Naturehike 吸水速乾マイクロファイバータオルのレビュー

Useful Goods 便利グッズ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『Naturehike 吸水速乾マイクロファイバータオルのレビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

夏の旅行にマイクロファイバータオルは重宝する

旅行にはシーズン問わず汗拭きタオルを持参する場合が多いですが、この時に持参するタオルはどのような物を選択していますか?

汗を拭き取れば問題ないのか?それとも速乾性のある物を選択するのか?人によっても旅行に持参するタオルが異なります。

 

夏の旅行では吸水速乾タオルは必需品

蒸し暑い夏のシーズンに限定して言えば、普通サイズのタオルよりも吸水速乾に対応したタオルの方が適していると思います。

特に夏は、ちょっと動いただけでも汗が吹き出てしまうので汗を拭き取る事が出来るタオルは重宝します。

とはいえ、普通のタオルはコンパクトになりませんし、速乾に対応していないので、汗を拭き取る回数が増えれば増えるほど、タオルが濡れていきます。

そのため、夏の旅行では吸水性速乾性に対応したタオルが必要になります。

 

しっかり汗を拭き取れる物

ちょっとしたお出かけや買い物といった場合ではハンカチを持参して出かける場合が多いですが、旅行の場合はハンカチだけでは心もとないです。

何故ならアチコチ動き回ることが多いため、それ相応に汗を掻いてしまうからです。ハンカチでは汗を拭き取ったらビショ濡れになってしまうので夏の旅行には不向きになります。

だからといって、普通サイズのタオルを観光で持ち歩くのも悩んでしまいます。夏の旅行だったとしてもあまり大きなタオルを手に持って移動するのはちょっと場違いな感じになるからです。

でも、ミニタオルの場合だと、ハンカチよりも汗を拭き取る事が出来る反面、大量に汗を拭き取ると直ぐにビショ濡れになってしまいます。

そうなって来ると、場違いでも普通サイズのタオルが最適な感じになります。

 

旅行に持参のマイクロファイバータオル

旅行にはどのようなタオルを持参していますか?ミニタオルやハンカチの他に普通サイズのタオルも持参する場合もあると思います。でも、普通サイズの場合だとコンパクトに収納できないのでちょっと・・・といった感じになります。

 

旅行には軽くてコンパクトな物が良い

ハンカチやミニタオルといった汗を拭き取る物は軽くてコンパクトなのですが、夏の旅行では次から次へと汗が吹き出てしまうため、不向きな感じになります。

それに引き換え、普通サイズのタオルの場合ではコンパクトにならないだけで軽量ですから観光用のサブバッグに収納する時にバッグの中身をちょっと占有してしまう事になります。

これでも問題なければ良いのですが、人によっての観光用サブバッグのサイズが異なるため、小さめのショルダーポーチといった場合では逆に不向きになります。

そのため、旅行の観光に持ち歩く汗拭きタオルはバッグに合わせて選ばないといけなくなります。このような場合にコンパクトになる吸水速乾タオルは重宝します。

 

ビショ濡れにならない物

旅行では汗を拭き取る回数も増えるため、観光に持ち歩く汗拭きタオルは1〜2回ぐらい拭き取るとビショ濡れになってしまう物は不向きになります。

少なくとも3〜4回ぐらい拭き取っても大丈夫なタオルが最適です。そのようなタオルといえば、吸水速乾のマイクロファイバータオルが該当します。

 

旅行に最適なタオル

旅行にマイクロファイバータオルを持参するのであれば、軽量でコンパクトに収納できるな物が良いです。観光用サブバッグのサイズに関係なく持ち歩ける物が最適だと考えます。

 

スポンサーリンク

 

Naturehike の吸水速乾タオルのレビュー

旅行に持参するNaturehike の吸水速乾タオルのレビューになります。あくまでも筆者が気になった事や感じた事などの感想になるため、参考になるのか?分かりません。

 

Naturehike タオルの サイズ&重量

収納時はパスポートサイズという圧倒的なコンパクトですが、展開すると普通のタオルよりも横幅が70mmぐらい少し大きいサイズになります。それでいて重量は僅か63gという圧倒的な軽さです。

このぐらいあれば普通に旅行中の汗拭きタオルとしても利用できるため、とても便利に使う事が出来ます。

 

《サイズ&重量》
収納時 : 120mm × 90mm
展開時 : 800mm × 400mm

重量  : 63g

 

 

肌触り

肌触りは心地よいぐらいに気持ち良いといった感じになります。やっぱり夏の旅行では頻繁に使う機会が多いですから、肌触りも疎かにすることが出来ません。

そういった意味ではこのNaturehikeの吸水速乾タオルは旅行に最適なのではないか?と個人的に考えています。

 

 

肝心要のタオルとしてはどうか?

ハッキリ言ってタオル生地はとても薄いので、これで本当に使い物になるのかな?と不安に感じてしまいますが、マイクロファイバータオルなので沢山汗が吹き出ても直ぐに乾いていくのでビチョ濡れ状態で使い物にならないといった感じにはなりません。

この程度であれば十分に夏の旅行に持参しても問題ないレベルになります。また、頭を洗った場合に頭を拭くのに丁度良いといった感じになります。

 

 

専用ケースは使わない

Naturehikeの吸水速乾タオルに付属している専用ケースは筆者の場合は全く使っていません。どうして使わないのか?というと、タオルは着替え衣類と一緒にパッキングするため、専用ケースがあると邪魔になるからです。

でも、この専用ケースはパスポートをスッポリ収納する事が出来るので使い道が有りそうなのですが、意外と使い道が見付からなかったです。

 

コメント