iPad Air 4 ロジクールFolio Touch レビュー

スポンサーリンク
ガジェット

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 を注文する時に一緒に購入したロジクールFolio Touchになりますが、どんな用途に使えば良いのでしょうか?

基本的には入力を伴う作業で使う事になりますが、iPadでそんなに入力作業があるのかな?と思ってしまったりします。

今回の記事は『iPad Air 4 にドッキングして利用する ロジクール Folio Touch トラックパッド・キーボードケースのレビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 について

ロジクールFolio Touch トラックパッド・キーボードケースを使う場合に必須となるのが、iPad Air 4 になるので、簡単に紹介したいと思います。

iPad Air 4 256GB Wi-Fi 仕様

サイズ : 247.6mm × 178.5mm × 6.1mm
重量  : 458g
容量  : 256GB

チップ : A14 Bionicチップ
画面等 : 10.9インチ Liquid Retinaディスプレイ

端子等 : USB Type-C、Smart Connector

その他 : ステレオスピーカー、12MP広角カメラ
同梱物 : USB Type-C充電ケーブル(1m)、20W USB-C電源アダプタ

 

USB Type-C

USB Type-C を搭載しているため、USB Type-Cハブを利用する事が出来ます。USBに対応したPC周辺機器をiPad Air でも活用できるため、便利に感じます。

USBレシーバーのワイヤレスWi-FiマウスもiPad Air で利用できます。

 

Smart Connector

ロジクール Folio Touch トラックパッド・キーボードケースとの接続&電源供給に使われるSmart Connectorを装備しています。

Apple純正のMagic Keyboard や Smart Keyboard Folio も接続できます。

 

iPad Air(第4世代)と Smart Folio レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPadはスマホやノートPCと用途が被る!使い道や活用方法に悩む』についての内容になります。 iPadを購入しても使いこなせないと勿体ない買物になってしまうので、後で何の為に購入したの...

 

スポンサーリンク

ロジクール Folio Touch について

iPad Air 4 でOfficeアプリを使う場合に利用するロジクール Folio Touch トラックパッド・キーボードケースについての紹介になります。

ロジクールFolio Touch(iPad Air)仕様

サイズ : 256mm × 192mm × 21mm

重量  : 642.5g

端子等 : Smart Connector

モード : タイピング、表示、スケッチ、リーディング

その他 : バックライトキーボード

電源供給: Smart Connector経由でiPadによる電力供給

 

入力作業に利用できる

タイピングモードの場合では、iPad Air をノートPCのようなスタイルで利用する事が出来ます。トラックパッドも搭載されているのでPCマウスが無くても大丈夫です。

便利なショートカットキーも有るので、音量の調整などもiPad本体を触らなくてもキーボードから調整を行う事が出来るので便利に使えます。

因みに電源 ON / OFF もショートカットキーから行えます。

 

トラックパッド

Folio Touchの特徴の1つに数えられるのがトラックパッドだと思います。トラックパッドのサイズは、96mm × 53mm あるので意外と広いです。

しかもクリックボタンまで付いているため、マウスが無くても問題なく使えます。

特に便利に感じるのが、トラックパッドで簡単にウィジェットを呼び出す事が出来る点です。筆者の場合はウィジェットを固定化していないので、必要に感じる時に呼び出して使うといったパターンになります。

 

スポンサーリンク

ロジクール Folio Touch レビュー

iPad Air にドッキングして使うロジクールFolio Touchのレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

合計重量が重たい

Folio Touch はノートPCスタイルで利用できるのがメリットになりますが、トラックパッド・キーボードケースの重量は639gです。

iPad Air 4 Wi-Fiモデルの本体重量が458gであるため、合計で1097gになります。決して軽量なノートPCではないです。

ディスプレイにガラスフィルムを貼ってしまうと、1100gを超えてしまうので、11インチのノートPCとして考えると、重たい部類に入ります。

ノートPC化する場合は実際の重量も考慮した方が良いです。

 

USB Type-Cハブを使う場合は要注意

ロジクール Folio TouchにUSB Type-Cハブを使う場合では、注意事項があります。それは何なのか?と言うと、直挿タイプではないUSB Type-Cハブが必要になります。

Folio Touchを装着しない状態であれば、直挿タイプのUSB Type-Cハブを利用する事が出来ます。でも、Folio Touchにドッキングしてしまうと、直挿タイプは利用できません

USBハブを使う場合ではノートPC化している場合も多いですから、安易な考えでキーボードを選んで購入してしまうと後で困ります。

購入する場合はこの辺の事情も考慮してから購入するのが賢明の選択になります。

 

使い勝手

ノートPC化に限って言えば、メインで利用しているパソコンがデスクトップPCの場合は使い勝手が良いですが、ノートPCがメインの場合は意味がないと思います。

それもその筈で、何だかんだ言ってもノートPCの方が使い勝手が良いので完全にサブに成り下がってしまいます。

同じサブ用途でもデスクトップPCの場合は、そのようになりません。相互補完できる関係で付き合えるようになるため、ノートPC化する場合はメインで使っているパソコンで決めるのが最適です。

 

 

ロジクールFolio Touchの便利な装備

Folio Touchには便利に感じるトラックパッドが装備されていますが、それ以外にも便利な装備が搭載されているので、その紹介になります。

角度調整スタンド

Folio Touchの本体裏面にはディスプレイ角度を調整できるスタンドが搭載されています。

角度調整に関して言えば、申し分ないぐらいに幅の広い角度調整が行えますが、一番広くした場合(寝かせた場合)では、ビョンビョンといった感じで飛び跳ねるような感じになります。

この状態でApple Pencil や ロジクールCrayon foy iPad を使う場合は沈み込みが有る事を考慮して使った方が良いです。

結局のところ、Surface スタイルで利用するのが最適なのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

Apple Pencil 収納フリップカバー

ロジクールFolio Touchには Apple Pencilを収納できるフリップカバーが装備されています。Apple Pencilを利用しない場合では収納しておく事が出来るのである。

しかも邪魔にならないようにフリップカバーを裏側にマグネット吸着できるようになっています。

※ Apple Pencil(第2世代)に完全対応しているため、充電も行えます。