老後の生活費!高配当銘柄の株式配当金は年金暮らしのお小遣いに便利

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

株式投資を行っている場合では株式配当金や株主優待がとても魅力的に感じると思います。でも、その反面、のめり込み過ぎるとデメリットも発生するので注意も必要です。

一番良いのは一喜一憂する生活からの脱却になるので長期運用して株価なんて気にしないという感じが良いです。

因みに老後の年金暮らしの場合でも配当金は役立ちますから長期運用している場合では恩恵を受け続ける事ができると思います。

今回の記事は『老後の生活費!高配当銘柄の株式配当金は年金暮らしのお小遣いに便利』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の生活でもお小遣いのお金も必要

ここでは、老後の年金暮らしだったとしても趣味や嗜好品の購入で利用できるお小遣いも必要についての内容になります。

公的年金だけでの生活ではお金の不安もある

年金暮らしでは何かと不安も多いのが実情になりますが、その中でも意外とお金の不安も多いのではないかな?と考えます。

特にまだ実際に年金暮らしをしていない場合の方が多く感じる場合が多いです。

というのも、自分が年金を受け摂る年齢に到達した頃は年金受給の水準が今よりも悪くなっているのではないか?という不安です。

さらには、具体的にいくら?有れば良いのか?というのが見えないですから、余計に不安になります。

 

趣味や嗜好品の購入はどうする?

老後の暮らしだったとしても好きで飲んだり食べたりしている嗜好品はやめられないものです。逆にやめてしまうとストレスも溜まりますから発散する手段を変更するのも大変です。

それに好きな事をやめる事は本当にできるのか?という部分もあるため、一時的にはやめる事はできても、ほとぼりが冷めるとまた元に戻ってしまう場合も多いです。

そのため、嗜好品の購入もいつも通りに行うのではないでしょうか?

 

自由に使えるお金も欲しい

会社を定年退職すると、再就職やアルバイトでもしない限り、収入がないため、年金が貰える年齢までは貯蓄を切り崩して生活する事になります。

この期間に限って言えば、自由に使えるお金が無いと言った方が正解になるため、色々な制約を受ける事になります。

それでも、退職金があれば旅行にも行けるので、そこまで深く考えなくても良さそうに感じます。

でも、退職金が無い場合では節約も必要になるため、自由に使えるお金も欲しいと感じます。

 

スポンサーリンク

収入が公的年金だけではお小遣いは厳しい

ここでは、公的年金で暮らしている場合では趣味などに利用するお小遣いのお金を充てるのは厳しいため、満足に利用できないについての内容になります。

年金額が少ない場合は節約も必要

年金生活の場合では収入は基本的には公的年金に限られてしまうことになります。株式投資などを継続している場合では年2回程度、株式配当金も受け取れます。

受け取れる年金額は個人差があり、働いている時に収入が多くていっぱい支払った人は多く貰えますが、そうでない場合では年金額も少ないです。

仮に年金額が少ない場合では物価高になった場合では家計を直撃するため、家計のやりくりも大変になってしまいます。

日頃から節約できるところは節約するといった生活を心掛けて習慣化しておくのも1つの方法になると思います。

 

嗜好品は満足したい

老後の楽しみ方の1つとして、お酒やタバコ、コーヒー、お菓子などの嗜好品が該当するのではないでしょうか?

タバコに関して言えば、自分や家族の健康も考慮しないといけないので可能ならば止めて頂きたいところですが、喫煙生活が当たり前になっている場合では簡単に止めれません。

おそらく、タバコが好きな場合では年金暮らしになったとしてもタバコの喫煙は継続すると思います。

このような嗜好品の場合では、健康は全く考えないで好きで飲んだり食べたりするので抑制はしたくない場合が多いです。

抑制すると満足できないですから逆にストレスが溜まってしまう感じになるのである。これもどうかな?とは思うんですけれどもね。

 

年2回の高配当銘柄の株式配当金は魅力的

ここでは、中間配当、期末配当がある高配当銘柄の株式を保有している場合では配当金が魅力的に感じるについての内容になります。

100株でも高配当銘柄は魅力的

高配当銘柄の株式を保有している場合では、単位株である100株だったとしても配当金が他の銘柄よりも高いため、年2回の配当金も魅力的に感じます。

効率的に配当金を受け取りたいと考えている場合は100株ではなく最低でも200株以上は保有したいと感じるのではないでしょうか?

とはいえ、こればっかりは株価余剰金次第になりますから、株価が高い時に購入するはリスクを伴いますから、株価が安い時に買い増しするのが良いです。

又は、他の高配当銘柄を購入するという方法でも良いと思います。

 

高配当銘柄の株式投資のデメリット

高配当銘柄の株式を保有している場合では株式配当金が魅力的に感じますが、その反面、株式を購入する場合に株価が高い事がデメリットに該当します。

株価が高い場合では株価が下がるとダイレクトに影響が出るので一喜一憂する生活に繋がる可能性があります。

そのため、高配当銘柄を保有する場合は長期運用して配当金を受け取りながら元本割れの分を補完する運用を行うのが賢明の選択ではないかな?と考えます。

何せ、高配当ですから、1回に受け取れる配当金も多いので購入金額よりも価格が下がっている場合では長期運用することでプラスに転じる場合もあります。

 

老後の生活費!株式配当金はお小遣いに便利

ここでは、老後の生活費で暮らしている場合では年2回の株式配当金はお小遣いに便利に使えるについての内容になります。

株式配当金は老後のお小遣いにも向いている

会社勤務している頃から株式投資をしている場合では、定年退職後もそのまま株式の保有を継続していると思います。

何せ、年2回の中間配当・期末配当の配当金が受け取れる場合がありますから、これは素直に嬉しいです。

それに臨時収入にも該当するので、老後の年金生活におけるお小遣いの用途にも利用できます。

可能ならば高配当銘柄の株式を保有して受け取れる配当金額を増やしたいところでしょうか?

 

食料品の株主優待も魅力的

株式投資の魅力的に感じる部分としては、年2回の株式配当金を受け取る事ができる銘柄を保有すると中間配当と期末配当を受け取れます。

さらには株主優待が有る銘柄を保有すると自社製品、お米や特産品、商品券といった株主優待が貰えます。

老後の年金暮らしでは生活費となる公的年金が主な収入になるため、物価高になると家計を直撃する事になります。

でも、株主優待でお米などの食料品を受け取れる銘柄を保有している場合では配当金に加えて株主優待が貰えますから老後の家計にも役立ちます。

老後の生活費!定年退職後から年金受給までのお金は準備している?
皆さん こんにちは! 老後の暮らしってどんな感じだろうか?と考えた事はありませんか?まだ20代といった年齢では別に考えないかも知れませんが、頭の隅にでも入れておいた方が良いです。 というのも、会社を定年退職しても直ぐに年...