飛行機に持ち込む身の回り品バッグはリュックも最適だがトイレに注意

旅行の持ち物

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『飛行機の機内に持ち込む身の回り品バッグとして、リュック(バッグパック)も最適になりますがトイレに行く場合は注意も必要』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

飛行機の機内に持ち込む身の回り品バッグ

飛行機の機内に持ち込む旅行のサブバッグはショルダーバッグやリュックといった場合が多いですが、どのバッグが最適なのでしょうか? これはその人の好みによっても異なるため、どれも正解なんだと思います。

ショルダーバッグ

空港でよく見かけるのがショルダーバッグになります。確かにトートバッグやボディバッグといった感じのバッグを利用している人もいますが、全体的にみてショルダーバッグを持ち歩いている人が多そうです。

ショルダーバッグの場合は頻繁に取り出す機会のあるスマホや貴重品といったグッズの収納に最適ですし、確実にベストポジションでの取り出しになるため、空港に限らず観光でも便利なバッグだと思います。

でも、空港ではサコッシュと呼ばれる薄マチでサイズの小さいショルダーバッグを斜め掛けしている人も見かけるため、多種多様に色々なタイプがあります。

どのタイプが良いのか?は本人のみぞ知る領域なのかも知れません。

 

リュック(バッグパック)

空港で見かけるのはショルダーバッグを持っている人だけではありません。リュックも意外と多いです。スーツケースの他のにリュックを背負っているといった感じ。

リュックであれば両手がフリーになるため、移動も楽ですし、移動や観光等で誰かにぶつかって倒れそうになった場合でも、しっかり両手をつく事ができるため、怪我を予防できて便利なバッグになります。

その反面、貴重品等を収納するバッグとしてはリスクを伴う事になるため、旅行のサブバッグとして利用する場合は別途、ショルダーポーチやサコッシュ等も必要になるのではないか?と考えます。

 

スポンサーリンク

身の回り品バッグにリュックも最適

飛行機の機内に持ち込む身の回り品バッグとして、サコッシュやショルダーバッグが良さそうに感じますが、リュックも最適なバッグになります。

沢山の荷物が収納できる

リュックの場合はショルダーバッグよりも収納力があるため、機内に持ち込めるグッズも多く収納することが出来ます。

特にLCCを利用する場合だと機内防寒も必要になりますし、機内で快眠したい場合はネックピローなどの快眠グッズも持ち込みたいです。

このような場合では色々と収納できるバッグがあると便利です。それにリュックの場合は両手がフリーになるため、機内に搭乗する時に重たい荷物を背負って移動することができるので楽チンです。

 

機内にリュックを持ち込むならサイズが小さい方が良い

機内に持ち込む身の回り品バッグとしてリュックを選択した場合は20L程度の小さめのリュックの方が良いのではないか?と考えます。

20L以上になってしまうとサイズが大きくなってしまうため、前の座席の下に収納できなくなってしまうのではないか?と思います。

この場合だと頭上の収納BOXに入れる事になるため、取り出しが不便になってしまいます。少なくとも機内に持ち込むバッグは収納や取り出しといった面を考慮する必要もあるため、しっかり検討することも大切です。

25L〜30L程度のリュックも機内に持ち込む事も可能ですけど、確実に頭上の収納BOXに入れる事になってしまうので、あまり重量があると、ちょっと大変だったりします。

 

カリマー軽量リュックのイクリプス eclipse 27レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『軽量でショルダーが分厚くて背負っていて快適に感じるカリマーリュックのイクリプス eclipse 27 レビュー』についての内容になります。 このリュックを購入した目的は、通勤の用途から...

 

リュックを機内に持ち込む場合

飛行機の機内に持ち込む身の回り品バッグとしてリュックを利用する場合は機内でトイレいに行く時に注意が必要になります。流石にリュックを持ち歩いてトイレに行く事ができないので、貴重品をどのように持ち歩くのか?という事になります。

機内でのリュックの収納場所

飛行機の機内にバッグを収納できる場所は2箇所あります。1つは頭上にある収納BOX。もう1つは前の座席の下側にある収納スペースになります。

前の座席の下側にある収納スペースに入り切らないバッグは頭上の収納BOXに収納することになります。

自分はどちらに収納したいのか?によっても変わって来ますが、飛行機に搭乗した時に頭上の収納BOXに収納したくても既に満杯になっている場合もあります。

このような場合は他の空いている場所に収納する事になるので注意も必要になります。そういった面を考慮するならば、前の座席の下に収納した方が便利です。

 

リュック1つで旅行の場合

リュック1つで旅行といった場合では、全ての荷物を機内に持ち込む場合もあります。この場合では頭上にある収納BOXにリュックを収納する事になります。

リュックの中に貴重品といった物は収納しないのが鉄則になります。何故か?というと、手元から離れてしまうからです。収納BOXに入れても他の乗客が場所を移動する場合もあります。先に座席に座っていると分かりません。

一度、手元から離れてしまった物は開けられてしまう 又は 盗難の被害に遭う可能性が高くなるため、全てにおいて貴重品管理は手元で行うようにするのが賢明です。

 

台湾旅行の持ち物パッキングはLCCの機内持ち込み7.0Kg以内!
皆さん こんにちは! 台湾旅行に持参する持ち物パッキングは出発時&帰国時もLCC(Peach)機内持ち込み7.0Kg以内に纏めて旅行しています。 実際に持参している旅行グッズ 及び パッキングの紹介になります。 参...

 

機内でトイレに行く場合の注意事項

リュックに限った話ではないのですが、リュックを機内に持ち込む場合ではトイレに行きたくなった場合に懸念が発生します。貴重品を肌身離さず持参していれば何も問題ありません。

前の座席の下に収納する場合はトイレに注意

身の回り品バッグとしてリュックを機内に持ち込んだ場合にリュックを収納できる場所は頭上にある収納BOXと前の座席の下になりますが、この時に前の座席の下に収納する場合は注意も必要になります。

前の座席の下に収納できるリュックは小さいサイズでかつマチ幅も狭めなリュックに限られてしまいますが、ココに収納することが出来れば便利です。

但し、便利な反面、注意しないといけない場面があります。飛行機の機内で過ごす時間は意外と長いフライトになるため、途中でトイレに行きたくなってしまう場合も多いです。

このような場合だと、リュックを確実に置きっ放しにする事になるので盗難の被害に遭う可能性が高くなります。お金などの貴重品は、どんな時でも持ち歩いて管理しないといけません。

 

貴重品ポーチの必要性

リュックを機内に持ち込む場合では貴重品ポーチ(サコッシュなど)をバッグインバッグとして収納するのが賢明の選択になります。

貴重品類はトイレに行く場合でも持ち歩く必要があるため、貴重品ポーチ等を持参してトイレに持って行けるようにする必要があります。

薄マチのサコッシュや潰せばペッチャンコになる小さめのショルダーバッグが良さそうに感じます。

 

パーゴワークスSWING-L カメラ&ショルダーバッグ レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『主に一眼レフカメラを収納するリュックのチェストバッグ 及び ショルダーバッグとして使っているパーゴワークスSWING-L カメラ&ショルダーバッグのレビュー』についての内容になります。 ...
カリマーのサコッシュtrek carry sacocheレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『カリマーのサコッシュである trek carry sacoche のレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カリマ...