ロジクール デジタルペンシル Crayon クレヨン レビュー

iPad

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPad mini 5 で利用しているロジクール デジタルペンシル Crayon クレヨンのレビュー 』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ロジクール デジタルペンシル Crayon クレヨン

iPad mini 5 で使っているロジクール デジタルペンシル Crayon(クレヨン)について紹介したいと思います。購入したのはiPad mini 5 を買った時になるため、ずっと前になります。

 

 

Crayon 商品仕様

サイズ : 163mm × 15mm
充電端子: Lightning 端子
カラー : オレンジ(筆者が購入したタイプ)

 

Crayon 充電方法

充電ケーブルは付属されておらず、iPad に付属している Lightning充電ケーブルを利用して充電になります。

デジタルペンシルのペン先の反対側にLightning端子が装備されています。

 

ペアリング不要

iPad で、Bluetooth機器を利用する場合はペアリングが必要になりますが、このロジクール デジタルペンシル Crayonの場合はペアリング不要で使う事が出来ます。

使い方は簡単で、電源ONすれば、直ぐに利用できるのが特徴になっています。

 

ロジクール Crayon クレヨン レビュー

ロジクール デジタルペンシル Crayon クレヨン の購入レビューになります。あくまでも気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

 

 

ロジクール Crayon 使い勝手

デジタルペンシルのCrayonの使い勝手についてになりますが、ペアリング不要で使う事が出来るという部分に関して言えば使いやすいです。

デジタルペンシル本体は平べったい形状になっており、持ちやすいです。胴体はアルミ製なのでひんやり感があり、気持ち良く感じます。

Lightning充電端子には一体型キャップが付いているので失くす心配がないのが魅力の1つでもあります。

でも、簡単にちょっとの力で押すとパカッと開いてしまうのでキャップ付近は触らないようにしています。

 

使っていて『?』と思う事

使い始める時に電源ONにしますが、黄緑色のLEDが点灯するので電源ONなんだなと分かるのですが、ずっと点灯しているという訳でもないので電源が入っているのかな?と思う事があります。

 

イマイチに感じる部分

一番最初に使い始める時に困ってしまった事がありました。

何に困ってしまったのか?というと、電源ONにしても何も反応しない! iPad mini 5 の画面をタップしても全然動かないという展開。

流石にこれには参ってしまった。その後どうしたのか?というと、アクセシビリティのタッチ操作に関しての設定を弄っていたら使えるようになっていたという感じ。

また、Apple pencil のペアリング設定を解除しないと使えないらしいですけど、こういう説明があると助かります。

クイックスタートガイドを見ただけで、なるほど!といった感じで納得できる人は逆に凄い。

 

スポンサーリンク

 

ロジクール Crayon クレヨン 活用レビュー

ここでは実際にロジクール Crayon クレヨンを、どのように使っているのか?場面ごとに紹介する活用レビューになります。

 

 

通勤&出張

iPad mini 5 を購入した目的の1つになりますが、出張の用途で利用することを前提にしているため、この用途がメインになります。

とはいえ、出張族ではありませんから、いつもは通勤で使っています。専用のスリーブケースに収納してあるため、通勤リュックからスリーブケースを取り出して、iPad mini を取り出すといった感じになります。

ちょっと手間が発生するのですが、個人的には仕方ないという事で割り切っています。どうしても、Apple Pencil とは異なり、ロジクール Crayonの場合は、Apple Pencil 搭載可能な一体型ケースに収納できないので仕方のない部分になります。

結局のところ、便利に携帯するのであれば、スリーブケースにて運用するしかないのかな?というのが個人的な見解になります。

 

国内旅行

海外旅行には、iPad mini を持参しないのですが、国内旅行には持参しています。そのため、関連グッズであるロジクール Crayonもとりあえずは持って行くといった感じになります。

旅行には流石にちょっと不向き感がタップリある感じになります。というのも、何処かに置き忘れてしまいそうな予感があるからです。

でも、使わないと勿体ないといった感じで筆者の場合は、iPad mini 5 を持って行く場所であれば何処でもセットで持参という事になります。

 

海外旅行

正直のところ、海外旅行で、iPad mini を持参する必要性をあまり感じていません。確かにLCCを利用して海外旅行する場合では機内で過ごす暇つぶし対策に丁度良いのですが、この目的だけに持って行くのはどうなんだろう?といった感じになります。

必要に感じるのは出発時のみで、帰国時は旅行の疲れもあり、ぐっすり寝てしまっているので不要という扱いにしています。

あくまでも個人的な見解になるため、実際の海外旅行で持参している人も居ると思います。

 

 

iPad mini 5 と ロジクール Crayon 出張活用
皆さん こんにちは! 今回の記事は『出張の場面での iPad mini 5 と ロジクール Crayon for iPad デジタルペンシルの活用レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで...

 

コメント