パーゴワークスSWING-L カメラ&ショルダーバッグ レビュー

バッグ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『主に一眼レフカメラを収納するリュックのチェストバッグ 及び ショルダーバッグとして使っているパーゴワークスSWING-L カメラ&ショルダーバッグのレビュー』についての内容になります。

最近の使い方としてはノースフェイスのバッグパックであるホットショット26L のバッグインバッグになっている場合が多いです。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

パーゴワークス SWING-L カメラバッグ

一眼レフカメラの収納やちょっとしたお出かけ、旅行等に持ち歩くパーゴワークス SWING-L カメラ&ショルダーバッグについての紹介になります。

SWING-L サイズ&重量

サイズ : 260mm × 220mm × 60mm
重量  : 175g
容量  : 2L

ポケット: 2つのファスナーポケット、4つのオープンポケット
装備  : カラビナループ、キーフック、アタッチメント、耐久撥水加工

 

3wayプラスα ショルダーバッグ

パーゴワークスSWING-L は3wayで利用できるバッグになります。必要に応じて、『ショルダーバッグ、リュックのチェストバッグ、ウェストバッグ』の3通りに使う事ができます。

使い手によっても色々な使い方があるため、使い方のバリエーションは多いのではないか?と考えます。筆者の場合はリュックのバッグインバッグの用途でも使っているため、実際には4wayで使える軽量ショルダーバッグと言った方が正解かも知れません。

とはいえ、チェストバッグの用途で使う人は少ないと思いますから、3wayで利用できるショルダーバッグで問題ありません。

自分にとって最適なスタイルでバッグを持ち歩けると便利ですから、そういった意味においては、このバッグは最適に感じます。

 

軽量ショルダーバッグなのも魅力的

一眼レフカメラの場合では本体重量もそれなりの重さがあります。このようばカメラを収納するには専用のバッグも必要になると思います。

でも、たいていの場合はしっかり作られている場合が多いため、バッグの重量も重たかったりします。これではダブルで重たくなるので肩への負担も増えてしまいます。

それに引き換え、パーゴワークス SWING-L は本体重量が175gという軽さなので非常に軽量です。持ち歩きの場合でも軽さは正義なので、いつでもショルダーバッグとして常に持ち歩きたいと感じる重量になります。

 

スポンサーリンク

SWING-L カメラ&ショルダーバッグ 使用レビュー

カメラ&ショルダーバッグとして使った場合の使用レビューについての紹介になります。3wayバッグなので使い方によっても変わって来るため、使用感というのは気になる部分だと思います。

ショルダーバッグの使い勝手

デジタル一眼レフカメラを持ち歩かない場合は普通にショルダーバッグとして使っています。ファスナーポケットが2つ、メインルームがあるため、便利に使えるのが魅力になります。

マジックテープ留めのフラップカバーを開かなくても直接ファスナーポケットを利用できるのが便利です。失くしてはいけない物を収納する場合は、フラップ開閉の内側にあるファスナーポケットに収納すれば良いので、必要に応じて使い分けできます。

 

カメラバッグの使い勝手

デジタル一眼レフカメラを持ち歩く場合に収納する事になりますが、流石にカメラバッグだけあって相性もバッチリのように感じます。

ショルダーバッグなので斜め掛けしているのですが、自分にとって最適に感じるポジションでカメラの収納&取り出しが行えるため、負担も感じません。

ショルダーバッグ形態は全てにおいて最適に感じます。

 

カメラ&ショルダーバッグのイマイチな部分

ショルダーベルトとの接続方法がイマイチに感じます。バックル接続なので非常に簡単なのですが、この部分が狙われてしまうのではないか?と不安に感じます。

筆者の場合は、不安な気持ちで使いたくないので、単なる気休めに過ぎませんが、バックル部分が見えないようにカバーを付けています。

取り外しできるサコッシュのショルダーベルトを装着した方が最適に感じました。やっぱり貴重品を収納する機会が有る場合は、自己責任で注意も必要になります。

 

ショルダーベルト改善策

筆者の場合は、カリマーのVT hip bag R に付属されているショルダーベルト(フック型のバックル)を装着しています。バックル接続の場合だと、防犯性の観点から考慮すると、どうなんだろう?と思いました。

それで丁度良いタイミングで余っているショルダーベルトを装着してみたら便利という事に気が付いた事もあり、ショルダーバックとして使う用途ではこのようにしています。

フックタイプのバックルのため、装着&着脱も簡単でバッチリと言った感じです。

 

 

SWING-L バッグインバッグ等の使用レビュー

筆者の場合は、ノースフェイスのホットショット26L のバッグインバッグとしての使い方が便利に感じます。何せ、何も収納していない時は完全にペッチャンコになるので厚みがないのです。

チェストバッグの使い勝手

チェストバッグとして使った場合では両手がフリーになって便利になりますが、決して便利という程でもない事に気が付きます。どのような場合に感じるのか?というと、リュックを下ろす時によく感じます。

移動している時は便利に感じても、飲食店等に入店する場合ではバッグは手に持つ事になるため、邪魔に感じます。

だからと言って、ショルダーベルトを直ぐに装着もできないですから、使い勝手はイマイチ(良くない)という感じです。

 

バッグインバッグの使い勝手

通勤&出張の用途で使っているバッグパックのホットショット26L のバッグインバッグとして活用しています。このバッグパックの弱点はメインルーム内にファスナーポケットを装備していないのである。

この弱点を補完するにはバッグインバッグが最適になるのですが、175gという軽さでかつ、大きなサイズのファスナーポケットがあるSWING-L が最適なのです。

しかもSWING-Lは耐久撥水加工があるため、大雨といった場合では流石にバッグパックの中も濡れてしまう場合もあるので重宝します。

 

バッグインバッグのイマイチな部分

ノースフェイスのホットショット26Lの場合はイヤホンコードを纏めて引っ掛ける事が出来るベルクロが装備されているので、簡単にバッグインバッグとして使えますが、このような物が装備されていないバッグの場合は使えないと思います。

だからと言って、メインルーム内を自分仕様に改造する事も簡単に出来ないですから、バッグインバッグにする場合は対応できるバッグなのか?も関係して来る事になります。

 

コロンビア折りたたみボディバッグ&ワンショルダーバッグのレビュー!容量8L ポケッタブル
皆さん、こんにちは! 旅行ではサブバッグも必要になる場合がありますが、この時に旅行に持参するサブバッグとして、ポケッタブルの折りたたみボディバッグが有ると重宝します。 ポケッタブルなので使わない時は小さく折りたたみ出来ま...

 

パーゴワークス SWING-L 総合レビュー

パーゴワークス SWING-L の総合レビューになります。色々な使い方を行ってみて、どうだったのか?についての内容になります。

ポケットが多くて便利

サコッシュのようにポケットが多いのも魅力の1つになります。一眼レフカメラを収納するメインルームの他にファスナーポケットが2つあり、オープンポケットも3つあるので使い方によってはバッチリに感じます。

フリップカバーを開いた時に出現するファスナーポケットの内部には2つのオープンポケット 及び キーフックを装備しています。

内部のポケットはスマホを収納できるサイズになっているため、貴重品の収納に向いているのですが、フラップカバーを開閉して収納&取り出しするのが煩わしく感じます。

 

裏面にもオープンポケットがある

SWING-L の裏面にあるオープンポケットは隠しポケットに最適に感じます。6インチサイズのスマートフォンスッポリ収納できるサイズになります。

特にスマホの場合では頻繁に出し入れが多いですから、裏面にあるオープンポケットがスマホの収納場所として最適に感じます。

 

耐久撥水加工

このバッグは防水対応ではないですが、耐久撥水加工に対応しているバッグのため、多少の雨ならば問題なく利用する事ができます。

でも、流石に長い間ずっと雨に濡れているといった場合では本体内部に雨水が浸み込んで来る場合があります。

撥水は防水ではないため、あくまでも水を弾く加工という事を頭の隅にでも入れておいた方が良いです。

カリマー2wayヒップバッグ VT hip bag Rレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『カリマーの2wayヒップバッグであるVT hip bag Rのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カリマー V...