Mini Wireless speaker レビュー!USB充電式

スポンサーリンク
ガジェット

 

皆さん こんにちは!

毎日の日常生活では、ヘッドホンで音楽を聴いていますが、耳の健康を考えると、ヘッドホンやイヤホンの利用は控えて、スピーカーで聴いた方が良いと思っています。

とはいえ、ヘッドホン並の機能が利用できるスピーカーはどんな物があるのか?よく分からない事もあり、失敗覚悟でBluetooth接続のワイヤレススピーカーを購入してチャレンジしてみる事にしました。

とりあえず実際に購入して、お試しするのが良いため、失敗覚悟でネット通販で実際に購入となります。

今回の記事は『Mini Wireless speaker レビュー!USB充電式』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Mini Wireless speaker について

AndroidスマホやiPadとBluetooth接続する目的で購入したUSB充電式のMini Wireless speakerの紹介になります。

Mini Wireless speaker 仕様

サイズ : 80mm × 80mm × 45mm
重量等 : 200g

待受等 : 1度の充電で連続30時間バッテリーが持つ

通信等 : Bluetooth 5.0
端子等 : MicroSDカード挿入ポート、MicroUSB、
備考等 : USB変換3.5mm AUXケーブルで有線接続できる

 

Mini Wireless speaker 機能などの説明

① MicroSDカード
32GBまでのMicroSDカードを利用する事ができます。

 

② USB AUXケーブル
別売のUSB変換3.5mm AUXケーブルを所持している場合に限りますが、有線接続にて Mini Wireless speakerを利用できます。

 

③ モード切り替え
モードスイッチが搭載されており、ボタン操作で機能を切り替えできます。

 

④ 音量ボタン
増減 及び Playボタンを搭載していますが、PCやスマホと接続して利用する場合は、あまり関係ないと思います。

 

スポンサーリンク

Mini Wireless speaker 一長一短

Bluetooth接続 Mini Wireless speaker のメリット・デメリットに感じる部分を紹介する内容になります。

使用する上でのデメリット

① 技適マーク
電波法令で定められている技術基準に適合していることを証明する技適マークが貼り付けされていない無線機器のため、日本国内で使用する場合は、電波法違反になる恐れがあります。

 

② 日本語説明書
日本語説明書が付属していないので、モード切り替えする方法が良く分からないのが実情になります。色々な魅力に感じる機能が搭載されていても、実際にはPCに接続するスピーカーの用途での利用となるのが残念に感じます。

特にハンズフリーやFMラジオといった機能も搭載しているのに、この機能を利用したくても利用できないもどかしさ等。

 

③ 起動時
電源ONした途端にもの凄い大音量のアナウンスが英語でおしゃべりします。

 

メリット

USB変換3.5mm AUXケーブル接続にも対応しているため、有線接続にて利用できます。

但し、あくまでも、このケーブルを所持している場合に限定されるため、有線接続にて利用する場合は別途購入する必要があります。

このケーブルは商品に付属されていないのである。そのため、実際にはメリットに含まれてるのか?ちょっと微妙に感じます。

 

Mini Wireless speaker レビュー

Bluetooth接続に対応の Mini Wireless speaker についてのレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

Bluetooth スピーカー購入の注意事項

この商品は技適マークがないため、日本国内で無線機器を使用する場合は法令違反になる可能性があります。でも、有線接続であれば何も問題ないので、USB変換3.5mm AUXケーブルを別途購入して利用するのが良いです。

Bluetoothスピーカーを購入する場合は、技適マークの有無を確認した上で購入するのが賢明の選択になります。

 

USB変換3.5mm AUXケーブルが必要

この商品に技適マークがない事に気がついたのは開封時という事もあり、慌てて、USB変換3.5mm AUXケーブルをネット通販で注文しています。

技適マークがないと電波法違反になる場合があるので有線接続にて対応するしか方法がないです。個人利用だから関係ないと思う場合もありますが、そのように考えるのは良くないと思います。

そもそも技適マークのない商品を販売するなよ!と言いたいでしょう!

 

Windows Bluetooth接続 設定レビュー

USB変換3.5mm AUXケーブルが届くまでの期間は、Bluetooth接続を利用してMini Wireless speakerを使用しています。Windows PCとのペアリング設定は簡単です。

設定のデバイスを開いて、「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックしてBluetoothを選択すると、デバイスを追加できるモードに切り替わります。

Mini Wireless speakerの電源をONにすると、BT SPEAKERが表示されるのでクリックすれば接続できます。

 

Mini Wireless speaker 活用レビュー

技適マークがない Bluetooth接続 Mini Wireless speaker の活用についての紹介となります。

USB変換3.5mm AUXケーブルにて有線接続

Bluetooth接続にて、Mini Wireless speakerを利用したいのですが、確認ミスで技適マークがない商品を購入するというまさかの展開で、調子が狂ってしまいました。

とはいえ、使わないのは勿体ないですから、とりあえずは有線接続にて対応するしか方法がないため、USB変換3.5mm AUXケーブルを購入しています。

このケーブルが届くまでの期間は暫定的にBluetooth接続にてChromebookやWindows PC、iPad Air などのデバイスで使用しています。

但し、ChromebookやiPadで使う場合はAUX端子に対応しているUSBハブが必要になります。

 

スピーカー起動時の音量について

① Windows
Windowsとペアリング設定した上で電源ONにした場合では必ず音量がMAX状態になります。しかも大音量で英語でおしゃべりするのでありがた迷惑といった気分になります。

 

② Chromebook
Chromebookとペアリング設定して電源ONにした場合では、音量がMAXにはならず、システムメニューで音量調整した状態の設定で利用できます。Chromebookでも基本的に起動時は大音量でおしゃべりします。