った方が良いです。具体的に何をチェックするのか?と言えば、ミスがないのか?を調べる目的で背景色を変えて画像の透過を確認します。

また、これ以外でも制作した時点では気が付いていない凡ミスもあるかも知れないので合わせて確認した方が良いと思います。その理由としては、仮に審査に通過してリリースして販売開始になったと仮定したとします。

この場合に販売開始後に差し替えたいスタンプが発生すると販売停止にした上で、再申請する必要があるからです。このような展開にならないようにした方が良いと思います。

 

タグ設定

タグ設定はハッキリ言って面倒に感じるぐらいに時間も掛かるのでパスする場合も多いです。別に設定しなくても審査には特に影響はないですし、承認後に自動的にシステム側で設定してくれたりします。

でも、自動的にタグ付けされてしまうのもどうかな?と思うので、自分でタグを設定する場合も有ると思いますが、ここは注意が必要になります。

というのも、明らかに異なったタグを設定すると、リジェクトされてしまうからです。タグ付けを行った場合は、ちゃんと意味的に合っているのか?は確認した方が良いと思います。

 

販売エリアの確認

確認事項としては、制作したオリジナルスタンプは何処で販売するのか?価格はいくらに設定するのか?も重要になります。

特に日本国内以外の海外販売する場合では、どの国や地域で販売するのか?も重要になります。

というのも、たいていの場合では、販売できる全ての国・地域を指定したい気分になってしまいますが、これで設定して申請すると、リジェクトされてしまう場合があります。

理由は良く分からないのですが、筆者の場合は販売できる一部の国・地域で設定すると審査を通過できる感じ。

 

LINEスタンプ申請の補足!スタンプ審査ガイドラインは熟読

ここでは、オリジナルLINEスタンプをリクエストする前にもう一度、審査ガイドラインは読んでおいた方が良いについての内容になります。

審査ガイドライン

審査ガイドラインって何かな?と思っている場合では、確実に読んでいませんから、ググってチェックしてみてください。

何故か?と言うと、審査落ちになる場合では、このスタンプ審査ガイドラインに関係している場合が多いからです。制作したスタンプがLINEが定めるガイドラインに沿って制作されていないと承認されません。

スタンプの場合では全部で5つの項目がありますが、そんなに長い文章ではないため、一通り目を通しておいた方が無難です。

 

スタンプと絵文字は異なる

ガイドラインに目を通しておいた方が良いのですが、「スタンプガイドライン」、「絵文字ガイドライン」、「着せかえ審査ガイドライン」が同じページに表示されています。

スタンプの場合は、スタンプガイドラインを確認となります。

 

その他に要注意な事項

① 説明文、タイトルと矛盾しているもの
申請するスタンプが明らかにタイトルや説明文と異なる場合は審査落ちになるので要注意です。これは「説明文、タイトルと矛盾しているもの」に関係します。

 

② スタンプの複製
特にスタンプのシリーズ化する場合では、自分のスタンプでも重複してはいけません。使いまわしすれば良いのではないか?と考える場合も多いですが、これはダメです。必ず異なる画像になるようにしないといけません。

 

LINEスタンプ申請して審査落ち(リジェクト)の場合

ここでは、実際にスタンプを申請してリジェクトになってしまった場合はどうすれば良いのか?についての内容になります。

実際に審査落ちを経験

筆者の場合は初めての申請時にリジェクトになっています。具体的にどこがダメだったのか?と言うと、スタンプ画像ではなく販売エリアになります。

「販売できる全ての国・地域」に設定していたのですが、これではダメだったようです。自分の心境としては、より多くの国。地域で販売できれば、それに越した事はないと思いました。

仕方がないから、「販売できる一部の国・地域」に設定した上で、再申請したら承認となったので、この違いは何だろうか?といった感じになります。

 

審査が通らない場合

何回やっても審査が通過できない場合も有ると思います。この場合では、大変申し訳ございませんが、自作でのスタンプは諦めて、スキルマーケットのココナラでLINEスタンプ制作の依頼した方が良いと個人的に考えます。

その理由としては、専門家に任せた方が手間時間節約に繋がりますし、自分で制作するよりも圧倒的に早く制作してくれるので魅力的に感じます。

価格はピンからキリまでありますが、自分の希望する価格帯で制作してくれる方を探す事になります。但し、必ずしも見つかるとは限らないため、妥協も必要になります。

LINEスタンプ作成!ココナラに制作依頼で作業時間と手間を節約
皆さん こんにちは! スマホでLINEする場合によく利用しているLINEスタンプを自分だけのオリジナル仕様を持ってもたいな~と思った事はありませんか?この場合では、それならば作ってみよう!という展開になると思います。 実...