旅行で銘菓や特産品の土産物を買う場合はポケッタブルバッグの持参を

ポーチ等

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行で現地の美味しいお菓子や特産品などの土産物を買う場合はポケッタブルバッグの持参』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行では銘菓や特産品などの土産物を買う?

旅行に行くと必ずではありませんが現地の美味しい銘菓や特産品などの土産物を購入する場合があります。お土産屋さんで試食してみて美味しかった場合や家族・友人等にプレゼントする場合もあると思います。また、自分へのお土産としてお菓子を購入するといった場合もあります。

 

旅行で土産物を買う場合

家族から旅行の資金援助を受けた場合には家族のために土産物を買う場合も有ると思います。本来であれば自己資金で旅行に行くのが良いのですが、友人等に誘われて1人だけ行かないといった場合だと仲間外れになってしまうため、家族等に資金援助してもらうといった場合。

又は、普段お世話になっている家族への労いも兼ねて旅行先の土産物をプレゼントするといった場合の方が多いのでは?と思います。

楽しい旅行が出来るのは家族のお陰でもあるため、家族のために厳選した土産物をプレゼントしたいです。

 

お土産を買わない場合も居る

旅行ではお土産は買わない代わりに食べて満足するといった場合もあります。旅行ではお土産を買うのも楽しみの1つでもありますが、お土産を買うお金は用意しないで、その分、現地の美味しい食べ物を満喫するといった楽しみもあります。

この場合であれば帰りのパッキングで困る必要もないため、出発時と同じ重量で帰宅することが出来ます。

 

旅行でお土産を購入して困る帰りのパッキング

楽しい旅行で美味しい現地のお菓子や特産品などの土産物を購入した場合に困るのが、ホテルの室内で行う帰りのパッキングです。

土産物を買い過ぎてしまうと、旅行バッグの中に収納することが出来なくなってしまうため、どのように持って帰るか?悩んでしまう場合もあります。

 

国内旅行ならば宅配便を利用できる

もし、現地で購入した土産物を買い過ぎて、帰りのパッキングで旅行バッグに収納できない事が判明した場合は、日本国内の旅行であれば宅配便で旅行の荷物を送ってしまうという方法で対応することが出来ます。

日時も指定することが出来るため、宅配便を利用すると便利です。

 

海外旅行ではポケッタブルバッグの持参で対応

帰りのパッキングで収納できないことが判明しても国内旅行であれば宅配便と送ることが出来るため、特に問題はないのですが、海外旅行の場合はそうもいきません。

海外旅行の場合では土産物の収納に役立つポケッタブルバッグを持参するのが賢明です。とはいえ、ポケッタブルバッグも多種多様ありますし、どの程度のサイズにすれば良いのか?という部分もあります。

また、人それぞれ土産物の量が異なるため、15L程度の容量があれば十分という場合もありますし、15L程度では全然足らない場合もあります。

いつも旅行ではどの程度の土産物を購入しているのか?という確認も必要になると思います。

 

旅行に持参する場合はポケッタブルのボストンバッグが最適

お土産を収納する目的で旅行に持参するポケッタブルバッグであれば、キャリーバッグとの相性が抜群のボストンバッグ型がベストな選択だと考えます。但し、メインの旅行バッグがバッグパックの場合は必ずしもボストンバッグ型が最適とは限りません。

ボストンバッグ型の場合は持ち手にパッドが装着されている場合が多いですし、おまけ的な感じのショルダーベルトも装備されている場合があります。

ポケッタブルなのでコンパクトに収納した状態で旅行に持って行くことが出来るため、出発時のパッキングを圧迫するようなことにはならないと思います。

 

旅行先で買う土産物は計画的に購入を

一番良い方法は、旅行を計画した時点や旅行に出発する前までに、どんなお土産を買うのか? いくつか候補を決めておいて、その土産物を収納することを想定してパッキングするのが良いと思います。

これならば土産物の衝動買いを防ぐことも出来ますし、ポケッタブルバッグのお世話にならなくても良いです。

お土産を買うのであれば計画的に購入することも必要になります。

 

スポンサーリンク

 

ポケッタブルバッグは種類が豊富

旅行でお土産を買う場合に役立つポケッタブルバッグですが、種類も豊富にあるため、用途に合わせた物をチョイスして旅行に持って行くのが良いです。

お土産の収納に適したタイプもあれば、お土産の収納に適さないタイプもあります。

 

ポケッタブルのリュック

ポケッタブル仕様のリュックの場合は種類が豊富です。容量が15L程度の物から35L程度のタイプまで有ります。旅行先で買うお土産を収納するのであれば容量が大きいタイプのリュックが好ましいです。

また、容量が30L以上あるタイプの場合は旅行の着替え衣類を収納するメインバッグになりそうな気配もしますが、全体的にリュックの生地も薄いため、強度は弱いと思います。

臨機応変に必要に応じて使い分けをするのが賢明です。

 

ポケッタブルのボストンバッグ

旅行の土産物を収納するのであれば、リュック型 又は ボストンバッグ型の2択になると思います。たくさんの土産物を購入した場合はボストンバッグ型で決まりですが、メインの旅行バッグに入り切らなかった場合では、溢れてしまった土産物の数は少ない場合が多いため、小さめのバッグに収納した方が賢明です。

その他のメリットとしては、スーツケース等のキャリーバッグとの相性が抜群であることです。キャリーバーを通すことが出来るようになっているため、持ち運びもスムーズです。お土産を満載して重たくなってしまった場合でもスーツケースに載せて移動することが出来れば楽です。

 

ポケッタブルのショルダーバッグ

ポケッタブル仕様のバッグでショルダーバッグタイプは種類が少ないです。このタイプはあまり需要がないのかも知れません。メインルームに加えてフロント側 又は フロント内に小さめのファスナーポケットが装備されている場合が多いです。

ポケッタブル形態にする場合は、この小さめなファスナーポケットに収納するパターンになります。そのため、旅行の土産物を収納するという目的で使うのではなく、飛行機の機内に持ち込む身の回り品等を収納するバッグとして使う感じになると思います。

ショルダーベルト幅は38mm程度が多いようです。38mm程度あれば肩への負担も比較的に抑えることが出来るため、まあまあだと思います。ポケッタブルバッグにそれ以上の性能を求めても仕方ないです。

 

ポケッタブルのボディバッグ

ポケッタブル仕様のボディバッグもあります。ボディバッグはショルダーバッグよりも小さめな場合が多いため、旅行で使うのであれば用途や場所が限られてしまうと思います。用途としては、ポケッタブル仕様のショルダーバッグと同じ感じの用途になってしまうのでは?と考えます。

特筆事項としては、ワンショルダーの部分になります。比較的に幅広タイプになっている場合もありますが、あまりクッション性がない場合の方が多いため、重たい物を収納すると肩への負担も大きくなるのでは?と考えます。

また、バッグの生地も薄く頑丈な作りになっていないため、サイズ以上に収納することが出来る場合があります。但し、この場合は見た目が悪くなってしまうため、一長一短があります。

 

バッグパック旅行に持参のポケッタブル・ボディバッグ8Lは旅で重宝
皆さん こんにちは! 今回の記事は『バッグパック旅行に持参するポケッタブル・ボディバッグ』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 バッグパック旅行ではサブバッグを持...

コメント