Panasonic RP-HZ47 ステレオヘッドホンのレビュー

Useful Goods 便利グッズ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『旅行に持参するPanasonic RP-HZ47 ステレオヘッドホンのレビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ヘッドホンやイヤホンを利用する機会は多い

日常生活において、ヘッドホンやイヤホンを利用する場面もあります。自宅ではヘッドホンを利用しなくても問題ないとは思いますが、壁が薄いアパートといった場合では大きな音量にする事ができないため、ヘッドホンやイヤホンを利用する事になる場合もあります。

 

音楽再生プレーヤーのお供

自宅でヘッドホンやイヤホンを利用する場合ではパソコンに接続して利用する場合が多くなりますが、通勤等の外出中はウォークマンなどの音楽再生プレーヤー 又は スマホに接続して利用する場合が多いです。

毎日の日常生活では待ち時間やちょっとした暇で退屈な時間というのも意外と多いため、このような場合にお気に入りの音楽を聴いてリラックスな気分を味わいたいです。

 

音漏れに注意も必要

自宅でヘッドホンやイヤホンを利用する場合では音漏れに配慮しなくても大丈夫ですが、鉄道やバス、飛行機といった交通機関を利用する場合では音楽再生プレーヤーから流れる音量には注意が必要になります。

 

耳の健康にも配慮を

それと、もう1つ注意があります。これは意外と気付かない場合が多いのですが、耳の健康状態にも影響を及ぼします。

どうしてもヘッドホンやイヤホンを利用すると自分だけの世界に入り込みやすくなってしまうので知らず知らずの内に音量が高くなってしまう傾向が高いです。

特に高い音量で耳が慣れてしまうと、もうちょっと音量を高くしたいといった感じになってしまうので耳が聞こえづらいといった場合や難聴になる可能性も高くなります。

 

Panasonic RP-HZ47 ステレオヘッドホン

お手頃価格で購入できるステレオヘッドホンのPanasonic RP-HZ47はスリムな形状でかつ、回転式クリップハンガーの耳掛けタイプのイヤホンになります。

 

Panasonic RP-HZ47はスリムな形状のヘッドホン

約10mmという厚みでかつ、コードも含めて32gという重量なので持ち運びも楽です。

耳掛け部分は回転式クリップハンガーになっているため、開いた状態で耳に簡単装着が可能になっています。そのため、耳に引っ掛け易いという特徴があります。

耳に引っ掛け易い方が利便性が高まるので何処にでも持ち歩く場合に便利です。

 

購入経緯

出張や旅行に持参する Sony ウォークマン用のイヤホンを探していたのですが、耳掛けタイプの方が耳が痛くならない感じだったのでこのタイプを選択しました。

どうしてウォークマン用に付属イヤホンを利用しないのか?というと、形状を見れば分かるように耳に突っ込む形になるため、耳が痛く感じる場合があります。

さらにはどちらかの耳から外れてしまう場合もあるので、使い勝手はイマイチといった感じだったのである。

そういう経緯もあり、簡単に耳に掛けられるタイプのイヤホンを最初から検討しました。Panasonic RP-HZ47 ステレオヘッドホンにした理由は単純に、以前も購入している商品だからという理由になります。

 

お手頃な価格なのも魅力の1つ

ヘッドホンというと比較的に高い場合が多いですが、このPanasonic RP-HZ47ステレオヘッドホンの場合はお手軽価格なのが特徴になります。

お手軽がゆえに、壊れてもまた買ってしまうという不思議な魅力があるのも事実である。

 

スポンサーリンク

 

Panasonic RP-HZ47 ステレオヘッドホンのレビュー

Sony ウォークマン NW-S315に装着するイヤホンとして通勤や旅行に持参するPanasonic RP-HZ47 ステレオヘッドホンのレビューになります。

あくまでも筆者が気になった事や感じた事などの感想になるため、参考になるのか?わかりません。

 

 

Panasonic RP-HZ47 使い勝手

RP-HZ47 ステレオヘッドホンは軽量なので通勤や出張&旅行といった場面でも持ち運びが楽で重宝します。耳掛け部分が壊れやすいというデメリットもありますけど、筆者にとっては丁度良いイヤホンになります。

とはいえ、気になる部分もあります。ちょっとコードが長い感じになります。コードクリップ等で纏めるなりした方が良いのかも知れません。

 

Panasonic RP-HZ47の利用場面

筆者が利用する場面は自宅で外国語学習に利用する場合と通勤&出張や旅行の移動時に暇つぶしを兼ねて、お気に入りの音楽を聴くという用途になります。

特にLCCを利用して海外旅行する場合では機内にエンタメ設備がありませんから、必要に応じて機内快適グッズを持ち込む事になります。

筆者の場合は快眠グッズは持参しないで、Sony ウォークマンとPanasonic RP-HZ47 ステレオヘッドホンを機内快適グッズとして持ち込んでいます。

この場合に注意が必要なのが音漏れになります。細心の注意を払って音漏れにならないように注意しているので大丈夫だと思いますが、念には念を入れて音量を小さくしています。

鉄道や飛行機では隣席との距離が近いですから、音漏れで周囲の人に迷惑を掛けてしまう場合があるので周囲への配慮も必要になります。

 

 

回転式クリップハンガーが壊れやすい

耳掛けタイプは耳掛け部分が壊れやすいというのが正直な感想になります。実はこのRP-HZ47 ステレオヘッドホンは以前にも購入した事があるのですが、1年以上持ったか?持たなかったか?といった感じです。

取り扱いが雑だと耳掛け部分がポキっと折れてしまったり、スポッと外れてしまう場合があるので壊れやすい形状なのかも知れません。

筆者のように自宅では出張や旅行に持参する場合では余計に雑に扱ってしまう場合が多いですから壊れる可能性も高くなります。

 

旅行に持参のSonyウォークマンNW-S315 16GBレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『海外旅行に持参のSonyウォークマンNW-S315 16GBのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 LCCを利用...

コメント