Crayon for iPad レビュー!ロジクールのクレヨン(デジタルペンシル)

ガジェット

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPad mini 5 で利用しているロジクール Crayon for iPad デジタルペンシルのレビュー』についての内容になります。

iPadで利用できるデジタルペンシルは Apple Pencil だけではないのです。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ロジクール デジタルペンシル Crayon for iPad

iPad mini 5 で使っているロジクールのデジタルペンシルCrayon for iPad についての紹介になります。iPad mini の周辺機器の中でよく使っているオプションの1つです。

Logicool Crayon for iPad 仕様

サイズ : 163mm × 15mm
充電端子: Lightning 端子
カラー : オレンジ

 

Crayon for iPad 充電方法

iPad mini に付属している充電コンセント 及び Lightning充電ケーブルにて充電する事が出来ます。

充電端子はオレンジのキャップの中に隠されています。キャップは外れやすいですが、本体と一体になっているため、失くしてしまう事はありません。

この部分については一長一短は有りますけど便利だと思います。

 

ペアリング不要

Logicool Crayon for iPad の最大の特徴がペアリング不要で利用する事が出来るという部分になります。

Bluetooth機器の場合ではペアリングが必要になりますが、このCrayon for iPadの場合は電源ONすればペアリング不要で利用する事が出来ます。

最初の初期設定が不要で使えるのは便利でかつ、iPad初心者にも優しいです。

 

Apple Pencil から乗り換える場合

Apple Pencil を利用している場合では、初めてCrayon for iPadを利用しようとすると、全く反応しないという、まさかの展開が待ち受けている場合があります。

え?どうして動かない?もしかして初期不良なのかな?と言った感じ。この場合では、Apple Pencilのペアリングを解除する必要があります。

これに気が付けば良いのですが、気が付かないと初期不良と疑ってしまうので要注意になります。

 

スポンサーリンク

ロジクール Crayon for iPad 購入レビュー

デジタルペンシルのCrayon for iPadについてのレビューになります。筆者の感想になるため、参考になるのか?分かりません。

Crayon for iPad 使い勝手

① 使い勝手が悪い部分
正直な話、使い勝手については一長一短があります。使い勝手が悪く感じる部分は充電方法だと思います。充電しながらiPadを利用する事が出来ないのは非常に痛いです。

 

② 使い勝手が良い部分
ペアリング不要で利用できるのは便利です。初期設定が必要ないのは初心者でも助かると思います。

 

③ 持ちやすい
平べったい形状なのに持ちやすいのも魅力的です。テーブル等に置いた場合では転がらなくて丁度良いです。

 

イマイチに感じる部分

充電端子を格納しているキャップが残念部分になります。本体とキャップが一体型になっているのは便利なのですが、逆にこれがデメリットに感じます。

このキャップは非常に外れやすいのである。一体型だからキャップを失くす心配がないというだけの事です。

でも、非常に外れやすいというのもどうなんでしょうか?

 

デジタルペンシルの先端部分

イマイチに感じると言えば、デジタルペンシルの先端部分の取り扱いには注意が必要です。というのも、うっかりミスでテーブルの上から落下すると、落下状況にもよりますが、壊れてしまいます。

消耗品なので仕方ないのですが、うっかりミスは注意した方が良いです。

 

デジタルペンシル Crayon for iPad 充電レビュー

ロジクールのデジタルペンシルであるCrayon for iPadの充電方法に関しての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

一番痛いのは充電しながらが出来ない事

Crayon for iPadで実際に充電する場合では、充電しながらiPadを利用したいと考えると思います。実はこれが出来ないのである。

この部分は一番勿体ないと感じます。充電しながら利用できれば最高なんですけど、それが出来ない仕様になっているため、対応策を考える必要があります。

筆者の場合は、Crayon for iPad2本購入するという選択を行いました。2本にしてから使い勝手が大幅に向上する事が出来ました。

2本あると、充電している時でもデジタルペンシルを利用できるので、ストレスを感じる事がありません。

 

運用方法を変えるのも1つの方法

デジタルペンシルの充電をいつ行うのか?が全てなので、運用方法を変更すれば別に2本も購入しなくても済むと思います。

筆者の場合は仕事にもiPadを使っているため、2本あった方が便利ですが、日常生活の用途で使う場合は1本でも良いと思います。

 

2本有ると便利に使える

どうして2つも必要なのか?と思うかも知れませんが、2つ無いと不便に感じます。というのも、充電しながら iPad mini を利用する事が出来ないため、Crayon for iPad を充電している時は指で操作する事になります。

画面を指でタッチ操作すると指紋がベッタリ付いてしまいますし、アプリによっては間違って広告をタップしてしまう場合もあります。

無料で使うので広告は仕方ないのですが、ボタンなどの直ぐ近くに広告が表示されているので、自分ではタップする気が無いのにも関わらず、タッチして表示されてしまうのである。

そのため、充電中も使うのであれば、必然的にCrayon for iPadを2本必要になります。

 

 

デジタルペンシル Crayon for iPad 活用レビュー

ロジクール Crayon for iPad の活用についての紹介になります。基本的に、ほぼどんな用途でも使っているので参考になるのか?分かりません。

Crayon for iPad は仕事に最適

スケジュール管理をiPadで行っている場合では、手書きできるスケジュール管理アプリを利用していると思います。

この場合では、デジタルペンシルがあると便利です。ちょっと気になった事やアイデアなどを入力で記録に残すよりも、手書きメモの方が簡単で分かりやすいです。

 

出張時に役立つ

仕事では取引先に出張する場合もあります。この場合ではノートPCではなく、iPadシリーズをノートPC代わりに持参もあります。

特に出張では、担当者との打ち合わせで漏れが無いようにノートに記入する事も必要です。でも、これをiPadで済ませる事が出来れば、出張の荷物も減らす事が出来るようになります。

結果として、重量の軽減も行える場合があるので、疲労や疲れの軽減にも繋がります。

 

趣味の用途に使える

iPadアプリのジグソーパズルを行う場合にデジタルペンシルが必要になります。

指先でも利用できますが、細かい作業を行う場合には不向きです。やっぱり細かい作業はデジタルペンシルの方が便利です。

但し、旅行には持参しない方が良いと思います。ハッキリ言って失くす可能性あり。因みに筆者の場合は見事に置き忘れによる紛失となりました。

 

 

iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー!使い道や活用方法も紹介
皆さん こんにちは! 仕事や出張 及び 旅行に持参する機会のある iPad mini 5 と Smart Cover のレビューについての紹介になります。 実際に使ってみてどうだったのか?についても紹介したいと思います。...