iPadで使うUSBドッキングステーションUSB-Cハブのレビュー

iPhone iPad Review
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadシリーズを購入した場合では、ノートPC活用もしたいかな?と考える場合も実際にあると思います。この場合では、貧弱なUSBポートをどうやって拡張するのか?も考慮が必要になります。

そんなにUSB Type-C ハブを利用すれば良いじゃん!となりますけど、大きく分けて2種類のタイプがありますから、どっちのタイプを購入するのか?によっても実際の利便性も変わってきます。

さらには、キーボードは何を使うのか?も関係して来る場合があるので、単純にUSBハブを買えば問題なし!と片付けることができないのが実情になります。

今回の記事は『iPadで使うUSBドッキングステーションUSB-Cハブのレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 で使うUSB Type-C ハブ

iPad Air で使うQGeeM ドッキングステーション 7in1 USBハブの紹介になります。

QGeeM USB Type-C ハブ 製品仕様

サイズ : 本体 250mm × 45mm(ケーブル 150mm、本体98mm)

重量等 : 62g

Type-A : USB3.0 × 3

Type-C : PD充電専用 × 1

その他 : SD Card、MicroSD Card、HDMI

対応OS : Windows、Chrome OS、Mac、iPadなど

 

7in1 USB Type-Cハブ

このUSBハブの特徴としては、7in1タイプのドッキングステーションに該当するUSB Type-Cハブである事に尽きます。

USB Type-A ポートが3つ搭載 及び SDカードなどのメディアカードリーダー・ライター、HDMIポートを搭載しているため、一通り是分揃っている感があるので便利に感じます。

但し、注意事項もあり、USB Type-Cポートが充電専用になっている点も見逃してはいけません。

 

ケーブル方式(直挿し込みではないタイプ)

ドッキングステーションというと、直挿し込みできるタイプを連想すると思いますが、こちらのUSBハブの場合は直挿し込みできないタイプに該当します。

直挿し込みできる方が便利に感じますが、コンセント接続している場合では余計に熱が伝わって熱くなってしまいがちになるので、必ずしも最適という訳ではないと思います。

そういった観点を考慮すれば、直挿し込みできないタイプも十分に魅力的に感じるUSBハブに感じます。

 

スポンサーリンク

USB Type-C ハブ(ドッキングステーション)特徴

iPad Air で使うQGeeM 7in1 USBハブの特徴やデメリットについての内容になります。

ドッキングステーション

QGeeM USB Type-C ハブはドッキングステーションに該当します。これをパソコンやiPadなどのタブレット端末に接続するだけで、貧弱なUSBポートを拡張できるので便利です。

しかも左右にUSB Type-Aポートを装備しているため、どのように挿し込みすれば便利に使えるのか?悩む必要はありません。それでいて、HDMIポートも搭載しています。

 

メリット

直挿し込みできないタイプのメリットとしては、放熱効果があります。直挿し込みできるタイプの場合では、どうしてもドッキングしているポートも含めて熱くなりやすいです。

それに対して、直挿し込みできないタイプのUSBハブの場合は、ケーブルで距離がありますから、USBポートが熱くならないので、この観点を考慮するのであれば、申し分ありません。

 

デメリット

QGeeM USB Type-C ハブのデメリットを挙げるとすれば、USB Type-Cポートが充電専用になっている部分に尽きます。ノートパソコンやiPadのUSB-Cポートに挿し込みできるのは便利です。

でも、充電専用なのでUSB-Cに対応しているUSBメモリなどの周辺機器を利用できなくなってしまいます。これでは利便性にも少なからず影響が出るのではないか?と個人的に考えます。

とはいえ、実際に使ってみると、そんなに問題にならないのも実情です。その理由としては、USB-Cに対応している機器は意外と少ないからです。

汎用タイプのUSB-Aポートが3つ有るので十分に上手く回転できるのも関係あると思います。

 

iPad Air 4 で使うUSB Type-C ハブ 購入レビュー

ここでは、ドッキングステーションタイプのUSB Type-C ハブをiPad Air で使う目的で購入したレビューについての内容になります。

購入経緯

QGeeM 7in1 USB Type-C ハブを購入した理由は、iPad Air 4 にロジクールFolio Touch トラックパッド付キーボードケースをドッキング取付した上で、ノートPC活用する場合に必要に感じたからです。

というのも、ノートパソコンで使用している直挿し込みできるタイプのUSB-CハブがロジクールFoliio Touchでは利用できないからです。

このキーボードケースは4角をしっかりはめ込むタイプのキーボードケースなのでUSBハブを直挿し込みできない仕様になっているのである。これでは利便性が悪いと感じたので、直挿し込みできないタイプが必要になった!という事になります。

本来ならば、よく確認して購入すべき事なのですが、筆者が購入した時点では、新製品という事で情報を限られていたので、ちゃんと確認できなかったのである。

 

買ってみてどうだったのか?

先ず開封して感じた事は、形状記憶タイプのUSBケーブルなのかな?と感じる部分が該当します。曲げても、またピン!と縦戻せば、いつの間にか?元に戻っているので、これは良いのやら?良くないのやら?判断が難しいです。

何故か?と言うと、iPadで接続する場合では接続すると、縦に長くなってしまいますし、ノートPC活用する場合では曲げても、ぶら下がる格好になってしまうからです。流石に判断に困惑しています。

 

購入レビュー

iPad Air ノートPC活用する目的で購入したQGeeM 7in1 USB Type-C ハブになりますが、現在の用途は主に、メインで使っているWindowsノートパソコン専用のUSBハブになっています。

どうしてなのかな?と言えば、iPad Air 4 をノートPC活用するのをやめたのが最大の理由になります。これを行わなくなったので、使い道が無くなってしまったのである。

でも、ドッキングステーションタイプの7in1 USB Type-C なのでノートPCで活用できますから、買って後悔はしていません。買わなくても良かったんですけど利用価値があるので買っておいてラッキーだった商品に該当します。

 

iPad Air 4 で使うUSB Type-C ハブ 使用レビュー

ここでは、ドッキングステーションタイプのUSB Type-C ハブをiPad Air で使用したレビューについての内容になります。

iPad Air ノートPC活用での用途

筆者の場合は、純粋に、iPad Air 4 をノートPC活用する目的(ロジクールFolio Touchキーボードケースでの利用)で、QGeeM USB Type-C ハブを購入しています。

この用途で実際に使ってみると、ぶら下がってしまう感じでの取付になってしまいますが、この部分さえ気にしなければ、特に機能的には何も問題ないので便利に使えます。

逆にぶら下がる部分を気にしてしまうと、たぶん使いたくないと感じるのでっはないか?と個人的に考えます。というのも、横幅が広くなってしまうので省スペースではなくなってしまうからです。

 

使用レビュー

実際にQGeeM 7in1 USB Type-C ハブをiPadで使った期間は2~3ヶ月ぐらいだと思います。

機能的に不満だったという事ではなく、iPad Air 4 によるノートPC活用を終了した関係で、このUSBハブも必要なくなったという事に尽きます。

iPad Air 単体でUSBハブを利用する機会は全くないので、ノートPC化しないのであれば、利用しなくても何ら問題ないという状態になってしまうのである。

これでは何の為に購入したのか?分からなくなってしまいますから、筆者の場合はメインで使っているWindowsノートPCで活用しています。

ロジクールFolio Touchタッチパッド付キーボードケースのレビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 を所持していますが、何を考えたのか?今となっては自分でも良く分かりませんが、iPad Air をノートPC化しています。どのようにノートPC化したのか?と言うと、キーボードケースを購...