LOMAYA 20W USB PD充電器レビュー!USB C A 両対応

iPhone iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPhone13をUSB充電する目的で購入したUSB PD充電器があります。どうして買ったのか?と言えば、今までAndroidスマホ(Pixelシリーズ)を愛用していたのですが、iPhone用の充電器を持っていなかったのである。

本来ならば、iPhoneのパッケージに充電器が含まれているのか?確認した上で購入するのが望ましいのですが、これを怠ってしまったため、先にiPhone13を購入してから慌てて追加でUSB充電器を購入する展開に陥っています。

まさか!iPhoneのパッケージにUSB充電器が付属されていないとは微塵も思わなかったのである。特にAndroidスマホからiPhoneに乗り換える場合は色々とよく調べた方が良いですね!という事を学習しました。

今回の記事は『LOMAYA 20W USB PD充電器レビュー!USB-A、USB-C 両対応の急速充電器』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LOMAYA 20W USB PD充電器 購入経緯

ここでは、iPhone 13 をUSB充電する目的で購入したLOMAYA 20W USB PD充電器の購入経緯についての内容になります。

iPhone 13 パッケージ開封後に気が付く

今までAndroidスマホ(Pixelシリーズ)を愛用していたのですが、以前から関心や興味があったiPhoneに乗り換えて、iPhone13を購入しています。

パッケージを開封するまでUSB充電器が付属されていないという事に全く気が付いていませんでした。

USB Type-C Lightningケーブルは付属されているのにUSB充電器は付属されていないという事で、慌てて追加でLOMAYA 20W USB PD充電器を購入となります。

本来であれば、事前に調べておいた方が無難な選択なのですが、筆者の場合は付属されている物と考えていたので、このようなまさか!の展開でiPhone13を直ぐに使えなかったです。

 

LOMAYA 20W USB PD充電器 購入した理由

それならば、どうしてLOMAYA 20W USB PD充電器を購入したのか?と言うと、基本的には自分が求めている機能があればどれでも良かったと言った方が正解になります。

USB PD充電できて、USB Type-A USB Type-C に対応している充電器でかつ、コンセントプラグが折りたたみ収納式を探していたので、これで検索したら、見つかったという感じです。

 

USB Power Delivery対応

iPhone 13 を充電する目的で急速充電器を買うので有れば、USB Power Delivery に対応しているタイプじゃないと色々と後で面倒に感じるのではないかな?と考えまして、USB PD充電器にしています。

可能ならば最適でも2ポートを同時に充電できるタイプの方が便利なんじゃないのかな?と考えていたので、コンパクトに持ち運びできるコンセントプラグ収納式の折りたたみタイプを選択しました。

 

スポンサーリンク

LOMAYA 20W USB PD充電器

ここでは、iPhone 13 をUSB充電する目的で購入したLOMAYA 20W USB PD充電器についての内容になります。

LOMAYA 20W USB PD充電器 仕様

サイズ : 52mm × 47mm × 28mm

重量等 : 68g

ポート : USB Type-A × 1、USB Type-C × 1

出力等 : USB Type-A 最大22.5Wまで対応、USB Type-C 最大20Wまで対応

充電等 : USB PD(Power Delivery)対応

備考等 : 折りたたみプラグ(収納式プラグ)、2台同時充電

 

2台のスマホを同時充電に対応

USB Type-A、USB Type-Cを1つずつ搭載しているため、2台のスマートフォンを同時に充電する事も可能です。

但し、この場合ではどちらか?一方のスマホは、USB Type-A に変換できるアダプタ 又は USBケーブルが必要になります。

iPhone13の場合では、USB Type-C Lightningケーブルが付属されているため、USB-Cポートに挿し込んだ方が便利に感じます。

 

iPad Air 4 対応

購入したiPhone対応LOMAYA 20W USB PD充電器のUSB Type-Cポートは、最大で20Wまで対応できるUSBポートになるため、iPad Air 4 にも充電できます。

筆者の場合は、iPad Air 4 を所持しているので便利に感じます。

 

LOMAYA 20W USB PD充電器 特長

ここでは、iPhone 13 を充電する目的で購入の LOMAYA 20W USB PD充電器の特長についての内容になります。

折りたたみ収納式プラグ(コンセント)

コンセント部分が折りたたみ収納式になっているため、使わない場合は折りたたんで収納できます。特に外出先に持参する用途では、便利に感じるのではないか?と個人的に考えます。

とはいえ、折りたたんで収納すれば便利に感じるという訳でもないのが実情になります。その理由としては、収納すると引っ掛かり部分が少ないので、爪か指で引き出す必要があります。

 

USB Type-A、USB Type-C ポート

SmartICに対応しているUSB Type-A、USB Type-C ポートを搭載しているため、かしこく充電できるようになっています。具体的にはどのように賢いのか?も気になると思います。

接続機器に最適な電流を自動給電できるようになっているため、効率的に充電できます。

また、USB Type-A、USB Type-Cに両対応しているので、使い勝手も良いです。

 

急速充電する場合

iPhoneシリーズに、LOMAYA 20W USB PD充電器を利用して急速充電する場合では、Power Delivery(パワーデリバリー)に対応しているUSB Type-C Lightningケーブルが必要になります。

このUSB PD充電器を利用して充電すれば自動的に高速充電できると思ってしまうのではないでしょうか?実は、そうではなく、USBケーブルも高速充電に対応している必要があります。

そのため、USB PD充電器を購入する場合では、Power Delivery対応のUSBケーブルも購入した方が賢明の選択になります。

 

LOMAYA 20W USB PD充電器 評価レビュー

ここでは、LOMAYA 20W USB PD充電器の評価レビューや感想についての内容になります。

便利に感じる部分

① コンパクト
実際に通勤に持参しているのですが、コンセント部分が折りたたみ収納式になっているのは便利に感じます。コンパクトに持ち運べるのでガジェットポーチは必要ない感じ。

 

② 2ポート
USB Type-A USB Type-C ポートを1つずつ搭載しているため、挿し込みポートのプラグを選ばなくても良いのは便利に感じます。しかも同時に2台のスマホを充電できるのも便利です。

 

評価レビューや感想

LOMAYA 20W USB PD充電器で急速充電する場合では、別途、USB PDに対応しているUSBケーブルが必要になるという部分がちょっと違和感を感じます。

筆者の場合は、USB PDに対応のオウルテック自動巻き取り式USB Type-C Lightningケーブルを所持しているので、このUSBケーブルにてPD充電しています。

実際にUSB充電してみての評価レビューや感想になりますが、100%満足ではないですけど8割ぐらいは満足できるのではないかな?というのが個人的な感想になります。

因みにコンセントプラグを折りたたんで収納した状態で引き出す時がちょっとイマイチに感じます。