老後の生活費!株式配当金を老後資金の一部に充てる活用は期待できる?

家計
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

まだ年金を受給していない年代の場合では老後の暮らしといってもあまりピンと来ない場合も多いです。

特に老後の生活費はいくら?あれば大丈夫なのか?といった部分もよく分からないのが実情になります。

そのような状態で老後資金を準備した方が良いと言われても真剣に取り組みはできないと思います。

でも、実際に受給できる年齢になった時に困るのは自分なので若い年齢からコツコツと貯めていくのが良いです。

今回の記事は『老後の生活費!株式配当金を老後資金の一部に充てる活用方法は期待できる?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

老後の生活費はどのように準備する?

ここでは、老後の年金生活に必要に感じる老尾資金はどのように準備すれば良いのかな?についての内容になります。

公的年金プラスαの老後資金

基本的には公的年金が主な収入になりますが、この年金だけで老後の生活が賄えるのか?といえば、こればっかりは流石に誰も分からないのではないでしょうか?

その理由としては、世界情勢物価の変動も関係して来るので、自分が年金を受給できる年齢になった場合はどうなっているのか?も関係あります。

そのため、基本的には公的年金に加えて自主的に年金プラスαのお金を準備しておく必要があります。このプラスαのお金がどの程度あるのか?が運命の分かれ道になります。

 

積立預金でコツコツ貯める

年金プラスαのお金である老後資金の準備になりますが、一番最適に感じる方法が積立預金になります。

しかも、20代の頃から少ない金額でコツコツ貯めていく方法で準備するパターンになるため、このような考え方ができるのか?という部分が重要な要素になると思います。

そんでもって、ある程度まとまった金額になった時点で定期預金や個人向け国債などの金融商品にて運用して利息分を増やす方法になります。

 

預金しても利息は微々たる金額

金利が良い場合であれば銀行の定期預金にて運用するのが最適なんですけれども、超低金利の状況では残念ながら定期預金を作っても利息は微々たる金額になります。

状況に合わせて臨機応変に対応できるのか?も関係あるので資産運用の勉強も疎かにしない方が賢明です。

 

スポンサーリンク

老後資金は貯めるに加えて資産運用も必要

ここでは、老後資金を準備する場合では貯めるだけでなく資産運用も必要についての内容になります。

定期預金で運用する場合

老後の生活費に役立てる事になる老後資金はどのように管理すれば良いのでしょうか?目的別の定期預金で運用していれば問題ないと思っている場合も多いです。

でも、ここでよく考えて欲しいのが、定期預金を何年もしていたと仮定して、果たして利息はどのぐらいになるのでしょうか?この1点に尽きます。

超低金利の状況では何年も定期預金して雪だるま式に増やそうとしても残念ながら増えません。

それこそ、老後のお金を安心して預かってもらう目的で定期預金にしていると言った方が正解だと思います。

 

超低金利も考慮が必要

超低金利な状況の場合では、定期預金で運用するのも別に良いんですけれども、利息は全く期待できないですから、いつ利上げになるのか?も分からない状況という事で考えておくのが無難です。

いつ利上げになっても対応できるようにしておくのも1つの方法になります。と同時に利上げは当面期待できない場合では定期預金以外の選択肢も検討した方が良いです。

 

資産運用の必要性

老後の年金暮らしに役立てる目的で準備している老後資金は少しでもお金を増やしたいと考えている場合では資産運用も必要になります。

だからといって「お金を増やす」事に目的にすると投資商品に手を出す事になるのであまり良い選択肢とは言えません。

あくまでも定期預金よりもお金を増やす事はできるけれども、大きく増やさなくても問題ないという考え方に徹するのが良いと思います。

 

老後資金の運用では株式配当金は活用できる?

ここでは、老後の生活費でもある資金を株式投資に充てて配当金を老後資金の一部に転用する活用方法は期待できるのかな?についての内容になります。

株式投資は元本割れリスクあり

基本的に株式投資は会社の業績次第で株価が乱高下する場合もあります。高配当銘柄に投資して配当金をゲットする目的で購入しても元本割れする事も多いのが実情になります。

でも、長期運用していれば配当金も受け取る回数も多くなるので多少株価が下がっても元が取れる場合もありますから、長期運用するのであれば元本割れのリスクを軽減できます。

このような株式投資を老後の生活費も兼ねる老後資金の運用に充てるのは如何なものかな?と思うのは気のせいでしょうか?

安易な考え(配当金が定期預金よりも魅力的)で株式投資するのはリスクを伴います。もっと堅実的な運用を目指した方が良いと思います。

 

株式配当金の活用は再検討(再考)を

老後の生活費も兼ねる老後資金を株式投資で運用するのはリスクを伴うのでオススメできない選択に該当します。

その上であえて言えば、定年退職前から株式投資を継続していて、高配当銘柄を保有&長期運用しているという場合であれば、年2回の株式配当金(中間配当、期末配当)は年金生活でのお小遣いの用途に向いています。

この配当金を老後の生活費に充てるプラスαの用途に活用するのであれば、最低でも高配当銘柄を3000~5000株以上保有していないと厳しいのでは?と思います。

結局のところ、一般的には難しいですから、老後資金を株式配当金を目的にした株式投資に充てるは良くない!と個人的に考えます。

それこそ、老後資金ではなく余剰資金で投資するのが賢明の選択です。

 

高配当銘柄の配当金は魅力的

老後の生活費の目的で貯めているお金を株式投資の高配当銘柄に投資して、配当金をゲットするのはとても魅力的に感じるのも事実です。

だからと言って、趣味で行う範囲に留める事も必要です。同時に株式投資にのめりこまないように注意も必要です。

 

老後の生活費の資金は貯蓄型の保険も検討を

ここでは、老後の生活費も兼ねる老後資金は貯蓄型の保険商品で運用するのも1つの方法についての内容になります。

老後資金の資産運用は貯蓄型の保険も検討

老後の生活費は公的年金に加えて、自主的に蓄えている老後資金になりますが、この内の老後資金は個々で資産運用する必要があります。

そのまま定期預金にしておけばOKといった感じだと、利息が微々たる金額になるので、何年経過しても元金にちょっと金額が増えている程度になってしまいます。

これでもOKなのか?それとも、もうちょっと色を付けたいのか?が運命の分かれ道になります。

だからといって資産運用に失敗すれば元本を大きく減らしてしまう結果になるため、投資型よりも貯蓄型が望ましいです。

そのため、資産運用の検討する候補としては、養老保険や個人年金保険などの貯蓄型の保険商品となります。

 

貯蓄型の保険商品も元本割れのリスクあり

一般的に貯蓄型の保険商品と言うと、かんぽ生命の養老保険や個人年金保険がイメージできると思います。

貯蓄型なので元本保証されていると考えてしまう場合も多いのではないでしょうか?保険商品の場合は預金ではないという事もちゃんと承知しておく必要があります。

さらには途中解約すると元本割れになる場合が多いですから、途中解約しないように注意も必要です。

特に他の保険会社の貯蓄型保険と比べて利回りが悪いからそっちに乗り換えるといった場合が要注意です。

途中解約さえしなければ余程の事がない限り、元本割れにはならないとは思いますが、100%ではないですから、リスクも有るという事は認識しておいた方が良いです。

老後の生活費!公的年金や老後資金は物価高に対応できるのか?も重要
皆さん こんにちは! 老後の暮らしではお金もそれ相応に必要になると予測されますが、老後資金の準備は着々と進んでいるのでしょうか? 流石に公的年金だけでは心もとないのが実情になりますし、そもそも物価高の場合では何もかも価格...