非常食3日分の尾西アルファ米ごはん「携帯おにぎり昆布」こんぶ味

非常食
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

アルファ米のごはんシリーズを非常食3日分の食料として備蓄している場合では、ちゃんと試食していますか?いざ!食べる場合に困る展開に見舞われないように定期的に確認も必要です。

何に困るのか?と言えば、ズバリ!味です。他の第三者は絶賛していたとしても自分が食べてみると美味しいとは感じないご飯も有ると思います。そのような非常食を備蓄しておくのは苦痛ですから、どこかのタイミングで試食した方が良いです。

以前、見事に大当たりのご飯を食べてしまったのでそれ以降は備蓄する前に試食を心がけています。おにぎりだったとしても主食のご飯系は試食した方が良いです。

今回の記事は『非常食3日分の尾西アルファ米ごはん「携帯おにぎり・昆布」こんぶ味』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

非常食3日分のアルファ米「携帯おにぎり昆布」

ここでは、防災の非常食3日分の備蓄プラスαの用途に向いている尾西アルファ米「携帯おにぎり・昆布(こんぶ)」についての内容になります。

アルファ米ごはんの携帯おにぎり昆布

商品名称 : アルファ米

原材料等 : 国産うるち米、塩昆布

内容量等 : 42g

保存方法 : 直射日光、高温多湿を避けて常温で保存

製造者名 : 尾西食品株式会社

 

「携帯おにぎり・昆布」栄養表示

① 熱量など : 150kcal
② たんぱく質: 3.1g
③ 脂質など : 0.3g
③ 炭水化物 : 33.6g
③ 食塩相当量: 0.7g

 

原材料&内容量

① 原材料
うるち米(国産)、塩昆布(たん白加水分解物、昆布、食塩) / 調味料(アミノ酸等)、甘味料(ソルビトール、甘草)、カラメル色素、増粘多糖類

 

② 内容量
パッケージの内容量は42gですが、熱湯や水で調理した後の出来上がり時での内容量は109g(おにぎり1個分)になります。

 

スポンサーリンク

にぎらずにできる「携帯おにぎり昆布」アルファ米

ここでは、アウトドアや旅行にも持参できる非常食の尾西アルファ米のにぎらずできる携帯おにぎり・昆布(こんぶ)の魅力についての内容になります。

にぎらずできるアルファ米ごはんの携帯おにぎり昆布

尾西アルファ米ごはんの「携帯おにぎり」シリーズは、その名の通り4種類共に、にぎらないで熱湯や水を加える簡単な調理で三角形のおにぎりを作れる商品です。ただ、にぎって固めていませんから、綺麗に三角形という感じではないです。

非常食でもある携帯おにぎりの作り方は袋の裏面に書いてあるので、その通りに作れば問題なく、おにぎり1個分が出来上がります。1個分の量では食事としては物足らないと思いますから、同じ種類の味(昆布の味)や異なる味(わかめ、鮭、五目おこわ)を組み合わせるのが良いと思います。

但し、熱湯を用意できる環境では、熱湯で調理する事をオススメ致します。熱湯ではないお湯でも良いのですが、それ相応に待ち時間も増えますし、裏面に書いてある作り方は熱湯か常温の水での作り方になるので2択になってしまいます。

尚、美味しく食べるコツは、袋の裏面をよく読む事に尽きます。文字が小さいので読みづらいかも知れませんが、よく読んで作ると美味しく(おにぎりが)出来上がります。

 

昆布と鮭は新しい味

尾西アルファ米のご飯シリーズは全12種類ありますが、この中には昆布という味がありません。それに対して、携帯おにぎりシリーズに昆布が用意されているので新鮮味があります。

因みに、携帯おにぎりシリーズの鮭(しゃけ)も新しい味なので、この2つの味は備蓄する前に試食して、どんな味なのか?確認した方が良いです。

 

ハサミ不要で、おにぎりが作れる

パッケージの袋を開封する場合や三角形のおにぎり形態で食べる場合では、ハサミが必要なんじゃないのか?と感じますが、ハサミ不要で「お湯」又は「お水」が調理できるおにぎりとなっています。

開封してそのまま食べられる 又は 簡単な調理で作れる食品が非常食に該当するため、尾西アルファ米の携帯おにぎりシリーズも非常食の要件に当てはまります。

手で千切って開ける事ができるのでハサミが無くても大丈夫ですが、テキパキ調理するのであれば、ハサミが有った方が素早く作れます。

 

非常食の尾西アルファ米の携帯おにぎり・作り方

ここでは、にぎらずできる尾西アルファ米の非常食である携帯おにぎりの作り方についての内容になります。携帯おにぎりシリーズ4種類(わかめ、五目おこわ、鮭、昆布)共通の作り方です。

携帯おにぎり昆布の袋を開封

最初に切り口①を水平にハサミや手で切り取りして 尾西アルファ米・携帯おにぎり・昆布(こんぶ)のパッケージ袋を開封し、「脱酸素剤」を取り出した上で、袋の底を大きく広げます。

調理容器も兼ねるアルファ米が入っている袋の底を大きく広げないで「お湯」又は「お水」を注ぐと、必要量のお湯を注ぐ事ができないため、美味しくないおにぎりの出来上がりとなってしまいます。

 

お湯 又は お水を注いで調理

① シール
携帯おにぎり・昆布(こんぶ)の袋表面に貼ってある白いバーコードが付いてあるシール「このシールをはがすと注水範囲があります」を剥がします。

 

② お湯を注ぐ
「お湯」又は「お水」を袋表面の注水範囲(67ml)まで注いで、袋のチャックをしっかりと閉めます。ここでの注意事項は、お湯で作る場合は熱湯を注ぐ事になるので火傷に注意となります。。

 

③ 20回振る
袋のチャックを閉めたら、20回ぐらいよく振って混ぜた上で指定時間(熱湯で15分、常温の水で60分)が来るまで待ちます。

 

非常食の携帯おにぎり・昆布の出来上がり

調理して指定時間が過ぎたら、切り口②、③、④を切ります。

実際には、食べる前に切り口②を水平に切った上で、切り口③、切り口④を斜め上に切り取ると、おにぎりが出来上がります。

全くにぎらないで三角形のおにぎりが完成するのである。完成したら、1個分ですが、空腹を補う事ができる「昆布味のおにぎり」を食べます。

 

非常食3日分のごはん「携帯おにぎり昆布」レビュー

ここでは、非常食の尾西アルファ米のにぎらずできる携帯おにぎり・昆布の評価レビューや食レポについての内容になります。

非常食ごはん「携帯おにぎり昆布」の食レポ

おにぎりタイプの非常食の携帯おにぎり・昆布の食レポになりますが、アルファ米のごはんシリーズも含めて新しい味付になります。同じ新しい味の鮭と比べると昆布の方が美味しいかな?と感じます。

因みに、あくまでも個人的な意見になりますが、他のアルファ米のごはんシリーズ全12種類に加えて、携帯おにぎりシリーズの中で一番美味しいと感じるのである。

やっぱり試食は重要かな?と思います。その理由としては、アルファ米のごはんシリーズのドライカレーのように明らかに美味しいと感じないという散々な結果のように大当たりにも見事に引いてしまうので一長一短があります。

でも、それは結果的に良いパターン(備蓄しなくてラッキー)に繋がりますから、試食は重要です。

 

評価レビューや感想

非常食の尾西アルファ米「携帯おにぎり・昆布(こんぶ)」評価レビューになりますが、結論から先に言えば、3日分の非常食として備蓄するのではなく、他の用途でも利用する別枠で備蓄するのが良いのではないか?というのが個人的な結論になります。

因みに、筆者の場合は尾西アルファ米の携帯おにぎりシリーズに限って言えば、旅行にも持参する別枠での備蓄にしています。別枠であれば、もしもの場合のプラスαにも繋がりますから丁度よいかな?と思います。

但し、アルファ米の「ごはん」や「おにぎり」を備蓄する場合では調理用の飲料水(ミネラルウォーター)も考慮しないといけないので、あまり多く備蓄するのは得策ではないのではないか?と感じています。

非常食3日分ごはん!尾西アルファ米の携帯おにぎり4種の食レポ比較レビュー
皆さん こんにちは! 防災の非常食としてアルファ米ごはんも備蓄していますが、主に備蓄しているのは尾西食品の商品になります。どうしてこのメーカーを備蓄しているのか?と言えば、実際に何度か?食べているのが理由の1つに該当します。 ...