非常食3日分ごはん!尾西アルファ米の携帯おにぎり4種の食レポ比較レビュー

非常食
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

防災の非常食としてアルファ米ごはんも備蓄していますが、主に備蓄しているのは尾西食品の商品になります。どうしてこのメーカーを備蓄しているのか?と言えば、実際に何度か?食べているのが理由の1つに該当します。

だからといって全ての商品が美味しいのか?と言えば、決してそうではないです。こんな事を言っては失礼になりますが、商品レビューを見て美味しいと絶賛していたのにも関わらず、実際に食べてみたら美味しいとは感じなかったという外れ商品もあります。

当たり外れも考慮して、そんなに外れがない事もあり、プラスαの用途で備蓄となります。その中には旅行にも持参する機会がある携帯おにぎりシリーズ(4種類)もあり、実際に食べています。

今回の記事は『非常食3日分ごはん!尾西アルファ米の携帯おにぎり4種の食レポ比較レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

非常食3日分ごはん!尾西アルファ米の携帯おにぎり

ここでは、防災やアウトドア・旅行の非常食としても利用できる尾西アルファ米の携帯おにぎりシリーズ4種類についての内容になります。

携帯おにぎりの特長「にぎらずにできる」

尾西アルファ米ごはんの携帯おにぎりシリーズ4種類に共通している特長になりますが、ごはんを「にぎらずにできる」アルファ米のおにぎりという部分が特長の1つに該当します。

そんな事が可能なのかな?と思ってしまいますが、実際にお湯で調理してみると、本当に三角形のおにぎりが出来上がってしまうのである。というのも、調理容器も兼ねるパッケージ袋の内部の形状が関係しているので凄いの一言に尽きます。

これならば、お湯・お水さえあれば、どこでも調理して食べられるため、防災の非常食の用途に限らず、アウトドアや旅行といった用途にも持参して活用できると思います。

因みに、ハサミ不要で調理できるのも便利に感じます。

 

お湯・お水で調理できる

尾西アルファ米ごはんの携帯おにぎり4種類に共通になりますが、お湯(熱湯を推奨)・お水で調理できる「おにぎり」になります。お水でも調理できますが、熱湯を用意できる場合は熱湯を注いで調理した方が最適です。

美味しく調理するコツとしては、脱酸素剤を取り出した上で、携帯おにぎりのパッケージ袋を開封して、しっかりと袋の底を広げる事ができるのか?がポイントになると思います。

因みに、熱湯で調理した場合は15分で完成。お水(常温15℃)で調理した場合は60分で完成となります。

 

調理用ミネラルウォーター等の飲料水の備蓄を

アルファ米ごはんシリーズや携帯おにぎり4種類に共通して言える事ですが、防災の非常食3日分としてアルファ米ごはんを備蓄するのであれば、飲料水用とは別に調理用の飲料水も備蓄した方が良いです。

たぶん自宅では長期保存できる飲料水も備蓄していると思いますが、あくまでも飲料水の用途での備蓄だと思います。

アルファ米ごはんやフリーズドライ食品・スープなどの非常食を備蓄している場合では、飲料水用とは別に調理用ミネラルウォーターも必要になります。

これらの長期保存食を備蓄するのであれば、飲料水の事も考慮した方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

尾西アルファ米の携帯おにぎりわかめ食レポ

ここでは、防災の非常食3日分プラスαとして備蓄している尾西アルファ米の携帯おにぎりわかめの食レポや感想についての内容になります。

携帯おにぎりわかめの食レポ

携帯おにぎりわかめを熱湯で調理して食べてみると、美味しいと感じるのですが、「尾西アルファ米・わかめごはん」と比べると、明らかにワンランク上の美味しさのような気がします。

この違いは何なのかな?と思ってしまうのですが、お腹の空腹?それとも内容量も関係あるのかな?といった感じです。

因みに両方とも食べた場合の条件は同じです。どういう条件だったのか?と言えば、昼食時に食べているので同じ空腹具合です。

それなのにも関わらず、携帯おにぎりわかめの方が美味しいと感じるのである。いずれにしても美味しいので備蓄しても大丈夫という判断に至っております。

 

アルファ米ごはんの「わかめごはん」の備蓄はやめた!

携帯おにぎりわかめを試食する前は、尾西アルファ米ごはんの「わかめごはん」も非常食3日分の用途で備蓄していたのですが、携帯おにぎりわかめの方が食べて美味しいと感じたので、備蓄はやめてしまいました。

同じ味付けの類似品のアルファ米はいくつも必要ないですし、実際に食べてみて本当に美味しいと感じる非常食を備蓄しておいた方が、もしもの災害時や食べる機会に恵まれた時に役立ちます。

非常食として購入した場合では試食しない場合が多いですが、主食のごはん系の場合は備蓄する前に試食は必須に感じます。

というのも、アルファ米ごはんのドライカレーも備蓄していたのですが、食べたら美味しくなかった!という展開が実際にありました。食べ終わるのがとても大変でした!

非常食3日分の尾西アルファ米ごはん「携帯おにぎりわかめ」
皆さん こんにちは! 防災の非常食3日分として、アルファ米のごはんを備蓄していますが、当たり外れもあったりします。どのような意味なのか?と言えば、実際に調理して食べてみたら、美味しくなかった!という結果に尽きます。 仮に...

 

尾西アルファ米の携帯おにぎり五目おこわ食レポ

ここでは、防災の非常食3日分プラスαとして備蓄している尾西アルファ米の携帯おにぎり五目おこわの食レポや感想についての内容になります。

携帯おにぎり五目おこわの食レポ

尾西アルファ米ごはんの携帯おにぎり五目おこわを熱湯で調理して食べてみると、モッチリ感があって美味しいと感じます。おにぎりでモッチリ感があるのはコンビニで販売している赤飯ぐらいですから、これを非常食のおにぎりで実現できると便利かも知れません。

それならば、アルファ米ごはんの「五目ごはん」との食べ比べも気になると思いますが、あくまでも個人的には携帯おにぎり五目おこわの方が美味しいと感じます。

もち米が含まれている事によるモッチリ感が美味しさにプラスになっていると実感します。具材は比較的に多く含まれていると思います。

非常食3日分の尾西アルファ米「五目ごはん」お湯・お水で調理できる
皆さん こんにちは! 防災の非常食は最低でも3日分は備蓄しておいた方が良いと言われていますが、確かに備蓄しているのですが、何年も経過すると賞味期限は覚えていなかったりして意識が薄れて来るものです。 何せ、長期保存食になり...

 

アルファ米ごはんの「五目ごはん」の備蓄は見直し改善

アルファ米ごはんの五目ごはんと携帯おにぎり五目おこわは原材料も似ているのですが、両方とも備蓄する必要性は無いんじゃないのかな?と思いまして、五目ごはんの備蓄を見直して備蓄する量を減らす選択に至っています。

でも、よくよく考えてみると、携帯おにぎりは1個分なのである。それに対して、アルファ米ごはんはお茶碗軽く2杯分なんですよね!満腹感が異なるのである。個人差がありますから、一概には何とも言えない部分に該当します。

結局のところ、どうしたのか?と言うと、五目ごはんは賞味期限が来るまで備蓄し、それ以後は買い替えしないで携帯おにぎり五目おこわを増やすという結論に到達しました。

携帯おにぎりの場合は防災の非常食の用途に限らず、アウトドアや旅行にも持参できるので汎用性を考慮しました。

非常食3日分の尾西アルファ米ごはん「携帯おにぎり五目おこわ」
皆さん こんにちは! 非常食や長期保存食を備蓄している場合では、必ずどこかのタイミングで試食する機会に恵まれます。賞味期限が長いですから、うっかり期限切れになって処分する展開も珍しくないのでは?と思います。 流石にこのよ...

 

尾西アルファ米の携帯おにぎり鮭の食レポ

ここでは、防災の非常食3日分プラスαとして備蓄している尾西アルファ米の携帯おにぎり鮭(しゃけ)の食レポや感想についての内容になります。

携帯おにぎり鮭の食レポ

尾西アルファ米の携帯おにぎり鮭をお湯で調理して食べてみた感想としては、今までアルファ米ごはんでは食べた事がない新しい味だったので、新鮮さがあって良かった!というのが率直な感想になります。

マンネリ化すると食べ飽きてしまいますから、稀にこういう新鮮さも必要に感じます。この観点から考慮すると、全く新しい味でかつ、不味くはない美味しさのご飯も備蓄しておいた方が良さそうに感じます。

携帯おにぎりシリーズ4種類ありますが、個人的には昆布が美味しいのではないか?と思います。

 

美味しいけれども一番ではない

あくまでも個人的な感想になりますが、確かに新鮮感があって不味くはないので備蓄していても特に問題ないのですが、美味しさは一番ではないんですよね~。

携帯おにぎりは4種類2個ずつ備蓄していますが、この中から一番に美味しいと感じるのは昆布だったりします。それならば昆布の次なのか?と言うと、2番手に来るのは五目おこわかな?といった感じ。

五目おこわと良い勝負はするけれども、携帯おにぎりわかめと互角のような気がします。

非常食3日分の尾西アルファ米ごはん「携帯おにぎり鮭」しゃけ味
皆さん こんにちは! 非常食を備蓄する場合では主食となるごはんも必要になります。主食と言えば、アルファ米 又は フリーズドライ食品のごはん、カンパンが該当しますが、カンパンを備蓄する場合が多いのかな? 簡単に手早く調理す...

 

尾西アルファ米の携帯おにぎり昆布の食レポ

ここでは、防災の非常食3日分プラスαとして備蓄している尾西アルファ米の携帯おにぎり昆布の食レポや感想についての内容になります。

携帯おにぎり昆布の食レポ

尾西アルファ米の携帯おにぎり昆布を熱湯で調理して食べてみると、素直に美味しいと感じます。何か自分好みの味といった感じなので普通に食べれるのである。

実際にアウトドアや旅行にも持参して食べているので、お気に入りに感じている携帯おにぎりになります。2年に2~3回食べるか?食べないか?という頻度なので、このお陰で美味しく食べれるのかな?と考えています。

どんなに美味しい物でも食べる頻度が多いと飽きますから、非常食の携帯おにぎりは全てにおいて丁度よいのかな?と思います。

 

一番美味しいと感じる携帯おにぎり

尾西アルファ米の携帯おにぎり昆布を熱湯で調理して食べてみると、アルファ米ごはんシリーズ 及び 携帯おにぎり4種類も含めて、山菜おこわと良い勝負と感じます。

現在のところ、アルファ米ごはんシリーズは7種類、携帯おにぎりシリーズは4種類の合計11種類を実際に食べて試食しておりますが、この11種類の中で一番手に匹敵するぐらいの美味しさに感じます。

個人的な一番手に該当しているアルファ米ごはんは「山菜おこわ」と「携帯おにぎり昆布」の2種類。

「松茸ごはん」と「たけのこごはん」、「チキンライス」、「エビピラフ」はまだ食べていないので、どれが一番美味しいのか?はちょっと分かりません。

因みに、一番美味しくないと感じるアルファ米ごはんは、ぶっちぎりで「ドライカレー」です。

非常食3日分の尾西アルファ米ごはん「携帯おにぎり昆布」こんぶ味
皆さん こんにちは! アルファ米のごはんシリーズを非常食3日分の食料として備蓄している場合では、ちゃんと試食していますか?いざ!食べる場合に困る展開に見舞われないように定期的に確認も必要です。 何に困るのか?と言えば、ズ...

 

アルファ米の携帯おにぎり4種・食レポ比較レビュー

ここでは、防災の非常食3日分プラスαとして備蓄している尾西アルファ米の携帯おにぎりシリーズ4種類の食レポ比較レビューについての内容になります。

食べてみて一番美味しいと感じたもの

尾西アルファ米携帯おにぎり4種類を全部食べてみて、一番美味しいと感じるのは「携帯おにぎり昆布」になります。2番手は「携帯おにぎり五目おこわ」です。

1番の昆布と2番の五目おこわは僅差な感じです。3番・4番はどっこいどっこいなので順位付けはしていません。あくまでも個人的な食べレポなのであまり参考にはならないと思います。

好みや感じ方には個人差が有りますから、食べてどうな味なんだろうか?というのは自分が実際に食べてみないと何も分からないのでは?と個人的に考えます。

 

非常食3日分の備蓄したいもの

アルファ米ごはんシリーズの場合であれば3種類あれば良いと実感しますが、携帯おにぎりの場合では4種類を備蓄しておいた方が良いと考えます。

その理由としては、筆者の場合は防災の非常食の用途に限定ではなく、旅行にも持参する機会が有るので1種類に限定するのではなく、4種類すべて有った方が丁度よいと感じます。

それに1種類だけを食べ続けると飽きるので、総合的に考慮すると4種類あった方が良いという結論に至っております。

非常食3日分の尾西アルファ米ごはん「山菜おこわ」お湯・お水で調理できる
皆さん こんにちは! もしもの防災の目的で非常食のアルファ米を備蓄しています。アルファ米といっても色々な種類が有りますし、メーカーによっても味付などが異なるため、どれが良いのかな?と思ってしまいます。 いつも備蓄する場合...