老後の生活費!毎日の食事は料理も大変!宅食サービスで栄養も考慮

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

老後の暮らしってどんなだろう?と思っている人も多いと思います。いやいや、まだ自分はそのような事を考える年代ではないから、気にする必要はないと考えている人も多いです。

このように考えている場合でも、ちゃんと考えておいた方が良いと思います。何故か?というと、あっという間に時間は過ぎ去りますから、気が付いた時には既に時遅しといった感じで考えないといけない年代になってしまうのである。

20代の頃から、しっかりとした計画を立てておいた方が良いんじゃないのかな?

今回の記事は『老後の生活費!毎日の食事は料理も大変!宅食サービスで栄養も考慮』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の暮らしでも毎日のように料理する

ここでは、老後の生活だったとしても毎日のように料理して朝・昼・晩の食事も必要になるについての内容になります。

老後の暮らしでも食事は必需品

若い頃の時に自炊生活などを行っていなかった場合では、老後の生活になっても自炊をするのか?ちょっと分からない感じになります。

というのも、別に自分で食事を作らなくても宅食サービスなども有りますから、このようなサービスを利用すれば自炊から解放されるのである。

老後の食生活においては自炊よりも食料品の買物などの手間を考慮すると、宅食サービスを利用するのも有りなんじゃないのかな?感じます。

 

毎日のように料理も必要

老後の年金暮らしの場合でも、毎日を元気に過ごす必要があるため、基本的には1日3食の食事が必要になります。

でも、流石に毎日3食3回に分けて料理をするのは大変に感じるのも実情なので、作り置きなども行っている場合も多いのではないでしょうか?

 

自炊生活は栄養バランスが意外と大変

自宅で料理して食事する自炊生活では、栄養バランスに配慮を心掛ける必要があるため、ただ1食分の料理をすればOKという訳ではないです。

ちゃんと栄養バランスを考慮した食事にする必要があるため、食材を選んで購入する場合では注意も必要になります。

自宅の近くに食料品スーパーが有る場合では何も問題ないですが、遠方にある場合では纏め買いもする必要もあります。

 

スポンサーリンク

運転免許返納後の生活では移動手段の確保が必要

ここでは、老後暮らしでは、いずれ運転免許を自主的に返納する機会が訪れるので移動手段はどのように確保するのか?についての内容になります。

食料品の纏め買いでは持ち帰りも考慮

毎日の食生活では自炊している場合も多いですが、自炊の場合では食材の買物も必須となります。

自給自足生活している場合では大丈夫ですが、たぶん一握りの人しかこのような生活はできないのではないでしょうか?

一番良いのは徒歩圏内に買物できる店舗が有れば良いのですが、こればっかりは立地条件も関係あるのでどうにもなりません。

食料品スーパーで纏め買いする場合では徒歩での持ち帰りは厳しいと思います。

 

運転免許返納後は買物に行けないかも?

今までマイカー運転にてイオンやイトーヨーカドーなどの店舗に買物に出かけていた場合では、運転免許を返納してしまうと運転できませんから、買物に行けなくなります。

路線バスを利用しても良いですが、住んでいる地域によっても1時間に何本もバスが走っているのか?という問題もあるので都市部に在住でもしていないと難しかったりします。

仮に地方に住んでいる場合では、近くに店舗が無い場合もあるため、宅配サービスに頼る選択も1つの方法になります。

 

食料品の買物は宅配サービス?徒歩で買物?

ここでは、自主的に運転免許返納呉の食料品の買物はどのようにすれば良いのかな?についての内容になります。

徒歩圏内に食料品スーパーの有無

老後の食生活で自炊する場合では、当然の事ですが、食材の確保が必要になります。

マイカー運転できれば問題ないのですが、運転免許返納後は流石に考えものです。一番良いのでは自宅から徒歩圏内に買物できるお店が有るのか?が鍵になるといった感じ。

近所に子供の家族などの親類が居れば良いのですが、居ない場合ではどのように移動手段を確保するのか?も真面目に検討しておく必要があります。

 

生協のおうちCO-OPなどの宅配サービス

おうちCO-OPって何だろう?と思う人も居るかも知れません。これは週1回ご自宅にお届けする生協の宅配サービスの事です。

週1回なので必然的にまとめ買いのような感じになってしまうのではないかな?と感じるのは気のせいでしょうか?

とはいえ、徒歩圏内に食料品スーパーなどの店舗が無い場合では、生協のおうちCO-OPなどの宅配サービスはとても魅力的に感じます。

別に生協じゃなくても良いと思います。このようなサービスは他にもあります。

 

ネット通販

ネット通販で食料品を購入するのも1つの方法にはなりますが、毎週のようにネット通販で購入するのかな?というのも、ちょっと違和感が有るような気がします。

 

老後の食事は宅食サービスも1つの解決方法

ここでは、老後の運転免許返納後の食生活では朝・昼・晩の食事は宅食サービスを利用する方法も有るについての内容になります。

宅食サービス

自主的に運転免許を返納した場合では、いつものように食料品スーパーへの買物もできなくなるので、食料品の買物をどうするのか?で悩む事になります。

自宅から徒歩圏内で移動できる距離にスーパーなどの店舗があれば良いですが、必ずしも有るとは限らないので生協などの食材の宅配サービスを利用するか?ネット通販を利用するか?の選択になってしまう可能性が高いです。

これを解決する1つの手段として、お弁当宅配などの宅食サービスになります。

 

生協のお弁当宅配も魅力的

生協を利用している場合も多いと思いますが、店舗利用だけでなく、食材の配達もやっているので、別に買物に行く手間を省けるのは便利に感じます。

とはいえ、週1回の食材の宅配になってしまうので、纏め買いになるのが実情になります。

纏め買いでも基本的には大丈夫なんですけれども、冷蔵庫が大きくないと入り切らなかったりするので必ずしも最適な選択という訳ではないと思います。これは纏め買い全般に言える事かも知れません。

この事を考慮すると、食材の宅配ではなく、生協のお弁当宅配でも良いんじゃないのかな?と個人的に考えます。

 

お弁当宅配なら栄養も考慮できる

どうして魅力的なのか?と言うと、栄養も考慮されているお弁当だからです。自炊する場合では、自分で栄養も考慮して料理する事になります。

でも、宅食サービスであれば、その必要がないのでお手軽です。

老後の生活費!運転免許返納後の買物や病院への移動手段や足の確保
皆さん こんにちは! 老後の暮らしでは、いずれ自主的に運転免許を返納する時期が訪れる事になりますが、毎日の生活でマイカーを利用している場合ではクルマがなくなってしまうと困るので大いに悩みます。 都市部で生活しているのであ...