老後の生活費!老後資金は積立預金や定期預金に加えて資産運用も必要

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

老後の暮らしに必要な物と言えば「お金」になりますが、このお金は公的年金だけあれば大丈夫なのでしょうか?と考えた事はありませんか?

未来については誰も分からないので何とも言えないですけれども、現在よりも良くなる事は先ずないですから年金額が具体的にどのぐらい貰えるのか?は受給できる年齢にならないと何とも言えないです。

そうなると、現在の水準よりも下がる事も想定しておく必要があるため、足りないお金はどのよに準備するのか?も考えておかないといけないと思います。

今回の記事は『老後の生活費!老後資金は積立預金や定期預金に加えて資産運用も必要』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の生活費は準備しているのかな?

ここでは。老後の暮らしを支えるお金は準備しているのかな?についての内容になります。

準備していない場合も多いのでは?

たぶん20代といった場合では老後の生活についてのイメージが沸かない場合が多いですから、老後資金の事はあまり関心や興味がないのかな?と思います。

仮に関心や興味がない場合では、そのための資金をどうする?というのは考えないですから、考えられる年齢になるまで放置になるのかも知れません。

でも、これってとても良くないと思います。何故か?と言うと、考えれれる年齢になった時にどうしようか?となっても対応できないからです。

今は関心がなくても、いずれ考える必要がありますから、20代の年代だったとしてもコツコツ目的別の預金をするなりして準備した方が良いと思います。

 

目的別の定期預金があれば大丈夫?

老後資金を準備する場合では、漠然にいくら?必要になるのか?分からないですから、とりあえずは目的別の定期預金を作るなりなどの対策を行うしかなそうに感じます。

目的別の定期預金以外にも少ない金額でコツコツ貯める積立預金という方法もあるため、どちらか?の方法で預金するのも1つの方法になります。

だからといって、これで大丈夫なのか?と言えば足らないです。何せ、公的年金を受給できる年齢に到達してから、どのぐらい自分は生きられるのか?なんて誰も予測できません。

いくら?老後資金を用意すれば良いのか?が試算できないんじゃないのかな?とりあえず、用意できるだけ用意するといった感じになると思います。

 

公的年金は期待できない

老後の年金暮らしでは公的年金が有るから問題ないのでは?と考えてしまう場合もありますけど、果たして本当にあ音信しちゃって大丈夫なのでしょうか?

自分がイメージしている金額を受け取る事はできないのが実情になりますから、その金額で大丈夫なのか?はシュミレーションして確認も必要です。

たいていの場合では残念ながら足りないと実感できるため、不足分をどのように補うのか?は大いに悩む事になります。

 

スポンサーリンク

老後資金はどのように準備する?

ここでは、老後の生活費はどのように準備すれば良いのかな?についての内容になります。

定期的に銀行に振込されるお金の有無

老後の年員生活だったとしても食料品の買物や病院への通院といったように出費もあります。そうなって来ると毎月のように定期的にお金が入金されないと生活にも支障が出ると思います。

公的年金の他にそのような定期的に入金されるお金は有るのか?が重要になってきます。もし、そのゆなお金が無いのであれば何か?対策も必要になります。

とはいって、簡単には実現できないのが実情になるため、暇な時にでも検討しておいた方が良いです。

 

個人年金保険も1つの方法

公的年金にプラスαとして利用できる老後の資金と言えば個人年金保険が良さそうに感じます。10年・20年タイプがあるため、自分にとって最適に感じるプランを選択できるのも魅力的に感じます。

でも、1つだけ契約していれば安心なのか?というと安心できないのではないか?と個人的に考えます。

10年タイプと20年タイプの複数を契約したいところですが、残念ながらそんなに余裕資金はないですから、個人年金プラス貯蓄型の保険商品の組み合わせが良さそうに感じます。

 

株式配当金は向いていないと思う

本当に株式配当金を受け取るのが目的になっている株式投資の場合に限り、老後の生活費も兼ねる老後資金を貯める目的に利用できるのではないかな?と個人的に考えます。

但し、中間配当と期末配当の両方とも老後資金に充てる必要がありますし、年間どれぐらいの配当金を老後資金の準備に充てることができるのか?も関係あります。

正直な話、あまり金額が少ない場合では向いていないのではないか?と考えます。

 

老後の生活費は積立預金や定期預金で貯める?

ここでは、老後の暮らしで必要になる老後資金は積立預金で貯めるのかな?についての内容になります。

積立預金で貯める場合のメリット

老後の生活費を準備する場合では、具体的にどのような方法で資金を用意するのか?ということも求められます。

一番手っ取り早くて簡単そうに見える方法は毎月コツコツ貯める積立預金が思い浮かぶと思います。

積立預金であれば期間も自由に設定できますし、少ない金額でコツコツ貯める事も可能になるため、生活費を圧迫するような感じにはなっらないと思います。

それに気が付いた時には、もうこんなに貯まっていたのか?といった感じになるので、この方法も魅力的です。

 

目的別の定期預金で貯めるメリット

積立預金を利用して老後資金を準備するのも1つの方法になりますが、これ以外には目的別の定期預金を作成する方法もあります。

積立預金である程度まとまった金額になったら、目的別の定期預金に切り替えて資金運用するといったパターンになります。

これ以外に纏まった金額が有るのであれば老後資金用として定期預金を作るのも有りです。

 

利息が期待できないのがデメリット

積立預金、目的別の定期預金をする場合のデメリットは、どちらの方法で老後資金を貯めても利息が微々たる金額になるので全く期待できない!という部分が該当します。

ハッキリ言って、ここまでして老後資金のお金を銀行に預金する意味は有るのかな?と考えてしまう場合も多いのではないでしょうか?

銀行は、とりあえずお金を安全に管理してくれる場所という感じで預金するのが最適な選択になります。

 

老後の生活費!老後資金は資産運用も必要

ここでは、老後の生活費も兼ねる老後資金は積立預金や定期預金を充てるだけでなく資産運用も必要になるついての内容になります。

資産運用も必要

老後の生活資金を用意する場合では、老後の生活用に定期預金を作成しておけば良いと考えている場合もありますが、この方法はあまり良い選択肢ではないです。

その理由は明白で利息が全くと言って良いほど微々たる金額なので一時的に定期預金を作成しておくといった用途に向いています。

あくまでも一時的にプールしているだけという位置づけなのでこれではお金は増えないです。やっぱり資産運用も必要になります。

どのように老後の生活資金を運用するのか?によっても元本割れになるのか?又はお金を増やす事ができるのか?変わってきます。

 

老後資金は資産運用で増やすのも1つの方法

老後の生活資金を資産運用で増やしたい場合では具体的にどのような選択肢が利用できるのかな?というのも大いに気になる要素の1つに該当します。

個人が選択できる方法としては、意外と少ないのが実情になります。というのも、金融商品で検討可能な候補としては貯蓄型の保険商品や投資信託、株式投資、個人向け国債などに限られてしまうからです。

このうち、株式投資と投資信託に限って言えば、元本割れのリスクが伴いますから老後資金の運用には向いていないと思います。

そうなると選択肢としては個人向け国債か貯蓄型の個人年金保険養老保険になってしまうので、どっちが自分にとって最適なのか?を考える必要があります。

老後の生活費!公的年金での生活は厳しい!老後資金は早めに準備を
皆さん こんにちは! まだ20代といった年齢の場合では老後の生活費と言ってもピンとこない場合も多いですが、真面目な話、考えておいた方が良いのでは?と思うのは気のせいでしょうか? 何故か?と言うと、他人事のように考えている...